2013年07月29日

7・29 続々復帰、めざせ1軍!

 週が明けるやいなや、ヤンドラの大先輩・山崎武司選手の引退ニュースが飛び込んできて、、、、「いずれ」とは思っていたものの、「とうとう」きてしまった瞬間を向かえ、物悲しい汗・涙 2気持ちになりました。



 彼が入団し、今のヤンドラと同じこのナゴヤ球場で汗水ながしていたことを思い出しました。当時からかる~く振っても、美しい放物線をえがいて「飛ばす力」は群を抜いていましたし、汗を垂れ流しながら豪快に「わっはっはっ晴れ」と笑う姿が印象的でしたね。



 この2年間はヤンドラと一緒に過ごす時間も多々あったわけで、、その中でも後輩に対して決しておごらず、聞かれたらしっかりアドバイスをおくり、間違っていることは注意する姿勢。嫌われたくないと何も言わない人が多い中で、しっかり言葉で伝えていました。


 近い将来指導者になるとは思いますが、考えを押し付けるタイプではない彼が、どう後輩たちを育てていってくれるのか、今後も注目☆していきたいと思います。







 さて~、ナゴヤ球場では、続々を故障組みが復帰してきています。ヤンドラではありませんが、なんといっても、多くのファンが待ちのぞんでいた川上憲伸投手の復帰がありました!





















ケンシン投手「身体の心配はなく、腕は良くふれていたと思う。コントロールがまだ甘く、2ストライクからはずそうと思ったのに、甘く中に入ってしまうとか、ファームでは打たれないけど、1軍では許されない。


 まだ不安はあります。下半身をモットしっかり作って、結果と内容をしっかり残し、1軍復帰できるようつくっていきたいです。」



高橋投手コーチ「最初はこんなもん。投げられたのがまず良かったよね。緩急つけたピッチングはさすが、いいカーブで空振りとってたよね。今日は3イニングだったけど、次5イニングを投げてどうなるかだなっ」


鈴木孝政監督「やっぱりマウンドでの川上っていう迫力はみられたなぁ~。ずっと顔がこわばっていたよ。殺気 炎立ってた。自分自身で’今日は試運転じゃない、野球人生かかっている’って思って投げてたのがわかるよ。

 だから、僕はこの姿を若い選手に見せたかった。必死でマウンドに立つ、人生かけてる姿をね。」




 
 「結果を出せないベテランはいらない」という声を聴くこともあります。が、一度はトップに立ち、苦労してもがいている、そして這い上がる必死な姿を見せられるのは、ベテランだからこそ。


 それを見て、ヤンドラたちは何を感じるのか、自分にどう生かしていくのか、生きる字引をしっかりと心に焼き付けて欲しいと思います。





 そして、ケンシン投手のあとを次いだのは、雄太投手。一旦はマウンドにたったのに、肩を痛めてリハビリをしていました。













 






 
 「ゴロ王子」というだけあって、打たせてとるピッチングはさすが。いい味出してました。



 ケンシン&雄太投手は、週末の巨人戦で先発予定。しかもこの試合はまたまたスターキャットで実況生中継しますよっ。ナゴヤ球場にこられない皆様、是非ご覧くださいませ~~キラキラ2






 ヤンドラで約1k月ぶりに復帰したのは、この投手。























若松駿太投手「まだスピードでてないですけど、とりあえず低めを意識して投げることが出来てよかったです顔11 想像より良かったですびっくり


 リハビリ中は何度もくじけそうになったけど、友達や親に優しい言葉で励まされてすごく元気になりました。試合後や練習後のケアが大事だと、実感したので、今はしっかりとやっています。。。やっぱり甘くなかったですね。。。顔12




 経験は財産。大きな怪我でなくて何よりでした。また1段階成長したよねっっ矢印1矢印1




 
  
 さて、1軍ではなかなか得点できずもやもやがたまっています。それはヤンドラの野手にとってはチャンスでもあります。ファームでいい味だしているのが、、
























森越もりこ選手「守備のリズムがいいと、打席も集中できますよね。打席に立たせてもらう機会が増えたので、この場面はこういう攻めできそうだ、とか、ここにきた場合はこう対処しよう。もしかしてこれもあるかも?って、いろいろな対処が頭ですっきり整理できて打席に立てるようになりました。腹くくって打席にたってます。」


 野球はやっぱり「」というのが良くわかる話ですね。ミスや経験をしっかり生かせる選手なんですよ。だから、見るたびに何かしら成長をみせてくれます。次の試合はなにをしてくれるのかな?って思わせる、楽しみな選手です顔2




 そして、、予定通り、、1軍に上がりましたっっ矢印1矢印1





















谷てっちゃん哲也選手「いやぁ~思ったより早かったですけどね・・・チャンスですから・・・。」



 今季初スタメン、しかもプロ人生3度目です。その初打席で、外野にぽとりと落ちるラッキーヒットてっちゃん持ってます!! プロはこういう運も必要ですから・・・矢印1



谷選手「いろいろ反省点も多かったです。」



 中川マネージャーも心配してテレビ中継を見ていたようですが、、「てつ、守備でめっちゃ緊張顔13 しとった!!」同じ年ならではの見方でした顔12








  さて、、、

 
 先回 井藤真吾選手の支配下登録の話をご紹介しましたが、中には「他の育成の選手が上がらないので複雑です」という声も頂きました。本当に、その通りですよね。

 チーム全体でもそんな空気で、監督、コーチ、スタッフ全員そういう思いです。


 でも、全員が支配下登録にならない理由を、球団の取締役に伺ってみました。


某取締役「みんなを上げてあげたいのはやまやま。でも、プロの世界はそんなに甘くない。ほかの2人が努力をしていないわけではないが、球団も慈善事業ではないからな。経営していく立場として「結果」を出ている選手を選ぶのは当然のこと。」



 という回答をいただきました。



 支配下になっていない2人は、来年契約をもらうために、この後が大切です。彼らだけでなく、特に後半戦には「契約」がかかっています。実際、ナゴヤ球場に取締役、編成のスタッフが姿を現す機会が増えています。ということは、、来年入ってくる新人のために「」をあけてもらう選手を探している・・・ということ。


  華やかだけど、、、プロは厳しい。  



 しっかりと、自分の力を100%出しきって欲しいですね。



  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at12:24
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t92689

この記事へのコメント

憲伸さん、良かったです。イニング以上に三振も取れたし安心しました。

Posted by K at 2013年07月29日 17:16

森越もりこ(相変わらず呼び方がいい笑)選手も頑張っているようですね。
ところで、岩崎恭平選手は1軍なんでしょうか、2軍なんでしょうか?教えてください。

Posted by ちゃーちゃ at 2013年07月31日 07:57

谷選手復帰早々の一軍昇格で、嬉しいやら観戦予定が狂うやら・・・笑

でもやっぱりすごく!嬉しいですね!\(*^o^*)/

中川くんが心配しながら見守っていたなんて素敵すぎます。
相変わらず仲良しなんですね!
守備見てるだけで緊張してるのがわかるってすごい笑
谷選手は周りに愛されてるんだなぁと感じられるエピソードは、なんだかそれだけで幸せです(*^▽^*)
うわー私も好きー!ってなります笑

復帰から巻き返しの大暴れを期待し、毎日ウキウキしています!

Posted by imu at 2013年08月01日 13:15

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ