2013年10月31日

10・31 地獄の秋キャンプ・・序章

 11月1日から、「秋季キャンプ」が始まります。。。が、それは名目上であって、、フェニックスから帰ってきたヤンドラたちが合流した10月30日から、事実上のキャンプインですね。


 谷繁監督も森ヘッドも佐伯2軍監督も合流です。。




 となると、、練習も厳しく、練習量もうんと増えるわけで・・・すでに「太陽が沈んでも練習」になっています。。きたきたきたぁ~~~っっ。



 
 その厳しい練習のひとコマ・・・。フェニックスで谷繁監督が考案した、、「カゴ内ゴロ捕」。宮崎では屋内練習場にあった、子供用サッカーゴールだったのですが、ナゴヤ球場にはないっ。。


 で、、渡辺コーチと用具係の杉山さんの二人で作り上げたものは、、、防護ネットを横にして、フェンスを利用したこんなカゴ・・・。























 宮崎の時より、低くなってます~~顔13



 小柄な溝脇ミゾ隼人選手がはいって、こんな感じ。。彼の場合は他の選手に比べ、まだ下半身が強くないっっ、、から、、こんな腰高っ



 左右に振られて、大声で自分でカウントしながら20球捕球したら1回終了なのですが、頭がネットにひっかかった場合やり直し。ゴロを転がすのは、、渡辺コーチ。



渡辺コーチ「ミゾ、10でヒーヒーいうなっ!!ばてるのがはやいぞっっ!カチン
みぞ選手「はいっっ! ・・・11っ、、12っっ、、」
渡辺コーチ「おい! 腰も高いが、も高い!!」



 そう、ミゾは10を過ぎると、、いきなり声が裏返るっっ。。きっとお腹から声がでなくなちゃうんだなっっ。。



みぞ選手「足も、、声をだすのも、、キツイっっ顔10







 左右に振られるのを3セット、同じ場所で捕球するのを3セット、、最後は25連続。どれだけしんどいかというと、、この顔をご覧になればわかるかな?






















 谷てっちゃん哲也選手のこんな顔もめずらしいっ。顔14





 やはり、太ももがしっかりしている選手のほうが、安定しているかな? ただ、顔が怖すぎて 誰だかわかんないんじゃない?!













 









 歯を食いしばった古本武尊選手です。。内野手を中心に行なう練習ですが、、、特別参加ですね。


 





渡辺コーチ「近い近い、、なんだかお前が前にくると、、近く感じるんだよっっ、、もっとはなれろよっ」


 と言われていたのは、、




















福田ふくちゃん永将選手「みんなと同じ場所ですよっ」
渡辺コーチ「福田の顔は、威圧感あるんだよっ、あっっ、でかいんかっっ、、そか、俺が後ろに下がればいいんだっっ」



 選手は必死ですが、、みている周りは笑える。。順番を待つ選手も・・・補球中にネットに頭がつかないか、ずっとチェックしながら「危ない、危ないっ顔8、ふくちゃん前にですぎっっ!」と、声をかけます。



 選手の中で一番要領がわかっていたのは、やはり宮崎で特訓をうけた、、堂上なおちゃん直倫選手でしょう。























 余裕の顔つき~~っ。。。。




 が、、  そこに落とし穴が、、、終了したなおみち選手にこんな声がかかりました。




森越もりこ祐人選手「なお、あぁ~~~、残念なお知らせがあります。。   ネットに触ったって、、監督が言ってます。」























 ひゃぁ~~っっ顔10。この練習をずっと横で笑い顔2ながらみていたのですねっっ。「あぁ~~っっ、ひっかかったよな、触った触った!!」とか、「俺も、こんな練習したしたっ、、このまま頑張れば、秋キャンプ終了の時に連続50くらいできるようになっとるぞっ!」



 


 若い監督だと、厳しさの中にも笑いがあるので、見ているほうはおもしろいっ顔12 。プレキャンプにして、1ヶ月先のヤンドラたちの成長が想像できる一日でした。


  

Posted by 燃えドラ! at11:07
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月28日

10・28 走る・ハシル・走るっ!!

 日本シリーズ、息を呑むような接戦を 炎していますよね。あぁ~この場にいたかったなぁ~と、誰もが思うことでしょう~~。


 実況中継している局にはゲストに現役選手が呼ばれていますが、どの選手も「しゃべる立場ではなく、グラウンドにいたい」って、口をそろえて言いますもんね。たまらんでしょうね、この緊張感顔14はっっ。



 そうなれるよう、、この秋、ヤンドラたちも頑張っているわけですっっ。 そう、秋は「基礎体力作り」・・厳しい練習にも耐えられる身体をつくる期間。&技術に関してはいろんなチャレンジが出来るしね。


 てなわけで・・・




 宮崎では試合の後に、徹底的に走りこんできました。前回のブログは砂浜ランニングでしたが、今回は・・・・これ。






















    階段ダッシュ!! 


 この階段、一番下からですと、、300段くらいあるかな?? そこを何本もダッシュして競争するんです。最初は軽快でしたが、だんだん膝ががくがくしてきます・・・





 1時間ほど走った締めくくりは、、一番下から2組に分かれて、頂上までリレーするというもの。全員が同じ距離を走るのではなく、それぞれチームで話し合いです。だから、長い距離を昇る選手もいれば短い人もあり。。それはお互い作戦です。




 負けたら・・・階段ダッシュをもう1本追加罰走。だから、、みんな必死。



 さっきまでのクタクタがウソのようにギアチェンジして駆け上がる選手たち・・・・先にゴールしたのは・・・














 











 堂上なおちゃん直倫選手チームでしたっっキラキラ2 おめでとう~~びっくり








 そして、翌日の試合後はキャッチボールイベントがあるということで、、ランニングの量が減ってしまうため、、スタメン選手たちは、ポジションにつくまでダッシュ、そしてベンチの選手は、試合中、攻守交替時間にベンチからファールゾーンをダッシュしてランニング量をまかないました。























 恭平選手、笑ってますけど、、かなりのスピード ピューピューなんですよ。ちょうどカメラ席の前を通過していったんですけど、、のように走っていくんです。。ダッシュ陸上部か 」って走り。プロってすごいわ。







で、、そのキャッチボールイベントってーのは、、試合後に観客と選手が一緒にキャッチボールできるというもの。。柔らかいボールなので、グローブもいらないくらい。



 ぐるぐる移動して、なんと、選手全員とできたんですよ。。すごいっっ!!

























 最後は、みんなで記念撮影。井上公志投手は、ちびっこ抱っこしちゃってますっっハート3





















 




 かわいいっっハート1








 最高の思い出になりましたねっっ。晴れ 










   おまけ







 みなさまから、ずっと「伊藤準規投手はどうなってますか?」と質問を頂いていました。。9月にわかってはいましたが、、その前に手術するかどうか、ず~とんでいたんですよね。。
 ようやく決断し26日にメスをいれました。このまま投げても出来ないことはないのですが、「いつ痛くなるのか?」という不安を抱えながら投げるより、いっそのこと手術したほうがよいと・・。

 今は医療技術が進んでいます。しかも、今年10人近くの選手が手術をしているので、リハビリ組が多く、1人で悩むこともない、、という状況。チームとしていたい話ですが、1選手として少しは心強い。さぁ、もう前に進むだけです。ファンの皆様も暖かく見守っていて欲しいですね。。顔2

 春キャンプまでにキャッチボールはできるはずで、、コートを脱ぐ頃にはブルペンにはいっていることでしょう。


 というわけで、、手術まえ、、ランニングで疲れちゃった山内壮馬投手が、、「おんぶしてよ~」と後輩にねだったシーン・・・






























 あぁ~しょうがないですねぇ~~。。。   とベンチまで運び、、、














 











 二人とも、、、へっとへと顔13・・・でしたっっ!!




  

Posted by 燃えドラ! at20:42
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月24日

10・24 秋の大運動会@宮崎

 台風襲来で、、、宮崎は試合中止が続いています・・。残念っっ。顔7


 では、今日は、先回の最後の写真が好評だった・・・ということで、、その続編をお届けいたしましょう。




 フェニックスリーグの試合後の練習のシメはランニングダッシュ でも選手にとってランニングは一番苦手(嫌い?)な種目です。ただし、一番大切なトレーニングなので、コーチも出来るだけ楽しく出来るように工夫してくれています。





 海岸についた選手たち、、海を見ながら気合をいれます。























 さぁ、、、「おんぶ競争」の始まりですっ。 これは、2人1組になって途中で上と下が入れ替わって走るというリレー競争。なので、誰とペアになるか?が、大きなポイントになります。



 まずは、体重が似通った2人がペアになりました。最軽量組は・・・





















 吉川だいき大幾&溝脇ミゾ隼人選手。  一方、重量組は・・





















 福田ふくちゃん永将&赤田龍一郎選手。。さすがこの二人は、めちゃ安定して速いっっ速いっっピューピュー!! で、、このペアも安定していましたよっっ・・




















 堂上なおちゃん直倫&赤坂さかす和幸選手。下半身が強い選手は、さすが速いですねっっ。  そんな中、なぜか体重差があるのにペアになっちゃったのが、、この二人だったのですねぇ・・・。






















 田中だいちゃん大輔&森越もりこ祐人選手組。。。なので、あんな「おもろい」顔になっちゃったのねっっ!!



 そして、、このペアは、顔で選ばれたのかいな?! イケメン組のふたり・・・























 岩崎ぷりんす恭平&松井みやび雅人選手組。 必死になっても、顔がくずれないっっ顔3







 そして、、宮崎で激しい打撃争いをしているライバルペア・・・背中にいる松井ゆーすけ佑介先輩に「はよはしれぇぇっっ!!」とプレシャーをかけられる古本たける武尊選手は・・足が空回り・・・























 あっっ、、、あぶないっっ顔13






















  ひっくりかえったぁあ~~~~っっパンチ









 ヤンドラ秋の大運動会、、でしたっキラキラ2

  





 追伸:ポンさんからの質問「周平選手の近況を・・」ですが、、23日から練習再開しました。まだ軽いランニング&素振り&キャッチボールですが。。。11月になればみんなと一緒に同じ練習に合流できると思います。心配ナッシングですグッド

  

Posted by 燃えドラ! at16:46
Comments(4)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月22日

10・21 フェニックスリーグ@宮崎

 ヤンドラの秋といえば、、教育リーグ、フェニックスリーグです。現在12球団+韓国チーム+四国アイランドリーグ選抜チームで宮崎で開催中です。


 2年間不甲斐ない成績だったこともあり、今年の宮崎は「猛特訓」がテーマ。試合後の練習に加え、夜8時過ぎから9時ごろまでの「やとく」と呼ばれる「夜間特訓」練習もしています。


 なので、、リーグ後半になってきた今、選手は結構ヘロヘロ 顔13。 予備日とよばれる日も「休み」ではなくしっかり練習をしていますので、、1日中休みという日は1日しかありませんでした。


 そんな中、後半から合流した平田良介選手は、元気満タン!! 合流日にいきなりホームランを放ち、しかも3安打猛打賞。シーズン後半調子を上げてきたそのままの勢いが、宮崎でも見られました。


 17日の試合は、横浜に先制され中盤で5点差。ところが、、、7回先頭の平田選手が2ベースで出塁すると、、あれよあれよという間に打線がつながり、、6-7に。8回に同点に追いつくと、、、9回裏、松井佑介選手がヒットで出塁、代走吉川だいき選手を1塁において、、バッターは平田選手・・・・



 振り切った打球はライトポール際フェンスへ飛んで~~  吉川だいき選手は一気にホームへ駆け抜けた~~~~っっダッシュダッシュダッシュ!!


  
   サヨナラ~~~!! 
























 ベンチから選手がどびだしたぁ~ピューピュー。   





  打った平田選手のこの笑顔グッドグッド・・・どうどうどう?!


























平田選手「谷繁さんから頭を使え、考えろといわれてますので、、配球やカウントや状況判断をして、狙った球がきたので思いっきり振り切ったらうまいこと打てましたッッオーケー



 密かに、11月に開催されるジャパン代表(小久保監督)を狙っている平田選手。いやぁ~頼もしい限りですね。




 


 興奮した試合後は、いつものようにランニングです。。どこで走ったかというと・・・球場から10分ほど森の中を進むと・・・目の前にみえたのは、、、なんと海岸~~。


 砂の上を走るのは、めちゃめちゃ足に負担がかかるため、下半身トレーニングには最適です。すごくキツイはずなのに、、劇的なサヨナラ勝ちでしたから、、、なんだか軽快


























 今日のMVPは・・・満面の笑みっっ顔11 足取りも軽い軽いっっダッシュ






 

















 ランニング→おんぶ競争→馬飛び競争などなど、、楽しい(厳しい)メニューをこなし、、球場を後にしたのは、、5時半ごろ。

























 選手はもう、「食べて寝る」ことしか出来ないくらいへっとへと。充実の秋ですよぉぉぉ@@


















   おまけ








 おんぶ競争でのひとコマ。。。。いい顔すぎ顔12でしょ キラキラ2   























 続きは次回・・・グッド




  

Posted by 燃えドラ! at12:30
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月17日

10・17 ヤンドラ@ナゴヤ球場

 谷繁新監督を迎え、改めて秋季練習が始まったナゴヤ球場。15日は新監督だけでなく、あのGMが球場にやってくるということで、、、朝から雰囲気がちがうっっ!!


 マスコミ陣が多いこともありましたが、、選手間の空気も・・・ピリピリ 顔13



 いやぁ~、存在感抜群ですなっっ。。。



 とはいえ、自分たちが練習するのは、監督のためでもなく、GMのためでもなく、自分のためですからねっ、2014年はもう始まっていますもの。



 フェニックスに参加していないヤンドラ、、、年齢的にいく?いかない?だった谷哲也選手は・・






















谷てっちゃん選手「僕はもう後が無い と思ってますから、、顔10。フェニックスも今年は人数が限られていたから、僕は行かないだろうと思ってた、、、自分でしっかりやらないとダメでしょう~。忘れてるかもしれないけど、僕、今年半分野球やってないんで・・顔7。」


 そうでした、そうでした、足骨折してました。。あと一つで開幕だって時に怪我しちゃったんですよね。。彼にとっては、まだまだシーズン中。休みはありませんぞよ。




 そして、、肘のリハビリで名古屋にいる中田ぶ~ちゃん亮二選手。元気いっぱい走っているのをみると、、痛みがあるとは思えないっ・・・・。ギリギリまでボールを追いかけますっっピューピュー























 めてフェニックスス不参加の堂上剛裕選手は・・・・






















堂上兄たけちゃん選手「相羽さん、この時期、名古屋にいた選手ってどんな練習してましたか?」

    ・・・ん~~、ずっとクライマックス出てて~、、試合やってたからねぇ・・・


堂上兄たけちゃん選手「あっ、そうかぁ~、そうですよね、、。顔10



 そうなんですよ、、10月に練習なんて、、なにやってたか忘れちゃいましたっっ。顔12 11月は朝から晩まで振り込む、振り込む、振り込む、走る走る走る、、ですけども・・・。



堂上兄たけちゃん選手「今年は春に肩を痛めて出鼻をくじかれちゃったんで、思うようなシーズンじゃなくって、、。肩をかばってたらいろいろ影響がきちゃって、、。まずはしっかり身体を治して、厳しい練習で自分をどんどん追い込めるようにやっていきたいです!!」




 たのもしいっっ。





 それから、、ヤンドラの親分?! この方は、、どこにいても大丈夫顔11






















 グラウンドの監督はキャッチャーといいますが、、ヤンドラの場合は、柳田しげおさんかもかも。。。やっぱり、ハンパない苦労もしてきただけあって、人間性も抜群グッド



山本昌さん「しげおは1軍で使い続ければ、絶対結果を出すタイプなんだけどね~。なにせチャンスが少なかったから・・・顔10



 と、大ベテランも一目置く選手なのです・・・。新監督にかわったわけですから、出番が再度生まれるチャンスはおおありよっっ。







   
 おまけ







 ヤンドラがフェニックスにいっていますが、、あれ??? なおみち選手、お留守番ですかっっ???
 














  

Posted by 燃えドラ! at06:16
Comments(2)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月15日

10・14 秋季練習はじまりました@ナゴヤ球場

 天高く馬肥ゆる。13日からナゴヤ球場で秋季練習が始まりました。お天気も良く連休中でしたから、たくさんのファンが見学に来てくれましたね~~。ありがたいことです矢印1



 ナゴヤ球場にいる選手は「ヤンドラ」というよりも、ベテラン組が多いので、10月は、疲れをとりながら軽く練習をするというパターン。なので、時間もそう長くありません。



 初日は、アップ→キャッチボール→3箇所ノック→4キロ走で、グラウンドでの練習は終了でした。






 ノックは、投手野手混ぜ混ぜで行いますが、、野手に混ざっても全くひけをとらないのが、、、
























 浅尾おうじ拓也投手ですね、ショートバウンド、イレギュラーでもらくらくキャッチ。もし野手だったのなら、広島の菊池選手のようになっていたかもしれません。。。フィールディングのよさはピカイチですもん。


 手術をした吉見一起&山内壮馬投手も投げはしませんが、ノックはうけられるので、しっかり身体を動かしています。






 そして~~~、、秋季練習恒例の締めランニングダッシュダッシュダッシュは・・・グラウンド10周(およそ4キロ)です。選手は皆さんの目の前を10回通過していきますから、運動会のようで、、応援にも力がはいりますよねっ顔2。バックネット裏からの声援は、選手の耳にしっかり届いていますよ。


 長距離走でいのは、、やはりこの選手!!


























大野雄大投手「3回連続トップゴールですよっっ!!顔11




 およそ4キロを15分で完走。大野投手は昨年秋キャンプ、春の自主トレ、そして今回と、4キロ走はずっと首位。馬力では誰にも負けません。今季完投は1度だけでしたが、もっとできるはず。沢村賞(完投できる優秀な先発投手に贈られる賞)目指してほしいものですね。





 というわけで、順位は、、日ごろ投手の方が走っているので、トップ6は、1位大野雄大、2位伊藤準規、3位吉見一起、4位岩田慎司、5位岡田俊哉、6位ゆうだい  という投手陣が上位を占めました。。


 



 


















 いつもなら、ここに中田賢一投手もはいるはずですが、、なにせ骨折明け ですからね。。無理はせず~~顔12。ただ、ここまで走れるということは、しっかり骨はついたということで、、、もう心配ありません。厳しい練習も、大丈夫ってことですよっっ矢印1






  で~~、、ビリッケツは、、、だれかな??







 高橋あきふみ投手と平田良介選手の最下位争いっっ。最後の1周であきふみ投手が追いつき、、同時にゴール。




 そんな彼らに、ファンは優しいっっ。苦しい彼らに精一杯の拍手と「頑張れ!」の声援をおくってくれたんです。ファンの声に応える平田選手~~~ハート3


























 走った後、この笑顔ですから、、大丈夫大丈夫。今季は終盤4番をはった選手。大阪桐蔭の後輩、中田翔選手(日ハム)や浅村選手(西武)が堂々を4番を打っているわけで、、、2014年の4番は俺だくらいになってほしいものです。







 ランニングで合同練習は終了。「おわり」の合図がないと、ファンは「まだあるの?」と待ってしまいます。・・というわけで、、終了挨拶を指名されたのが、、



























岡田俊哉投手「えっっ?ぼく?ダメだよこういうの、、、僕チキン(びびり)だし。。。えぇ~~」




 といいながらも、、、





岡田としや投手「今日のグラウンド練習はこれで終了です。明日も足を運んでください晴れ。ありがとうございました!キラキラ2























 




岡田投手「あぁ~~、はずかしいっっ顔10、今日寝れん~~」




 ピンチのマウンドで「ドヤ顔」するのと、こういう「照れ屋さん」とのギャップ。。女の子たちはこんな姿に胸キュンするんでしょうねぇ~~ハート3





 いろんな表情をみられるナゴヤ球場。時間のある時に、是非観にきてくださいねっっ顔2


  

Posted by 燃えドラ! at17:01
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月11日

10・11 新体制スタートだっ!

 新監督が決定しました!!


 今までグラウンドの監督だった谷繁元信選手が、いよいよ本物の監督(って失礼な言い方でごめんなさい)として、2014年がスタートします。



 10日の午前中に早速記者会見。




















谷繁新監督「強いチーム、負けない野球をしていきたい! この2年、ドラゴンズはポイントポイントの試合でも、普段と変わらない野球をしていた。もっと一丸となって向かっていく姿勢は必要だと思う。」



 ドラゴンズに来て12年、選手として「お前には負けたくない!」という気持ちでハンパない練習をしてきました。チームメイトでもライバルなんだ、自分のために家族のために頑張る!お友達球団ではいけないと・・・。



 その強い意志と積み上げてきた自信を、これからのドラゴンズの選手たちにいっぱい伝授していってほしいですねっっ。。




 そして、どんなチーム作りをしていくのか・・・という質問には・・・




谷繁新監督「地味なイメージかもしれないけど、守りの野球。極端に言えば、「ゼロ」に抑える野球。だからピッチャーをしっかり立て直したい」




 ・・・というわけで・・・・





 今年、谷繁さんに一番怒られた投手・・・に話をきいてみると・・・






















大野雄大投手「僕と武藤は、タニシゲさんに怒られたナンバー1と2ですよっっ。マウンドで「もうなげられんのか!」とか、ベンチに帰ると「出来るんなら最初っからやれ!」とか、、。」


武藤祐太投手「来年の僕の目標は、タニシゲさんに怒られないことですからっっ・・・顔3






 あの低い声で言われると、、、迫力あるわねぇ~顔13・・想像するに・・・。。。

 でも、そのおかげでしっかり二桁も勝つことができましたので、来年は15勝くらいいってもらいましょう~。






 そして、、エースの復活も重要ですよね。






















吉見一起投手「開幕投手はないっすよ・・・間に合いませんもん。。すみません~~顔7


 とは言うものの、もうボールを投げ始めていますし、、休まず毎日しっかりトレーニングメニューをこなしています。

吉見投手「ファームは考え方が甘いっ!もっと自分に厳しく、誰よりも練習するんだって気持ちをもたいないと、先輩を抜くことは出来ないよ。だって先輩はもっとやってんだもん。どんどんがひらくだけでしょ~・・」



 野球以外でも見習うべきことがいっぱいある彼がナゴヤ球場にいるわけですから、、どんどんその姿勢を盗んでいってほしいですね。





 エースの復活は勿論ですが、若手の台頭も望みたいところ・・・。今年のルーキーズは怪我が多く、思うようにできなかった悔しさがいっぱい。


 でもそれも経験。「失敗は成功のもと」って、当たり前すぎる言葉ではありますが、「失敗をどう生かすか」が重要なわけで・・・。


井上公志投手「来年は1軍に定着できるようになりたい。そのために何が必要か、この秋はストレートをもっと磨きたいと思います、スピードもキレもコントロールも・・・。

 足の怪我で2ヶ月ブランクがあいてしまったので、せっかくキャンプでやってきたものが「ゼロ」になってしまった。。本当に怪我だけはしないようにしたいですね!!」



浜田達郎投手「試合をしっかり作れるように、腕をしっかりふれるように、、頑張ります。フェニックスは僕にとっての本番ですから・・・。」
















 





 来年こそ、試合後にこんなWピースがみたいですねっっ!!






 もうひとり・・・ファンにとって心配な人がいますね・・・
























   賢一投手、お願いだから、、、どこにもいかないでぇぇぇ~~~~っっキラキラ2


  

Posted by 燃えドラ! at11:16
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2013年10月07日

10・7 キセキのラストゲーム

 例年ならば、フェニックスリーグ前に試合が組まれることもなく、1軍もクライマックスを控えている時期で、ナゴヤ球場はファームだけの練習期間になっているはずでした。



 でも、、、




 頑張った人たちには最後にご褒美が残されているものなんですね。




 10月3日、ナゴヤ球場では「トヨタ自動車」との練習試合が組まれていました。しかも、今年はクライマックスもなく、若手が1軍昇格になっていたため、華な投手陣がナゴヤ球場で練習している状況。


 でもって、前日に来年契約しないと言い渡された4人の選手・・・・。



  3つのキセキ キラキラ2 が重なって、ラストゲームが、4人の引退試合となったのです。





3回表、「ピッチャー浜田にかわりまして、ピッチャー清水」。。ファンのおおきな声援の中、マウンドに立った、清水げんさん昭信投手。























 レフトフライで最後のアウトをとると、なんとこの投手がマウンドに花束サクラ を持って駆け寄りました。























 鳥取のトレーニングにも一緒に連れて行ってもらい、とっても可愛がってもらった山本昌さんからの花束。。・・・ずっと笑顔だったげんさんが涙顔に・・。


 ベンチの仲間も、温かい拍手で迎えいれます。





 7回裏に、代打で登場したのは前田まえちゃん章宏選手。豪快なスイングで三振。その後はマスクを被り、、、ライトからの返球でセカンドランナーを本塁でアウトにしたブロックは、お見事でした。




 8回裏に代打ででてきた吉田りいち利一選手。





りいち選手「今日はでないよ。断ったもん。」




 と、試合が始まってから、関投手と一緒にしばらく客席で見ていたんですよ。でも、先輩たちから「最後だからでろ!」と背中をおされ、、、打席に立ちました。



 チャンスに強い彼らしく、初球をライトにクリーンヒット。強がっていた彼も、1塁ベース上で思わず汗・涙 2 がこぼれました・・・。





 最後の最後。9回表2アウトでマウンドに立ったのが、、関泣き虫けいすけ投手です。



関投手「アップもしてなくて、、ブルペンで、ぐるぐる肩を回して数球なげただけだった。もう肩も腕もれていいやっっ!って思って投げました。」


 その吹っ切った気持ちだけで投げたボールは・・・

















 





 なんと、145キロ!! 







 三振にしとめてマウンドを降り、、みんなの顔をみると、、またが出てきちゃいました・・。
























 先輩たち・・・みんなしい~。。









 試合後には、選手からみんなに花束が用意されていました。前ちゃんには同期・高橋あきふみ投手から、りいち選手にも同期・松井ゆうすけ選手から、関けいすけ投手には、同郷出身、憧れの浅尾たくや投手から、、、




























 涙なくしては見られない顔16。。







 最後には、4人全員の胴上げまで・・・
























 こんなお別れの儀式が出来たのも、実は、、、、



 吉見一起投手が「4人に花束をあげたいんだけど・・どうしたらいいかな?」と小林こばさん投手に持ちかけ、塚本コーチに相談。監督やマネージャーにお願いし、、そして、花束を贈呈する選手に交渉した・・・。




 3つのキセキが重なってできた、ラストゲーム。それができるなんて、なんて素敵なチームなのでしょう。



 野球の神様がくれた、すてきなご褒美。


  同じ時間を過ごせたことに、感謝・・・します。





  

Posted by 燃えドラ! at13:24
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

このページの先頭へ