2016年10月31日

10・31 走る!振る!走る!走る!!

 地獄の秋キャンプ炎。日本シリーズを戦った2球団以外のチームは、厳しい練習漬けの秋が始まっています。(2球団も出場していない選手は練習してますもんね)


 毎年、秋のキャンプは厳しいといわれていますが、最下位に沈んだ今季は、さらに厳しさをましているような・・・汗・涙1汗・涙1。1つのメニューの時間がとにかく長いので、よりじっくり!! 身体にしみこませる! 体力気力の向上を!!  ということなのでしょう。




 アップのあとはまずベースランニング。野手もピッチャーも走ります。

























 サードまで走りこんだ周平選手をまっていたのが・・・森監督。

森監督「おい、宮﨑で何本ホームラン打った?」
周平選手「打ってないです・・・」
森監督「はぁ?1本もうってねぇ~んか?1本も??」
周平選手「・・・はい・・・」


 つ、つ、つ、、、詰め寄る===っカチン炎!!

























 周平選手、思わず反射的に左手でガードしちゃったっっ。。   ビビってます・・・顔13。 


 今日(10月31日)の朝病院へ、、、。今週中に手術をすませる小笠原慎之介投手も、手術までの期間容赦ありません。ノックもきびしい~~っっ。


























 3,4日は病院で安静ですし、その後も抜糸までは汗をかけないですし。その後はゆっくりとリハビリです。


 投手はアメリカンでライトとレフトのポール間を何十本も走ります。西濱投手・・・キツイと笑顔になっちゃうんだよねぇ~。

























 笑っていた方が、速く走れるといいますが・・顔8

小笠原孝投手コーチ「これが、誤解されやすいのもあってね。もともと笑い顔なんで、まだまだだぞ~って思われちゃうみたい^^

 
 投手の個別練習(ピッチャーゴロの捕球と送球)では、朝倉コーチも走って見本をみせていました。


朝倉コーチ「こうやってはしるんだよっピューピュー
































 間もなく、東邦高校の後輩も入団してきますから~~。厳しくて優しいコーチです



 キャンプ前に監督&コーチたちが、何度も話した「しつこい野球」「一つでも次の塁を狙う野球」を実践するために、盗塁&バント練習は欠かせません。


 帰塁練習をする遠藤☆一星選手。


























 バントでしっかり芯にボールを当てられれば、バッティングにもいきるはず・・・と、片手でのバント練習もとりいれました。


























 そして、何より振る体力をつけるのは、やっぱりりこむこと。ノックバットほどの黄色い長いバットで、ロングTを打ちまくります。


























渡辺勝選手「このバットで芯をくらうと、かるくホームランなんですよ。気持ちいいですよ~。」


 とはいえ、300球、400球うっていると、終わる頃にはへろんへろんになっていますけども・・・。



 グラウンドで行う練習の〆は、5キロほどの全員ランニング。

























 走り終わると、、、足がつる====!!


























石川選手「うぉぉぉおお~~カチン2全身つってるってっっ! 立てんって~~、しゃべれんって~~!顔14



 そんな中、涼しい顔をご覧いただきましょう。



















 桂いおり選手と・・



















 藤吉優選手。さすがキャッチャー、足腰強いっっグッドグッド!!




 そうそう、まだ別メニューとはいえ、ほぼほぼ同じようにできるようになりました。明日から(11月1日)からは合流かな?直倫選手の笑顔をどうぞ顔2


















 







 笑顔といえば、岡田俊哉投手が、侍ジャパンに初招集されました。今週まではナゴヤ球場で練習、週末にジャパンに合流します。
















  










岡田投手「不安しかないっすよ。ビビってますよ。おしっこちびりそうになったらどうしよう顔8。雑用して名前おぼえてもらおっとっっ。。顔12



 こんなことをペラペラしゃべっているうちは大丈夫!! 強心ですから!! 見ていてくださいっ。










 おまけ  1








 宮崎で、小笠原道大選手 1塁復帰??
































 さすが!! まだまだイケますってっっ!!








 おまけ  2










 入閣まで、カウントダウン。イケメンコーチがやってきます。














 










 見学にいらした、森脇さん。森監督の頼もしい支えになってほしいものです。











  追伸:

 今週、またまた戦力外の寂しいニュースが流れました汗・涙 2。育成の中川誠也投手です。フェニックスにも参加、ナゴヤ球場でキャンプも参加していたのに・・・です。

























中川投手「明日(11月1日)から大学で練習させてもらいます。知らないうちにセットポジションになっていたので、この際ワインドアップに戻して投げたいと思ってます。その方がしっくりくるんで。

 あまりに突然でびっくりもしたけど、怪我ではじまった1年だったんで。。今はスッキリしてますよ。親からも‘野球をやりたいならつづけろ’と。大学時代に怪我で‘もういやだ’と思った時もあったけど、今はそうじゃない。やりたいって思ってるから。

 左ピッチャーの中継ぎで生きる場所を見つけたいと思ってます!!決まったら報告します!」





    吉報をまっています!!



  

Posted by 燃えドラ! at14:10
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2016年10月24日

10・24 フェニックスリーグ終了です~。

 今年は雨にたたられた宮崎フェニックスリーグ。昨年一日も雨が降らなかった分、降っちゃったのかも~?!

 せっかくの実戦機会が減り、投手陣も思っていたより登板イニングが限られちゃって、少し物足りなかったかもしれません。ま、その分、練習で補っていましたけどね。。


 では、先週の振り返り@宮崎を・・・。


 宮崎ならではの球場風景から。。ここは市内から車で15分ほどのひむかスタジアム。ただ、バスで出かけるとバス停からかなり歩きますので、結構つらいかな。。顔3













 











 後ろに見えるのは、「女王ヤシ並木」です。女王ってすごい名前ですね。でもって、球場は40年以上前にできているものなので、ベンチの椅子は木。足にはテーピングしてありますし、天井も低いっっ。175㎝以上の人は頭がぶつかりますカチン

























 頭をぶつけて怪我しないように、トレーナーさんが白いテープを垂らしてはっていきました。広いからまだいいかな。


 さて、今年のフェニックスは、「走塁チャレンジダッシュダッシュダッシュが目につきます。スキあらば「走れ!」のグリーンライトのようで・・・。SOKKENスタジアムでのDeNA戦では、盗塁を2回刺されてアウトになったので、、試合後の練習は「走塁」がメイン。


 シート体形で、ランナー2塁からスタート。①バッターはバットをコントロールしてゴロを打て!②外野からのホーム送球は正確に。③ランナーはセーフになるように走れ!


 この3つの練習です。 石川選手の場合は・・・


























 いい感じ~~・・・・(^^♪  そんな中、「セーフになるまではしってろ~~カチン」と言われていたのは・・・

























 木下選手でしたぁ==。こんなに上手く飛んでいるのに、なぜか、ホームベース前でつっかかっちゃうのですよ~~顔10、、笑っちゃいけませんが、わらえてきちゃう==。顔12


 笑えないのは、、、頑張りすぎて擦りむけ ちゃったこの膝・・・・。ひぃ~~、、いいたたたたっっ顔13


























 ゾゾケがする~~。勿論ズボンはぱっくり破れちゃいました。。。2枚しかないユニフォームを破いちゃってどうするのかな?と思っていたら、、、翌日こんなんなっていました。




 





















 でもって、足は???


























三ツ俣みっつ選手「痛いってもんじゃないって~汗・涙 2汗・涙 2。皮膚破けてますやん。お風呂?はいりましたよ。。。でも、スライディングしますよっっ。グー


 そのほか、周平選手、溝脇みぞ選手も、ユニフォーム破ってました・・・顔13  




 走るといえば、登板しない投手陣は、試合中に走りにいきます。ひむかの場合、近くにがあるので、砂浜に走りに行きます。砂浜って、ものすご~~く走りづらい~~;;


























 50メートル走! 負けたら1本づつ増えていきます。平地で走るのとはわけが違うので、まさかの負けに・・・・顔13














 











鈴木翔太投手「うっそだぁ~~~~っっ顔8!!!」


 のけぞって悔しがります。       


 まっすぐ走るだけではありません。真ん中で同時に両サイドにスタート、サイドは2回折り返して中央でゴール。切り替えしの技が必要になります。






















     









 身体を低くしてターン。最後は飛んで突っ込むか、滑り込むか・・・・。必死炎です。 


 苦しいばかりだと走るのは辛いので、ちょっと鬼ごっこ もいれてみる・・・。

 4角形にしきったスペースの1点に鬼、のこり3点に逃げる人がスタート。時間内に鬼が捕まえたら鬼抜け。捕まえられないと、もう一度鬼。逃げ切ったら人はぬけ。というルール。 真剣鬼ごっこ!!
























 へろへろになってました~~矢印2



 清武での試合後は、野手も思いっきり走らされてました。2-2引き分けで終わった試合後です。変則アメリカン。内野で2か所のゴロをとった後、外野のアメリカン。基本10周で、ミスごとに1本増えていきます。。。


 死にそうな彼ら・・・・SOS



























 この苦しさの翌日にはホームランを打っていますからね^^ うまく下半身を使えたかな?!



 久し振りの実戦に戻った松井みやび雅人選手も「ホームラン打たれたらいかんでしょ顔3」と反省しながらのランニング。



























みやび選手「きついっすよ~~汗・涙1汗・涙1



 しゅうりょう~~の声で・・・へたり込むふたり・・・矢印2矢印2


























 井領選手もこんなにヘロヘロだったに、翌日、満塁ホームランキラキラ2ですからね~~。

井領選手「僕、バッターボックスで無駄な動きが多くてせわしないので、ちょっと余裕をもってみようと思って。今日もロッテの井上を見て思ったけど、打てる選手って足を引いてから投手を見ている時間が長いんですよね。僕も左ピッチャーでそれができるようになってきたのですけど、今日、右ピッチャーでできたので、よかったです!」



 走るだけでなく、Tバッティングでも・・・・つぶれそうになってた選手が・・・カチン

























石岡選手「いいいいいっっいつもと同じで、下半身で打つ、前のめりにならないって意識でしたぁぁぁあああ~~顔14


 今年、1軍に上がれなかったのは、古本&石岡選手の2人のみ。石岡選手は腰の手術でほぼリハビリしていたのですが、実戦に戻ってからずっと調子は上向きです。そんな彼を・・・実は、ロッテの山下監督がものすご~く評価していましたグッド


山下2軍監督「僕はスカウトやっていたことがあるので、社会人結構みてるんですよ。井領くんとか、しっかり結果を出しているのをみて嬉しいね。

 石岡君、今日はみられなくて残念だったけど、(この日は控えでした)すごくポテンシャルのある選手で、一皮むけたらソフトバンクの柳田みたいになれると思ってるよ。足早いし、身体も大きいし、たのしみだよねぇ~オーケー


 と、おめの言葉をいただきました。日頃みない選手をどうみてくれたか伺いにいったのですが、なかなかの高評価でうれしくなっちゃいました矢印1


 古本選手も、、朝の時点でこんなに汗をかいて、毎回全力準備なんですよ。
















 








 まるで噴水のようにが噴き出すユニフォーム。ボールを投げる際に筋肉でギュッとなるために汗が吹きでるんですねっ!!



 宮崎でひと回りたくましくなったヤンドラたちが、、、今週ナゴヤ球場に帰ってきます~~~グッドグッドグッド






  

Posted by 燃えドラ! at07:55
Comments(5)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2016年10月17日

10・17 宮崎&ナゴヤ・どっちもキツイ

 フェニックスリーグも3分の2が過ぎました。ここまで4勝2敗3わけ。雨で3つも流れてしまいました。。あと6試合、晴れて晴れスッキリ試合締めくくってほしいですよね。


 少し前の宮崎の写真をふりかえり==顔2


 雨で屋内での練習が多くなってしまっていますが、、朝からこんな元気な顔をみると、雨で憂鬱な気分も吹っ飛びます!!






















 フェニックスでは3人の捕手体制。まずは、来年の春キャンプ北谷組を目指してアピール合戦














 









加藤匠馬選手「捕手は打てなくてもいいなんて時代じゃなくなってますから!!とにかくフェニックスは打っていきたい!打撃強化です。それから、毎日よくる、よくべる、身体を整えることです!!」


 規則正しくつくしく~~。。


 もうひとりは・・・・

























渡辺コーチ「木下っ!かって~なっっ、おまぇ~~カチン

 
 身体が堅いと、怪我しやすいですからね。特にキャッチャーの股関節の柔軟性は必要です。。



 投手練習の方向から、「スリー、ツー、ワン!!」って、なんだか英語が聞こえてきました・・・ん??ブートキャンプ???













 










 インターバルの時間をしっかりはかって、ズルができないようになっていました。鈴木翔太投手・・・「死にそうです・・・汗・涙 2汗・涙 2汗・涙 2



 晴れたら、晴れたで・・・アメリカン。投手陣の秋練習基本は「走る!!」で下半身強化ですもの。取れなかったら、1本追加。あぁ~~おわんねぇ~~。























 皆さんが心配された阿部選手も戻ってきました。彼も内野守備強化選手のひとりです。

























阿部ちゃん「ホント、笑えないっす。。。足んぱん・・・顔8

 こんないい笑顔ですけども^^



 打撃フォーム修正中、ようやくタイムリーが飛び出して少しほっとしたかな?!周平選手顔11
























 大丈夫、大丈夫、とにかく今はチャレンジ!前に進むことが大切ですもの。 シーズン中はなかなかできないバントの練習もとことんやります。













 










 
 修正や新しいチャレンジで試合に臨み、結果がでないことだってしばしば。それでも監督、コーチは見守ります。打ち込まれても投手交代をせず、武藤投手に最後まで投げさせた高山コーチ。試合後、落ち込む武藤投手に・・・



















 話を聴き・・・


















 しく抱きしめる・・・。   ちょっと泣けた・・・汗・涙 2





 宮崎はいっぱい失敗してを勉強する実戦。一方、ナゴヤ球場はとことん鍛えまくる秋季練習です。きつすぎて、わらえてくる??
























 走る前に、ベンチにいた森監督から、


森監督「慎之介、苦しい顔して走ってるけどよ、終わったとたんニコッとしやがって、、、もっと笑えないようにしてやっからなっっ、」

小笠原慎之介投手「えぇぇぇぇええええ===!!」
























小笠原投手「かんべんしてくださいぃぃいいい~~~!!」



 投手だけでありません。ナゴヤ球場に残っている野手組も、このコーチがやってきたもの、そりゃ徹底的に鍛えられれるわよ。

























遠藤☆一星選手「奈良原さん、熱いっすねっっ。。顔13


 内野守備練習を早出特守、試合後特守とがんがんやっていたのが5年前。鍛えた吉川大幾&森越祐人選手2人ともに、GTにいっちゃいましたが。。。いやいや、鍛えがいのある内野手、いっぱいいますから~~顔3

奈良原コーチ「僕の中では、佑介も23歳、谷も26歳のままだから。僕もかわってね~からなっ!やるよ!やる炎


 腰を落としてのTバッティング、25球くらい連続打を1時間くらい続けてました。桂選手も・・・足、足、足~~あっかぁ~~ん顔14
























 悲鳴汗・涙1が響いたあとは・・・・リハビリ組。打てるようになりました!!
































某コーチ「笑って打ってる場合じゃねぇ~ぞ」といわれても、この笑顔。パパになったばかりですからね。もうちょいですね。秋キャンプに間に合うかな?! 










 おまけ









    おひげぬこっか??






















    小動物系癒しショットハート3


 
  

Posted by 燃えドラ! at10:25
Comments(6)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2016年10月10日

10・10 失敗は成功の基!!

 10月3日に始まった宮﨑フェニックスリーグもはや1週間。 昨年は雨中止が一度もなかったのに、今年はどしょっぱなから雨。、、台風カチン襲来で、どうなることかと心配でした。が、悪天候と予想された中、2日に1回試合ができたのはラッキー☆かも・・・・。。。


 では、開幕からの振り返り~~。



 3日のサンマリンでの巨人戦は、朝からの雨で早々に中止、木の花ドームでの練習に変更です。朝はやるもの!と思っていたので、スタメンもでていました。



























 監督2年目の始まりが雨中止、、、しかしここは余裕。しかも、巨人が先に練習をしていたので、スタッフやら選手やら、どんどん小笠原2軍監督に挨拶に駆け寄ってきていました。


























 宮﨑フェニックスリーグといえば、阿知羅パパ。グラウンド整備の責任者として、全ての面倒をみてくれています。今年は開幕戦をしっかりみよう~と、お休みをもらっていたのに・・・雨中止になってしまい、、、ドラゴンズの練習を内緒で見にいらしていました・・・ら・・・息子が気づいちゃったっっ!!


























 周りの選手もあっ!! 、、、、このあとしっかり挨拶してました==(^^♪


 アップ→キャッチボール→バッティングなど、いつもと変わらぬメニュー。ピッチャーは筋トレ、柔軟、体幹と、いろんなトレーニングをします。

 「いたたたぁぁぁ~~顔13」とか、「きっつぃてぇええええ~~顔14」とかとか、奇声が聞こえてくることもしばしば・・・。ここにもいましたっっ。

























 股関節がちょっこっとい~。上から抑えているのは…大塚コーチ。「これくらいできるだろ~~!!」と、見本をみせると・・・

























じゅんき投手「わぁ~、らかいっすねぇ~~」


 さすが海を渡った投手。いまもいい筋肉をもっています。怪我をしないためにも、股関節の柔軟性は大切です!!



 2日目・・・西都(さいと)では大雨予報が大外れ。朝から痛いほどの太陽が顔をだしました。さすが宮﨑、日差しが違うわ!!


 グラウンド横の陸上競技場でアップスタートです。

























小笠原監督 「ここではめいっぱい自分の課題に取り組んでほしい」
高山投手コーチ「フォームを修正してテーマに沿ってやっているから四球はかまわない」
渡辺コーチ「逆に失敗してほしい、そうしないとわからないから」

 というように、フェニックスでの3週間は、1年の内、首脳陣が「失敗」を容認している唯一の期間。シーズン中ならベンチから守備位置もしっかり指示するんですが、この期間はすべて「自分でえろ」と、守備の指示はいっさいだしていないんですって。

 なので、選手がどう守るか、攻めるか、コーチたちがしっかりベンチの前で確認しています。















 









周平選手「点差、状況、バッターの技量をみて決めています。カウントで前に出るとか下がるとか、、、、シーズン中もやってますけど・・・」

 サードについた時には、しっかり外野の位置も確認しながらポジショニングしていました。外野手にもきいてみると・・。


井領選手「コイツなら安心できるなという守備になりたいので。バッターのスイング、タイミング、ピッチャーの力、球が速いから引っ張るのは難しいなとか、ホームランバッターだからひっぱれるなとか。イニングや点差もあるし、後半の接戦とかは前にでたり、横の外野手同士も確認しあいますねオーケー

 でも、英智さんにいわれたんですけど、‘雰囲気をわかるようになれ’って。根拠はないんですけど、この雰囲気って結構大切なんですよ。あ、なんだかこっち来そうだなとか、そういうのってありますから・・・根拠はないんですけど・・・顔3


  なるほど・・・、これって自分が打てそうって思ってたら打てちゃったのと、似ているのかな?! そういう動物的感って本当にあるらしい。。




 4日の試合は溝脇ミゾ選手が猛打賞、6日は三ツ俣ミッツ選手がハッスルハッスル!!






















 ひそかに注目が集まったのは・・・今年もきたぁ~~!!因縁の?!早稲田対決
























杉山すぎちゃん選手「そこ~~??ですかっ顔3、去年も打ちましたけどね。。今年は先輩(斎藤佑樹投手)からタイムリーを打ったことよりも盗塁を3つさせたとこでしょう~~顔11

 そう、この日、「走ってくる日ハム」という準備ができていた杉ちゃんは、余裕で3つの盗塁をしました。お見事グッドグッドグッド


 とはいえ、打ったあとにベンチに戻ってきた杉ちゃんは白い歯をみせニマニマ顔12していましたから~~(^^♪




 試合後はしっかり反省会。


























 今年からどのグラウンドでも5時半完全撤収になったので、試合後の練習も速やかに分かれてちゃっちゃとやります。今年の投手の目玉はこれ。































中川誠也投手「これ、ものすごく揺れるんです。身体がもってかれます==矢印2


 10リットル(10キロ)入りのウオーターパック。みんなでケンブリッジ(飛鳥選手)目指します顔12



 内野守備強化選手に指定された・・・ミゾ&石岡選手

































渡辺コーチ「石岡はがブレやすいから、そこを意識させてるんだけどね。」


 試合中も一番大きな声で投手に激励しますし、練習も大声が響いています。


渡辺コーチ「まだまだ序の口だからなっっ!! 」


 キャンプまで、、もつだろうか・・・・顔13






 フェニックスリーグは、バイト君人数も限られています。選手だけでなく、監督&コーチもみんなでトンボかけ。


























 「使う前より、きれいにしよう~」   高校球児の気持ちに戻れていいかもねん~~(^^♪




   

Posted by 燃えドラ! at09:16
Comments(4)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2016年10月03日

10・3 実りの秋・スタート!!

 10月です。天高く馬肥ゆる秋がやってきました。ヤンドラたちは一息だけついただけで、宮﨑フェニックスリーグに出発です。


 リハビリ組をのぞく若手26選手厳選で、宮﨑入り。空港で宮崎市観光協会さんたちの歓迎の横断幕~~矢印1
























 12球団の選手たちが続々と到着するので、この横断幕も大忙しでした(^^♪


 一番最初に中川マネージャーが飛び出してきて、バスの運転手さんに挨拶。・・・・そして、次にゲートをでていらしたのが・・・


























 小笠原2軍監督です。 2年目とあって、なんだかよゆ~の表情。


 選手も続々と、到着。  おっと・・・・モデルさん???


























 って、見過ごすところでした・・。カッコよすぎて・・・顔3。 

 今年、いいスタートを切ったのに、まさかの骨折で思いもよらぬ1年になってしまった高橋周平選手も、フェニックスに参加。






















 ジャケットの裏地がおしゃれ(^^♪

周平選手「フェニックスでは打撃を見直す!目標の数字を決めると、結果がでるとそれでいいと思っちゃって自分の打撃ができなくなるので、あえて設定しません。グーグーグー
 

 覚悟の宮崎入りです。

 終盤、ずっとスタメン起用だった杉ちゃんも、宮﨑入り。
























杉山選手「秋は、もう一度基本からやりなおします。しっかりキャッチボール、キャッチング、バッティング。痛いとこだらけだけど、そんなこといってられませんから・・・。顔13

 
 今期は桂選手と半々のマスクも、終盤は怪我離脱でスタメンを任されました。だからといって来年スタメンマスクとはいえません。まだまだ必死炎ですよ。


 地元凱旋といえば・・・・?!

























 今年の成長株、阿知羅投手です。今年もパパさんの整備したグラウンドでがんばりましょう~~(^^♪


 試合登板は少なかったものの、夏に「これかっびっくり」というものを掴み、終盤の2試合でナイス投球を見せていた鈴木翔太投手。

























鈴木翔太投手「フェニックスではその成果を見せていきたい!」

 素敵な笑顔でしょう~~顔11


 つかんだといえば、最後の最後に、プロ初ヒットに初ホームランと、ぐぐぐ~といい感触をつかんできた井領雅貴選手も・・・

























井領選手「16打席ですからね~、めちゃ嬉しかったですよ。ヒットになる~なれ~って走りました。1塁ベース上で‘よっしゃ!って。ホームランの時も‘はいってくれ==’って思って走りました。初ヒットの日、実は朝から打てるがしてたんっすよ。だから‘今日打てそう’って周りに言ってましたもん^^」

 言ってみるもんだね~。有言実行ってあるもんです。


 初めてのフェニックス・・・まもなく1年のルーキーズは???































 なんだか、キラキラキラキラ 福投手はどっかの新入社員のように見えちゃいます??!!


 一方、フェニックスメンバーでもベテラン組は~~~顔1

























 
みつめあう~
ハート3






 台風18号襲来で・・・初日から試合中止。ここ数日間、試合があるかどうか???ですが・・・ 日頃対戦しないイースタンチームとの試合。しっかり課題を克服していってもらいたいですね。







 さて、





 10月1日、今年も戦力外が発表されました。 すでに覚悟をしていた選手も・・・。
























 ドラゴンズに来て1年。なかなか力を出すこともできず時間だけが過ぎてしまいました。野球をする前に自分の立ち位置でんでしまっていたことも・・・。スピードボールは魅力いっぱいでした。




 今年、腕をスリークォーターにフォームを変えて覚悟をもって臨んだ一年でした。

























西川投手「覚悟はしていました。フォームも手ごたえを感じています。トライアウトを受けますグー


 家族も心配されていると思いますが、とことん頑張って欲しいと思います。同じくトライアウトを受ける予定は、川﨑投手と石垣投手。

























石垣投手「イップスも治りました。まだまだです。けますよ!」


 強い気持ちでチャレンジです!! 思いっきりやれるのも若さの特権です。



 そんな中「限界を感じていた・・・顔13」と本音をこぼしたのが呉屋開斗投手でした。
























呉屋投手「慎之介の投球をみて、自分が同じ舞台に上がるのは無理だと思いました・・・汗・涙 2


 プロ野球に入団するのは、大勢の中で飛び抜けている選手ばかりです。それでも「無理」って思ってしまうほど厳しい世界なのですね。

 実は、今年ドラフトで注目されている東京ガスの山岡泰輔投手から、同じような言葉を聞いたことがあります。高卒でプロにいけるといわれているのになぜ社会人を選んだのか、台湾で行われたU23の試合の時に聞いてみたんですよ。すると、

山岡投手「松井祐樹(楽天)のボールを見て、今の僕では無理だと・・・。だから社会人で鍛えて、できると思えるようになってからプロに入ってもいいかなって思って・・・」

 と、応えてくれていたんですよ。 あれから2年、ライバルの田口投手(広島出身・巨人)がこんなに活躍しているのをみているので、プロでどうなるか楽しみですよね。


 横にそれましたが、、、呉屋投手って、天然で可愛いんですよ。今年鳴尾浜でお母様にお会いした時、「母の日のプレゼント話」をうかがったんですが・・・。


呉屋母「寮にもっていった布団のマットがいいっていっていたので、私もほしいな~と言っていたら‘送った=’って連絡が来て、楽しみに待っていたら、マットのシーツがきたんですよ・・・え??って思って。

 ありがとう、届いたけど~、マットがついてなくて~というと、、わぁ~違った??ごめん、マットもおくるから、まってて~~~って。私、シーツはギャグかなぁ~と思ってたんですけど、本当に送ってくれました。」

 後から本人に確認すると、「マジで間違えた」と・・・。


 10代なのに、しっかり家族の気持ちもわかっている、周りに感謝できる人。その心が何よりの宝。



 いろんながあります、、、。それぞれのせに向かっていければいいな~と、願うばかりです。



  


 追伸:前回、どんなファンサービスが嬉しいですか?という質問にコメントをくださった皆様。ありがとうございます顔1。そのまま球団にお伝えしました。「いろいろ検討したい」と応えてくださいました。引き続き皆様の「声」を球団に伝えていきたいと思っています。今後ともご意見等々いただきますようよろしくお願いいたしますグッド




   

Posted by 燃えドラ! at18:00
Comments(9)  |TrackBack(0)  |若ドラ

このページの先頭へ