2010年11月16日

11・15 1軍切符をゲットするために・・。

 今年は、1軍とファーム軍を行き来した伸び盛りのヤンドラも、2011年に1軍定着するためには、、今が踏ん張り時!!



 その中の一人藤井淳志選手は、今年のはじめには絶対1軍にいるだろうと思われていましたが、ふたを開けてみれば足らない部分も目立ってしまい、ルーキーに追いつかれてしまう1年になってしまいました。











藤井選手「安定した送球や、ファインプレーではない当たり前のプレーが、正確にできなければいけないんです!」



 彼の人間離れ したすばらしいプレーは、ファンをワクワクさせてくれますが、確実性がなければチームとしては使いづらくなってしまいます。シーズン中に何度もファームに降格し、悔しい思いをいっぱいしました。でもその期間があったから、技術も心も大きく成長したはずです。来年はもっとやってくれるで~~っっ!!



  そして、、、今年以上の活躍を期待されているのは、この選手でしょう。











堂上直倫選手「まさか、最後まで1軍にいるとは思ってませんでした・・・。」



 プロでは初めてのセカンドをまかされ、緊急事態にも落ち着いてまじめに練習&試合に取り組んだ真摯な姿勢は、ファンの心を打ちました。

 

なお「守備はおにいちゃんより大丈夫だとは思いますが、、、まだまだですから。失策もしましたし。もっと練習しないと。それに、バントは激へたですから・・。チーム1へたっぴいですので、しっかりしないといけないです」



 来年は、今年以上の成績を求められますから、必死に頑張らないといけませんっ。井上一樹2軍監督が付きっ切りでバッティング練習をしていた写真が新聞にも載っていましたね。




 そんな、なおみち選手だけでなく、今年は兄弟そろってグラウンドにいたことは、ファンに夢をみさせてくれました。
 ふたりでヒーローインタビューなんて、涙ものでしたモン。 このふたりがいなかったら、、優勝もあった?!というくらい、キーマンになりました。











 ナゴヤ球場で、打ち込みをしている兄・剛裕選手です。日ごろあまり見られない角度でしたので、キャッチャー目線で撮影してみました~。 こんな風にみえるんだ~~。



 と・・・その間になにげなく、静かに屋内練習場に現われ、そ~~と去っていった落合監督。。。この静けさが、、不気味であり、緊張感のある練習ができるんでしょう。。。
 











     密かな笑みは・・・すでに来年の勝機が、みえた?!  





   続きを読む

Posted by 燃えドラ! at21:13
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t59787

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ