2014年11月27日

11・27 秋に笑顔になるために

 オフとはいえ、選手ゴルフ会、表彰式、納会と、いろんなイベントが目白押し。じっくり休んではいられません。イベントの前に練習にきている選手も多く、「あぁ~意識が変わったのね」と思うこともしばしば。悔しい2年間だったものね。



 さて、まだ紹介していなかったニューフェースをご紹介しましょう。



 まずは、ソフトバンクから入団した亀澤恭平選手。ナゴヤ球場でもよく試合に出場していたので、ご覧になったことのある方も多いはず。
























亀澤選手「僕のアピールポイントはダッシュ。まずは足を見ていただけるように、頑張ります!」


 選手層の厚いソフトバンクだったので育成登録でしたが、ドラゴンズは足のある内野手不足で支配下登録へ。


亀澤選手「やっと野球選手になったという感じです矢印1。今まで以上に努力して頑張ります!びっくり



 名前は「かめちゃん」ですが、足はすばやい「うさぎちゃん」。しっかり走りピューピューまくってほしいですね。





 もう一人は、オリックスから入団の八木智哉投手。彼も今年はナゴヤ球場で良く投げていましたよね。



























八木投手「自分は野球でしか感謝を表すことができないので、結果で恩返しをしたい」


 心強い言葉をいただきました。日ハムに入団したルーキー時代に新人賞を獲得、底力はあるわけですから、実力を発揮してもらいたいですね。

 トライアウト終了後、草薙球場のロッカー前で「マジつかれたあ~~~汗・涙1」とへたり込んでいた彼。さぁ、ここからがスタート。強い投手王国再建に一役買ってほしいものです。





  
  ここからはヤンドラで・・・




 秋季練習で土井特別コーチに「つかんだなオーケー」といわせた高橋周平選手。


周平選手「バッティングは構えるときの体重の乗せ方、トップの位置の感じがつかめてきましたキラキラ2


 と、自信をもって発言しています。実戦がないので、どこまで通用するか実際にはわからないものの、自分の中で「これだ!」という手ごたえがあるのは頼もしい。守備練習でも、必死にボールを追いかけていましたね。





























 大きな声も出て、「サードは俺だ!」といわんばかりの感じでした。




 若手中心の厳しい練習も、選手会長が皆勤賞でしっかり支えてくれました。見た目はほんわかした雰囲気のある大島洋平選手ですが、やるときゃやるの強い心の持ち主です。だからこそ、選手会長なんでしょうけど・・・顔11






























 ランニングの後、スクワットで〆、秋季キャンプ最後の練習がようやく終わった~~~



























 平田選手、ぐ~タッチっ。  で、、見に来てくれていたファンのみなさんにお礼のご挨拶。






























周平選手「僕たちのために毎日見に来てくださり、ありがとうございました。・・・・また春にお会いしましょう♪」



 挨拶も上手になりました~~周平くんグッドグッド








   おまけ







 練習の合間に契約更改も行われてましたね。昨年が昨年だっただけに、少しでもアップすれば笑顔ハート1になるもの。若手が底上げできれば、優勝に一歩でも近づけます。ヤンドラファイト!!






堂上なおちゃん直倫選手「僕は兄貴がずっと目標でした。チームはかわるけど、これからも目標にしてがんばります!!」


























 チームが決まるまで、兄弟話はなかなか聴けなかったけど、笑顔でよかった!





 そして、、会見場で写真を撮りながら、どアップにすればするほど、より美しいと改めて発見した選手が、、、こちら・・・

























 バストアップが映える選手が多い中、どアップでこれだけ整っているのは珍しい、、。他の女子カメラマンさんとも「近づけば近づくほどきれいじゃない?!」と同意見だったので、、載せちゃいました。いかがですか?







  勿論、ファインダー越ししか、、見られないけどねハート3



  

Posted by 燃えドラ! at19:23
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月24日

11・24 さぁ、オフですよ。00できた人が勝ち!

 秋季キャンプも終了。オフに突入しました。とはいえ、本当に「オフ」にする選手は一人もいません。厳しいトレーニングをいかに継続してできるかが、勝負のカギ!


 うれしい春サクラを迎えるか、厳しい春汗・涙 2になるか、、、



 秋季キャンプでこれだけ頑張ったんですから、無駄にしちゃいけません。なので、、もう一度、、、みせちゃう?!





 野球はチームプレイ。阿久比キャンプも自分だけでなく、ミスすれば全体責任になっていました、、、たとえば・・・・





















 ゴロ捕を失敗すれば~  みんなでスクワット!! 30回からのスタートです。























 ミスするごとに、10回ずつ追加です。おわってみれば、150回になっていた顔13?!





 大野雄大投手、名誉挽回のバッティングトレ。ホームラン10本打てば、坂道ランニング3本免除です。そりゃ力入るわ~~。

























 遠くに飛ばす力をみていると、川上憲伸投手を彷彿させてくれる、、投手陣のホームラン王。あっという間に10本到達です。


友利コーチ「うそだろ~~~!!もう、10本?顔8


 ここで登場したのが、、近藤真市コーチ。



近藤コーチ「俺が10球打って、ホームラン打ったらチャラな!ゼロからスタートだ!」
大野投手「いいっすよぉぉ~顔2



 

 というわけで、、近藤コーチがバットを握った~カミナリ
























 うをぉぉ~~、カッコいいじゃないっ! 現役が負けちゃってんじゃないの? めちゃ飛ばすし~~。。あぁ~これじゃ、ホームランあるかもね・・・とみていると・・・




大野投手「まじかよぉぉ~、顔13




 はいはい、予想通り、ホームランされ、大野投手最初から再スタート。。顔7 (とはいうものの、10本またすぐ打ちましたけどねグッド











 すると、、



友利コーチ「アキ!お前も打ってみろ!」














 



 






友利コーチ「ボールを嫌いな人と思って、シバケカチンカチン!!」




 前ちゃん、しっかりさく越えですなっ矢印1矢印1











 さて、野球グラウンドから、陸上競技場に場所を移動し、体幹トレーニング。傾斜を使って腹筋をします。あみ越しファンがかざしているをよくみると・・・・





























   「勝崎式楽トレ」・・・そう、勝崎トレーニングコーチが書いたトレーニングの著書宣伝なんですけど、、、それを見たす~ちゃんが一言・・・



鈴木す~ちゃん翔太投手「全然‘’じゃないですけど~~~」
勝崎コーチ「なにぃぃ~炎、それは中学生向きなんだよっ!!す~ちゃん、お前はプロだろ!楽はないっ!!」











 
 苦しむ選手をみているコーチ&スタッフ
















 













ですなっ





 最初の1クール3日間は死にそうだった選手たちも、3週間もすれば、充実感たっぷりの笑顔もみられるように。キラキラ2





























 オフは自分の心との戦い。苦しかったキャンプを乗り越えた自分に自信をもって、春を迎えたいですね。ハート3



  

Posted by 燃えドラ! at12:13
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月20日

11・20 阿久比組は(^^♪・・そして彼も(^^♪

 秋季キャンプも、今日(20日)で終了。それまでに阿久比組も見に行かなきゃ!と出かけてみると・・・






















 れれっ!?えっらい和やかな雰囲気じゃござんせんか?


若松わか駿太投手「なに言ってんすかカチン!夜の9時半に寝て8時前まで起きられないっすよ。足腰キツイっす顔13!!」


 確かに、どの練習メニューも下半身を鍛えるようになってますね。バッティングだって、腰を落として打て~~みたいに。






















 バットもってないじゃん!そう、岡田投手にとられちゃったんですよ、、岸本じゅんき投手・・・・・。かしてくださいよぉぉ~と言いながら、トスをキャッチすることに。これも下半身に負荷がかかりますからね。


 キツイときこそ、笑おう!!とばかりに、、、変顔しちゃいますっ。























   だめよ~ダメダメっ顔12顔12


 トスのあとは、フリーバッティング。豪快な大野投手の打球にみんな見惚れちゃいます。
























 走るメニューの中でも、一番嫌いという声が多いのは、、、アメリカンノック。10人で100キャッチ。自分の失敗も、ノッカーの失敗もカウントしません。





























 一番年下の鈴木す~ちゃん翔太投手・・・先輩の走る量を増やさないために、、、必死炎にキャッチ!! そんなノックを受けていると、、だんだん陽晴れは傾いて・・・


 ランニングの〆は、球場近くの坂道ダッシュ。球場が小高い丘の上にあるので、、ちょうどいい勾配なのよ~~。























 大野雄大&伊藤じゅんき投手は、何をやってもしい顔。さすが体が強いですね。250メートル先の坂道のゴールにには、ファンのみなさまが笑顔でお出迎え。(×10本は走ってます)














 






 さぁ、これで終了?と思いきや・・・


勝崎トレーニングコーチ「相羽さん、まさかここで帰らないよね?!とーぜん、最後のプールまでみてくよねえ~」


  えぇっっ顔8 





  この後、筋トレ+プールトレ。見ているだけで、、、、足腰鍛えられますわ。汗・涙 2汗・涙 2汗・涙 2


 





   おまけ






 昨日(19日)に入団会見をし、今日笑顔であいさつにやってきた・・・・もりこ(^^♪






















 通告を受けたあの日、死んだように屋内練習場に歩いていったのが遠い昔のよう・・・。ずっと笑顔顔2でいられるように祈っていますキラキラ2 ナゴヤドームで暴れてほしいような、そうでないような、、、どうしましょ~顔8


  

Posted by 燃えドラ! at16:25
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月17日

11・17 秋季キャンプもあと少し&吉報

 今朝、顔を見るなり、達川コーチに話しかけられました。


達川コーチ「今日でマジック4だけど、意味わかる?」
相羽   「キャンプ残り4日ってことですね」
達川コーチ「お~よ~わかっとるのぉ~顔2


 厳しい追い込み練習もあと少しになりました。比較的暖かな日が多く、選手もありがたかったでしょうね。


 
 昨日お休みだったので多少は疲れもとれたでしょうが、、休み明けこそ気を付けないと怪我をしやすい。慎重に大胆に、、と思っていたら・・・















 おらっ、、、








 
よっと、、









とととっっ。。。。





 周平選手、、バウンドが変わり、お手玉しちゃいました。。
 






 厳しく長い練習ですが、11月は日増しに日が短くなっていきました。中旬から練習開始時間も30分早めています。外灯のないナゴヤ球場ですから、見える時間ギリギリまで汗を流し~~



















 自分のカゲに追われながら、追い込んで走る武藤投手。日が陰ってからも、なんと車のライト
を付けてまで走らされていたけどね顔13







 さてさて、、ここから、吉川大幾選手の巨人、田中大輔選手のオリックス、堂上剛裕選手の巨人入り(たぶん)に続いて・・・うれしいお話






 もう既に報道されていて、みなさんもご存知でしょうが、、井上公志くんが、バッティングピッチャーとして再スタートすることになりました!!























井上くん「トライアウト前に谷繁監督から話はいただいていたんですけど。。。自分に区切り がつかなくて。どこからも話がなかった時まで待っててくださいました。これからは、選手を支える側として、頑張ります!!」


 人の気持ちがわかる人なので、素敵な裏方さんになってくれることでしょう。







 こうやってドラゴンズを卒業し、新しい舞台が始まる選手がいれば、、このチームに入ってくる選手もいるわけで・・・





















 ドラフト1指名された、野村亮介投手です。台湾で昨日まで開催されていた、U21ワールドカップの代表選手として出場、主にクローザーとして起用されてきたのですが、、決勝の中継ぎ登板ではちょっとボールが浮き、失点もしちゃいました・・・。






















野村投手「国際試合は初めてなので、、。だんだん厳しい場面での登板になって、自覚は出てきました。まだ体が細いので、入団するまでに練習して体を一回り大きくしていきたいと思ってます。」





 さすが社会人。はっきりと自分の意見を話せる選手です。入団会見が楽しみですね(^^♪



   

Posted by 燃えドラ! at13:15
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月13日

11・13 トライアウトの裏側で・・・

 今週は、ナゴヤ球場で、独立リーグやクラブチームとの交流戦・練習試合が行われ、秋季キャンプでやっていることの確認ができると、選手にも首脳陣にも好評です。

 疲れている中で全力を出すとは難しい顔10ですが、気持ちは切切り替わっていいかもねオーケー。11日に登板した岸本投手も、、


岸本じゅんき投手「体がへたばっている中でも、下半身の意識がどれだけできるか確認できました。練習でブルペンにはいるのと、試合でマウンドに立つのではやっぱり気持ちのスイッチが切りかわって全然違いますよ。練習で手を抜いているというわけではないですが、やはり相手をみればスイッチが入りますもん矢印1矢印1。」



 なるほど、投げっぷりのよさは、こういった気持ちが素直に表れるのですね。





 さて、、、今回は、先日行われたトライアウトの裏側を・・・。報道では見られない姿ですから・・・。



 まず、前日の様子から・・・。


 戦力外を通告され、その後は自主トレという形で当日を迎えました。それまで練習場を使用していいよとはいうものの、支配下選手たちが練習するなかで一緒にするわけにはいかず、いない時間を見計らってほぼ屋内での練習です。

 最終日の早朝は・・・・投手も野手も混ざってノックを受けていました。























 ノッカーは2年前に戦力外を言われ、今年からバッティングピッチャーを担当している高島祥平くん。同じ経験をしているから、朝早くても、夜遅くてもんで協力してくれました。そうそう、朝早くから吉田利一くん(現ブルペンキャッチャー)も、よく矢地投手の投球をうけてくれてましたね顔11


 練習も遠慮、勿論ロッカーもありません。だから、、
























 記者さんたちが出入りする廊下に荷物を置き、着替えもします。「着替えますけどいいですか?」と、、声をかけてくれるわけで・・。(気を遣ってくれるんです)


 着替えの途中にアンダー21のワールドカップで、来季入団してくるドラフト1位の野村投手が好投したという新聞をみている彼ら。。

























 入る人がいれば出る人がいる、、、残酷ですが、これが事実。自分だって数年前はこうやって新聞を飾っていた・・・のです。練習が一区切りしたところで、、別メニュー中の平田良介選手がやってきました。
























 車の話に華が咲いていましたが、、別れ際「がんばってや~グッド」と、一言残して、自分の練習に行きました。再び、グラウンドで会えることを願っていることでしょう。






 当日・・・・






 先回紹介したように、朝はすごい雨が降っていました。なので、、選手たちのほとんどが、動きやすい濡れても大丈夫な姿。今までのように、スタッフが野球道具を運んでくれるわけではありませんしね。全部自分でやらないといけません。
























 そんな中に、スーツ姿が・・・


























堂上お兄ちゃん剛裕選手「今日は、僕の入社試験なので・・・」


 そういえば、数日前、練習前に宋くんに「そん、その髪は切ったほうがいいぞ。印象よくしないと・・・。」と、アドバイスしていました。やっぱり「気持ち」はいろんなところに現れる。誰がどこでみているかわからないですからね。少しでも「よい」印象を与えるためには、気を使った方がよいということです。


 ちなみに、田中大ちゃん大輔選手も、スーツでした。




 

 雨が上がって、グラウンドでのトライアウトが始まり・・・客席を見渡すと・・・あれ??
























 関マネージャー!! ちょうど秋季キャンプがお休みだったので、わざわざ草薙球場まで車で来てくたのです。


関マネ「1年前の僕の時は、最後にちゃんと試合に出してもらって、胴上げもしてもらってお花ももらって、、、気持ちにケリがついた。でも今回、最後まで試合の出られなかった人もいるでしょ。映像に撮ってあげたいと思って・・。iphon6だからきれいに写るんっすよ^^」


 何気に自慢をいれながら、、ヤンドラ選手全員の打席、マウンドを撮ってあげていました。休憩もなくトライアウトが進行していったので、お腹もへったろうに、、、、


「次のグループには、いないですよね。」と順番を確認しながら、席を立つのはお手洗いだけ。最後までず~っと選手たちを見守りました。



 そして、、終了後に彼らにようやく会えた・・・

























 撮ったばかりの映像、、、ぶ~ちゃんのホームランも、しんごちゃんの顔面ボールも、すべて見せて、、、。

 
関マネ「じゃぁ、お先に帰りますね。パー


 と、さらっと去っていきました。自分もたった3年の選手生命だったから、苦しかったことしか記憶にないでしょう。そんな中でいっぱい支えてもらった、、、だからこそ、さりげなく仲間に恩返しできるのでしょうね。


 この先、ドラゴンズの仲間に会えてよかったと思える、心あたたまる一コマでした。

  

Posted by 燃えドラ! at00:10
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月10日

11・10 ドラ最後のユニフォーム

 11月9日、戦力外通告を受けた選手たちが静岡草薙球場に集結、2014年第一回トライアウトが行われました。





















 朝から汗・涙 2が降っていて、グラウンドはぐちゃぐちゃ、最後の見せ場くらい、好条件で駆け回ってほしいなぁ~と願っていただけに、、残念。なので、スタートは屋内練習場からでした。



 各自でアップ、ストレッチを済ませ、10時に集合。NPBスタッフからスケジュールの説明を受けます。














 





 その後、キャッチボール→外野手シートノック→内野手シートノックと続きます。






















 中田ぶ~ちゃん亮二選手と宋サンフン選手の後ろに、ずら~っと並んでいるのは、編成スタッフ&報道陣。ネットの周りをわんさかと取り囲んでいる状態。試合の観客よりうんと近い位置で見ているわけです。もしかして、話をしている内容まで聞こえちゃうような状況かもしれません。


 外野のノックで堂上お兄ちゃん剛裕選手が いい肩をみせたあとは、、、内野守備。もりこ&ぶ~ちゃんの見せ場です。それを見守るたけちゃん&井藤しんごちゃん&そんくん。






















 仲間の成功を祈る気持ちからか、正座で思わず前のめりになっちゃてます。内野の守備テストが終了した段階で、雨がやみ、なんとかグラウンドが整ってきたというアナウンスがはいりました。シート打撃は外でやると決定。あぁ~良かった、よかった顔11



 シート打撃は、投手は打者4人に対しカウント1-1からの投球、打者には5、6打席与えられ、守備も交代でつくというルール。

 実戦形式にはいる11時までは、選手の邪魔にならない限り取材は自由。だからベンチにいる選手の様子が手に取るようにわかります。

 自分の打順を確認する、田中だいちゃん大輔選手とそんくん。






















 緊張するとのどが渇きます。エネルギーチャージする森越もりこ祐人選手。


















 
 




 気合炎を入れる、、ぶ~ちゃん!
























 投手34人、野手25人、そんな中でのトップバッターは・・・・なんとぶ~ちゃんです!見る方も緊張する場面というのに、、、、


 

 いきなりのホームラン!! 思わず「やったぁ=!!」って両手を上げちゃいましたよっ。写真とることすら忘れちゃってました・・・。




ぶ~ちゃん「手ごたえは十分ありました。狙っていたわけじゃないっすよ。1番バッターなので、投手の球筋もわからないし、とにかくいつも通りに積極的に打ちに行っただけ。

 戦力外当初は、自分の中で消化できなくて、どうしていいかわからなかった。先輩や知り合いの方々から‘まだプレーしたいなら、トライアウト受けた方がいいよ’ってアドバイスされて受けたんです。

 緊張せずできたかな。今日、改めてプレーヤーとしてけていきたいって思った・・・」


 そうよね、そうそう、ドラゴンズのユニフォームは最後でも、ぶ~ちゃんがグラウンドを駆け回る姿はまだまだ見ていたいっ。




 
 井上公志投手はご家族で応援にきている中での登板。
























井上投手「弟、妹に‘お兄ちゃん打たれたらシバク!’って言われてたけど、、打たれちゃいました・・・。顔10


 元阪神の森田選手に145キロを豪快にホームランされちゃったんです。


井上投手「そろそろ森田が打ちそ~な感じはしたんだよね。。嫌な予感が・・・。インココースに少しはいっちゃったらもってかれた。でも、やることはやったし。あぁ~~投げてて楽しかったな顔1。だから、悩むんですよ。あと1週間くらい悩んで決めると思います」


 


 そして、、辻孟彦投手は・・・























辻投手「対戦が、、仲間って、、ちょっとへこみます顔13


 登板する4人中、2人がそんくんと井藤しんごちゃんという、この1か月も一緒に頑張ってきたチームメイト。これが勝負の世界とはいえ、ツライです・・顔15























 ここも、、、、しんごちゃんに対戦する投手のリードをしているのが、田中大ちゃん、、だものね。心は複雑。しかも、しんごちゃん、、この後ファールチップを左目上に当て、出血。よくみると、ユニフォームの左肩に血がとびちっているんですよ。。顔13























 しんごちゃんだけでなく、森越もりこ選手も東野投手から死球をうけ、右手の側面を痛めてしまい、その後に棄権。とはいえ、3打数3安打1死球で、しっかり結果は出しておいたのは大きい。



もりこ「昨日は‘自分のプレーをしたい’ってすごく考えていたけど、今日、この場に来てグラウンドに立ったらやるしかないって思って。死球は残念だけど、それまでに結果を見せられたのはよかったです。あとは吉報を待つだけで・・・」





 最後のさいごまで、一生懸命やったことが一番。どんな道に進もうと、頑張れる、頑張る、できる!気持ちを応援していきたいと思っていますグッドグッドグッド



   

Posted by 燃えドラ! at14:09
Comments(2)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月06日

11・6 しごくぞ~!!キャッチャー!!

 ちょうど今日、「2年目監督になる?!」なぁ~んて見出しもおどり、キャッチャー育成により力を入れ始めました。谷繁監督は契約更改で、「僕も引退が近づきつつある。これからはもっと後輩たちにえていかなければ・・・」と話していました、、、その通りに有言実行です。



 勿論、宮崎でも、キャッチャー陣には、、、シゴキの嵐ぃぃぃ~~炎炎炎



 ピッチャーたちがキャッチャーに求めることで一番よく聞く言葉は、、、「ショーバンをとってほしい」というもの。特に落ちる球を持っている投手にとって、空振りをとりたいのにその球を後ろにそらされてしまっては、、ね。。どんな球でもとってくれるキャッチャーだったら、思いっきり投げられますから・・・。


桂いおり選手「1年で一番やらなきゃと思って取り組んできたのは、ワンバン捕球です。以前よりは成長してきていると思います」






















 全身でうけとめる。どんな投球でもです。防具をつけているとはいえ、痛い。。。顔14何十球何百球うけても、試合では同じボールはこない・・・・


 暴投がくる場合だってあるわけで・・・・





















 杉ちゃんジャンプ!!矢印1矢印1


 どのポジションでも足腰の重要性は問われますが、やはり一番過酷なのは、キャッチャー。ショートアメリカンで瞬発性&脚力をアップ上























 顔もゆがんでくるわね、、赤田龍一郎選手顔13



 そして、この宮崎で特にトレーニングしたことというと、、「」。まずは試合前の相手の打撃を見て、どんな打者なのか研究しました。
























小川バッテリーコーチ「宮崎の夜は、配球の勉強、相手打者の研究をビデオを見ながら、試合を見ながらしていました。」


 クライマックスや日本シリーズがあったので、ちょうどいい機会でしたね。他の選手が食事をしている時間も、頭のトレーニングをしていたようで・・・。


 そういえば、、先日松井みやび雅人選手が契約更改の会見で言っていました。


みやび選手「キャッチャーは記憶力が大事だといわれました。打者のこと、試合状況、すべてどの場面でどう打ったのか、どう打ち取ったのか、昨年はどうだったのか、今年はどうなのか、、、。だから今年の試合を改めて振り返ろうと思います。顔9





















 残念ながら、宮崎フェニックス最終戦で、右足太ももを痛め、今はリハビリ中ですが、勉強はできますものね。&足がつかえなくとも、、こうやってバッティング練習をしているのだ~~。














 










 せっかく土井特別コーチが教えてくださるのですから。。バットの出し方を確認しながら、上半身でバッテインング練習。コーチも根気よく教えてくださいます。


 宮崎では元気だったすぎちゃんも、ちょっとだけ足を痛めて、、この日は大事をとってこの練習。














 








 みやびくんと、、、仲良し?!?汗・涙1汗・涙1 早くよくなってね。四つ葉









   おまけ








 今季限りで引退した、鈴木義広す~さんが、スコアラーデビュー(^^♪ 























 後ろからみたら、ほっそりしてて誰なのかわからなかった・・・顔8

す~さん「ユニフォーム脱いでから6キロやせたんですよ。嫁さんが太らないでっていうから、朝走るのと食事制限で、やせたんです~。

 姿みないから何もしてないと思ってるんでしょ?? ちゃんとナゴヤドームで仕事しているんですよ。パソコンと毎日戦ってます。大学の時に使ってましたけど、難しい、、まだまだ使いこなせないですよ~。」



 自分のことをしっかり分析できていた投手ですから。&説明もうまかったので、、スコアラーは適任でしょうねぇ。これからは選手の為に、チームの為に、す~さんの頭脳フル回転でよろしくお願いいたします~~矢印1

  

Posted by 燃えドラ! at22:12
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2014年11月03日

11・3 1、2年生がんばる&みんな頑張る!!

 ナゴヤ球場での秋季キャンプも1クール終了。少数精鋭なので、「順番待ち」がありません。ということは一息つく暇がないというわけで・・・「ぜーぜー汗・涙1汗・涙1」言ってます。

 ただし、しっかりとメリハリをつけ、休みの日も設けられていますから、ちゃんと体の回復もできるようになっています。何よりですね。チョキ



 では、今回も宮崎編で・・・(いつまで引っ張るんだ?!顔12





 まずは、フェニックスリーグで「無敗」「自責点ゼロ」という素晴らしい成績を残した2年生、若松わか駿太投手から。巨人戦では見事、プロ初完封を成し遂げましたキラキラ2























若松わか投手「低め、低め、一人づつ一人づつって思って、、、欲張らずに投げました。三振10個?そんなにとっているとは思ってなかったですね。。打たせて取るタイプなので・・・」



 目標にしていた全部勝つ!を有言実行。ますます来年が楽しみになってきました。




 そして、1年生の鈴木翔太投手は???























鈴木翔太投手「セットの時のグラブの位置を少し上げたんです。その方が安定するんじゃないかと。これがしっくりくるか試しているところです。」


 試合後・・・



鈴木翔太投手「まだまだでしたけど・・・。これでフォームを固めていきたいと思ってます。あとは秋は体力作り ですねグッド



 というわけで、、試合後もみっちり走らされてましたよ~~ダッシュダッシュダッシュ





 完封勝利したからって、容赦ありません。。。ショートアメリカンノックで、左右前後、走りまわされます。わか、気合が入ってるっ炎






















 でも~~、勝利の後は、、ちょこっと余裕も?! だって、カメラ目線なんだもの・・・顔12
























 次々にボールがころがってきます、、、キャッチしたボールを離さないとっっカチン























 ノッカーもたまにはミスしちゃいます。。すると、、、


若松わか投手「あっっ!!ノッカーミスです、ミス!ジャンプジャンプ!!」
























 佐藤コーチ、、、おちゃめっっ矢印1矢印1









 ゴロ捕後のボール拾いも、なんと1球ずつ拾って、離れたところにあるかごに入れないといけません。。わぁ~しんど。
























 宮崎の1日が、、、こうして暮れていくのでした・・・。








   こぼれ話








 先週、突然の戦力外が発表されました。ショックを受けたファンも多かったことでしょう。我々もびっくりしました。さすがに宣告された当日は動揺していたので話を聴けませんでしたが、翌日はずいぶん落ちついていました。そして、次に向かってしっかり練習もしていました。


吉川だいき大幾選手「いろいろありがとうございました。たくさんの皆さんに心配されました。。。大丈夫です。これで終わりではないので、、、これからもしっかりやっていきます!」


 彼がどんな性格であり、どういった練習をしているか、、それなりに4年間みてきました。報道されるのは一部の話だけなので、それぞれいろんな受け止め方があると思います。頑張ってきた選手を信じていますよ。ファンの皆様もどうか見守っていてください。


 

 そして、、





 戦力外になった選手たちは、ほぼ毎日練習に来ています。秋季キャンプに差支えのない早朝か夜だけですが。

 そんな中、3年目の辻孟彦投手に話を聴きました。彼は、今季は特に山本昌さんが目をかけていた一人。一緒にキャッチボールをしたり、ブルペンで投球練習をしている後ろで、必ずチェックしていたり・・・そんな昌さんの姿を幾度となく見ていました。


辻投手「今年は一番、精神的にきつかったです。。いろいろいが出て、自分でどうしていいのかわかんなくなっちゃって。山本さんにはいつも気にかけてもらっていました。

 あんなにいろいろ教えてもらったのに戦力外になって、それで挨拶にいったら‘何もしてやれなくてすまなかったね。頑張れよ’って言われて・・。僕、こちらこそ応えられなくて本当に申し訳ないくらいでした。

 プロ3年間の僕の中で一番の思い出は、1軍で登板したことより、山本昌さんとキャッチボールができたことですよ。ホントによかった!」



 プロ野球選手としてよりも、人間としての付き合いができたこと。今後の人生には必ず糧になる3年間だったはずです。素晴らしい先輩に出逢えたことをりに思って、胸を張ってほしいと願います。


  

Posted by 燃えドラ! at00:39
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

このページの先頭へ