2012年10月29日

10・29 フェニックスリーグならではの・・・

 宮崎フェニックスリーグは、少数精鋭で戦っています。前回書いたように、外野手の駒不足に加え、連戦続きなので、先発の人数もたりません。



 よって、日ごろ中継ぎで投げている投手が、先発に回ったりしています。この選手も、、、





















清水げんさん「先発で投げていた感覚を思い出しました。今年は怪我に病気にと、散々な1年だったので、来年こそ頑張りたいですね」



 この日は7回6安打2失点のナイスピッチングでした。




げんさん「今年1番いい投球ができました。スライダーとストレートが同じ腕の振りで出来たのが良かったと思います。」


 
 先輩の投球を見守る、、、三重県の後輩たち・・・・




















 この日はちょうど、げんさんの29歳の お誕生日でした。


げんさん「来年は20代最後なので、悔いのないよう、勝負の年にしたいです」




 ゲーム後、後輩が音頭をとって、‘ハッピーバースデー’を合唱。実は、関啓扶投手は、チームナンバーワンの‘おんちくん’。これが、ちょっとやそっとの音痴くんではなく、ものすご~くおもろい顔8音痴くんなのです。


 ベンチ前で合唱する投手陣・・・大爆笑です顔2


 いいお祝いになりましたねっっグッド






 投手陣はフェニックスも頑張りました。この秋の安定感ナンバーワンというと、、、






















 岡田俊哉投手です。




鈴木孝政監督「フェニックスの優秀賞は、岡田かもね。今まで2ボール0ストライクという、バッティングカウントばっかり投げて、攻められるばっかりだったけど、宮崎ではストライク先行で投げているもん。よくなったよ」



 益々、期待がかかります。そして、この投手も




















す~さん「僕はずーっと無失点ですよ。今年の夏までは、本当に投げ方がわかんなくなるくらい混乱してたけど、落ち着いてきました。

 僕が大切だと思っているのは、ボール球を要求された時に、いかにそこにボールを投げられるかなんです。カウント1-1は、バッティングカウントでしょ、そこから勝負に来るバッターに対して、いかにボール球を使ってすかせるか、、、駆け引き が面白いところなんです」



 来年は、1-1からどうやってバッテリーが勝負するかも注目しましょう。





 投手は、そこそこいい感じだったのですが、問題は野手ですわね。そう、安打数は多いのに、得点に結びつかないっっ顔10勝負に強くならなきゃダメなんです。


 ちょっとしたミスも、この試合を通じてでいかに少なくするか、、大切なこと。



 この写真は、ミスではありませんが、、ゴロGOでサードランナーがホームに突っ込むシーン。



















 

 残念ながら挟まっちゃいました。。。こういうことは良くあるシーン。でも、シーズン中いかに少なくするか、、、教育リーグでいっぱい経験しておきたいですね。







    おまけ






 宮崎ではいろんなグラウンドで試合をします。ベンチが狭かったり、設備が整っていなかったり、、、。ごみも極力出さないように、紙コップも使い捨てではなく、何度も使用します。よって、、みんな「MY CUP」印をつけるのですが・・・



   さて、だれのカップかわかりますか???















  

Posted by 燃えドラ! at13:36
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月25日

10・25 ちょっと息抜き in 宮崎

 宮崎フェニックスリーグにやってきました。毎年、雨中止になる日が必ずあるのに、ここまで一日もなし。しかも、予備日にほとんど練習試合をしていて、、頑張っていますよぉぉ~~。



 3週目って、一番疲れがたまってくるので、なんとか気持ちを奮い立たせるためにコーチたちも工夫します。そして、、、自分たちも、楽しみをみつけたりしてみます。。。



  たとえば・・・




 この日は、藤井淳志選手が、セカンドアップ前にキャッチャーノックに挑戦してみました。。。

















 身体能力抜群の彼ですから、、うまく出来るかと思いきや、、、






















赤坂和幸選手「ふぁぁ~~~~!!藤井さ~~ん、どこまでとばしてんですかぁぁぁ~~~」



 真上に上げる予定が、なんと外野まで飛んでいってしまいました。ここで柵越えしてどうするの??何度やっても、遠くに飛んでいってしまいます。



前田あきひろ選手「それじゃ、だめだよっっ。こうだって~~」






















 いつもノックをあげてもらっていますからね。一番近くでみているからわかるはず。バットをもって、フォームを見せます。



 すると、、、オレがやってみる!とバットを持ったのは・・・・










 







 岩崎達郎選手でした。。。これがうまいっっ。フォームも様になっていましたし、ボールうまいこと真上にあがるんです。


達郎選手「藤井さん、そのうち方は、なんどやってもばしますね~~~顔3。」



 真上に飛ばすのって、ほんと、難しいですからね。、、で、この写真を掲載しちゃおっかな~って藤井選手に言うと、、




藤井選手「え~~、僕のイメージが悪くなっちゃうじゃないですかぁ。僕さ、器用じゃないんですよ。だって、僕が何でスイッチヒッターになったか、知ってます??

 右ピッチャーのスライダーが打てなかったのでスイッチになったんですよ。もしもっと器用だったら、なってなかったですってっっ」



 え~~~~っっ顔8 こんなに何でもできる選手が器用じゃないなんてっっ。


 きの発言でした。。。とは言うものの、球技も陸上もなんでも人よりうんと優れているですよ。。。





 ちょっとしたお遊びタイムでした。。。。さて、、宮崎組は、外野手が藤井&赤坂和幸選手しかおらず、、、大変な状況。内野手がかわりばんこで守っています。。




















 高橋周平選手だったり、、森越もりこ祐人選手だったり、、、



















 岩崎恭平選手も守っています。



恭平選手「僕、フェンスにぶつかったとき、見えなかったんですよね。。でもちゃんととりましたからっっ」



 外野フェンスはホント、怖いですよ。凶器になりますから、、。気をつけないとね。そんなことがあったにもかかわらず、軽快に守っています。さすがです。






 宮崎から、笑顔第一弾をお届けいたしました~~~。





   

Posted by 燃えドラ! at07:48
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月22日

10・22 来年こそ!!

 いやぁ~、厳しい戦い炎でしたっっ。クライマックスシリーズ。悔しいっっ、けど、よく頑張りましたよねっ!ヤンドラ、大奮闘でした。



 でも、負けは負け。この悔しさを、これから生かしていけばいいんです。絶対、ジャイアンツには負ないぞっっとね。




 とにかく、負傷者が多くて、みなさん心配されたと思います。特に、ファイナル5戦目、先発の山内壮馬投手がマウンドで倒れこんだのは、、、ベンチもファンもビックリしたことでしょう。え~~っっ!?歩けないの顔13???




















  翌日の昼、ひょっこりナゴヤ球場に姿をあらわしたんですよっっ。


そうま投手「折れてませんよぉぉ~~。」


 病院で検査した結果、骨折ではないとわかり、ホッとしました。でも、ちょっと足を引きずって歩いていました。。。無理せず、しっかり治して欲しいですね。


 今年は初の二桁勝利。この写真は今季の初勝利をした翌日のもの。まだあどけない顔ですが、今年1年で顔つきがかなりかわりました。自信の表れでしょうね~~。頼もしいっ。来年も、もっともっと勝ってくださいっっ。




 クライマックスファイナルで、1軍にもどってきたこのひと。


















 高橋あきふみ投手は、ふがいない2年間を過ごしました。イライラすることも多かったと思いますが、ねあがる左足が戻ってきたのは、嬉しいですね。今季ほど中継ぎが重要だと思ったシーズンはありません。来年こそ、春からマウンドであばれてほしいですね。




 クライマックスでチームに帯同していたものの、出番はなかったのは、福田永将選手。



















福ちゃん「キャッチャーをやりたいですけど、どうなるかわかりません。」


 打撃をかわれ1軍入りをしていましたが、今後キャッチャーとしてやっていくのかどうか実はまだ決まっていない状態。選手の一番いい部分が発揮できるよう、願っています。






 怪我から復帰して、夏の終わり頃から調子をあげてきた岡田俊哉投手。











 









 目指すところは、もっと上。実はまもなくパパになります。



岡田投手「ちょっとフォームも変え、だんだんよくなってきました。来年こそ1軍で投げられるように頑張ります。もうすぐ子供も生まれるし・・・。かっこいいパパをみせたいもん・・・顔11



 もともと子供が大好き顔2。高校の社会学習で、保育所にいったくらいですから・・。オムツ変えに抱っこなんてお手のモノらしい。生まれくるお嬢ちゃまハート3のためにも、しっかり頑張ってもらいましょう。






 さて、ルーキーはというと、、、充実した1年を過ごした西川健太郎投手・・・・





















西川投手「1年、しかったです。今年の目標が‘怪我なく’だったんですけど、大きな怪我なく出来たのがよかったですね。小さいのはちょくちょくあったんですけど・・。


 コントロールとか、自分の投球ができるかって不安もあったんですが、思ったより出来たと思います。北陸で、初めて1軍で投げたとき、少し甘く入っても打ち損じてくれたのがあって、‘やれるかな?! ’って。



 あの1軍の経験があったから、ファームに下がってきた時に、試合に出るまでの準備、緊張感の持ち方など、しっかり出来るようになりました。以前より、もっと1軍に上がりたいっって思うようにもなったし・・・」




近藤真市投手コーチは「西川にはとにかく1軍はこういう空気なんだ、こうやって準備するんだぞってわかってもらうだけでいい。経験が、いい練習に繋がって翌年の結果につながっていくんだからね。結果はどうだっていい」


 1軍にあげる前にこんな風に話していました。コーチの考えがしっかり選手に伝わっていますね。




 もうひとりルーキーいってみようっっ。











 







川崎貴弘投手「野球漬けの1年でした。もうちょっとうまくいくかな?って思っていたけど、、。もっと力が出せるかと思いました。」



 とはいうものの、ファームデビューは見事2奪三振キラキラ2。9月13日には初先発も経験しました。



川崎投手「ずっと先発したいって思っていて、、嬉しかったです顔2。少し自信もつきました。入団したとき、西川とか宋とか、、高卒ルーキーはライバルって思ったけど、その時だけで、、。途中から、自分は自分だって考えるようになりました。


 成長スピードって人によって違いますよね、、、。3年で1億っていう人もいるでしょうし、何年もかかるひとだって。どうなるかわからないですよねっっ顔11






 いい笑顔をみせてくれたヤンドラたち。次回は、宮崎から、笑顔(苦悩の形相?顔7)をお届けしましょう~~。



  

Posted by 燃えドラ! at21:19
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月18日

10・18 秋のシゴキが来年花咲く。

 いやぁ~、ヤンドラがんばりました!!クライマックスシリーズファイナル、第一戦。2年目大野雄大投手の力みまくり投球が巨人をビビらせ、元気な平田良介選手が勝ち越し打。


 スカ~~っ としました!!   このままの勢いで、日本シリーズまでいってほしいなぁ~~顔1





 こうやって、大舞台で力を発揮できるのも、日ごろの練習の賜物グッド特ににがむしゃらに踏ん張っておくと、一年後の秋に大きな花が咲くわけです。


 すぐに結果は出ませんが、努力は裏切りませんからね。



 というわけで、、、今回はヤンドラ地獄のノックシーンをお届けしましょう。






 3箇所に3~4人に分かれてのノックですが、この日はピッチャーとキャッチャーのみ。1-1から初めて、10-10まで、ノーミスならば1人当たり100球で終了するわけですが、チームの中の1人がミスをすると、全体責任、また最初の1-1から始まります。。。



 なので、、地獄のノックは毎回およそ時間くらいやっています。ノッカーによって、ちょっと優しい、普通、悪魔ちゃんに分かれるんですが、、



 このコーチは、、、というと、、

















 思いっきり、悪魔ちゃん。。。炎




今中コーチ「そこ!!あまいぞっっ!!とれるだろうっっ、!!あほかぁ~~~おまえぇぇ~~~っっ!!パンチやりなおしだぁぁぁぁっっ顔14







 最初はカメラ目線で余裕だったのに。。。



















   2時間後には、、、、




















 ズボンもどろどろ、叫ぶ、顔13田中大輔選手です。。。 そして、、、「腰がたかい~~っっ」とコーチの声が飛ぶ相手は、、、


















 今季ウエスタンリーグのセーブ王、小熊凌祐投手、、、必死です。。。。投手には、守備の苦手な選手もいますが、フィールディングがいいのは、、、彼。。。




















スタッフ「関は、結構いけるよね。ショートなんかにすると面白いかもなぁ~」


 とも言われていました。とても軽快なんですよ、、、。とにかくとりに行く。どんな形でも、くらいつくっっ。




















 どんな格好でも???  といっていると、、、名古屋名物が出現っっ、、、金のシャチホコっ!!


















 辻孟彦投手、えびぞってます顔8







  どろんこになった分だけ、絶対成長しますからねっっ矢印1 ヤンドラは秋が勝負。がんばりましょうっっ~~晴れ



  

Posted by 燃えドラ! at12:11
Comments(2)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月15日

10・15 プレイオフは

 名古屋ではクライマックスシリーズ真っ只中。宮崎ではフェニックスリーグ真っ只中。それぞれ目標をもって臨んでいます。


 シーズン終了して、今季1軍経験のあった選手なら、「クライマックスのベンチにはいるぞ!」がまずの目標でした。社会人との交流戦や宮崎での試合を経て、ヤクルトとの試合にのぞんだんです。



 シリーズに大きな目標をたてていた選手が、、、このひと。





















堂上剛裕選手「僕は、クライマックスシリーズのスタメンを今年の目標としてやってきたんで、どうしてもスタメンとりたいんですピューピュー!!」



 その強い思いが、第一戦の貴重なタイムリーに繋がったのかもしれませんね。




たけひろ選手「もし、スタメンじゃなかったら、今度は目標を ‘来年の開幕スタメン’に切り替えます!!」





 こうやって、どんどん前に目標を立てていくと、モチベーションをあげて矢印1矢印1頑張れるんでしょうね。来年の開幕前に、日本シリーズがあるかもしれませんから、そこでもスタメン出場してもらいたいですよね。






 お兄ちゃんとはすこし毛色が違う、なおみち選手はというと、、




堂上なおみち選手「いつもとそんなにわんない ですよ~。ベンチも試合中も、、、ん~~、観客の声が大きかったですねぇ~~顔2



















 ほんと、いつもマイペース。それが、正確な守備に繋がっているんでしょう。慌てないもの・・・グッド






 短期決戦は投手力がより重要になります。だから、ベテラン投手もベンチにはいりました。






















 久々の三瀬投手です。手術してリハビリを乗り越え、7月中旬から試合にマウンドに戻ってきました。昨年も苦しいときを救ってくれた三瀬投手、今回も頼みますよ。


 そして、頼もしいあさおうじも、、、、。まだ本来の躍動感ではありませんが、スピードもほぼ回復。第一戦でもピンチをすくってくれましたし、何より、顔つきがくなってきています。。。


  東京でも、たのみますよっっっ。






 登録されてはいないものの、帯同しているヤンドラもいるんです。。。





















松井佑介選手「ヤクルトとの第1戦で99%館山投手だろうということで左の野本さんが登録でしたよね。短期決戦はどうしても投手が多くベンチ入りからはずれていますけど、この先どうなるかわからないと言うことで、僕は東京にも帯同します。

 いつ呼ばれててもいいように、準備をしっかりしていきますよ矢印1




 短期決戦は、何が起こるかわからない、何が流れを変えるかわからない。若手の思い切りパンチはとても大切なんですよね、期待しましょう。






  ・・・・で・・・・





 ベンチ入りするかな?どうかな?って思っていましたが、残念ながらクライマックス1には呼ばれず、宮崎で頑張っているのが、、この選手




















中田ぶ~ちゃん亮二選手「クライマックス、あきらめていませんよっっ!顔9



 と、猛打賞を記録するなど、宮崎で大暴れ。ぶ~ちゃんの出場チャンスをもたらすためにも、なんとかファーストステージを突破してもらわないといけません。



 東京行きが決まる決戦は、いよいよ今夜炎 のるかそるか、ドームで、テレビで、ラジオで応援してくださいねっっ。びっくりびっくりびっくり






  

Posted by 燃えドラ! at10:17
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月11日

10・11 初めての・・・

 春は始まり、秋はさよならの季節、、、と、言いますが、、プロ野球はサヨナラこんにちはがやってくるんですね。



 先日、涙・涙汗・涙 2汗・涙 2汗・涙 2の引退セレモニーを行なった小笠原孝投手ですが、、、、



 なんと、翌日、もうナゴヤ球場に姿があるではありませんかっっ!!



鈴木孝政監督「孝らしいよね。すぐくる。もう、スパイクはかなくていいんだよな。でもアップシューズでバッティングピッチャーはできないよ」

小笠原ルーキーコーチ「そうなんですか?難しいですか?」

孝政監督「いぼいぼがついているものだったらまだいいかな。でも、アップシューズでやれるまで、3年かかるなぁ~~。顔12




 早速、今中コーチから指示をうけ、練習参加です。「ノック難しいっすねぇ~~顔13」と言いながらも頑張ってしましたし、先輩コーチのお手伝いも。。。。




















小笠原ルーキーコーチ「なにやっていいか、わかんないなぁ~~」


 彼の何でも一生懸命な姿をみてきた若手を教えるわけですから、、、そこにいるだけで大丈夫だと思います。




 めて、、、というと、、、





 韓国からやってきた、ルーキーソンサンフン投手が、10月4日から野手に転向しましたキラキラ2


















そん選手「前々からいろいろ言われていましたけど・・・。お父さんにも電話して相談して決めました。」

 
 10月3日の社会人との試合が最終登板でした。


そん選手「この登板が最後だといわれてたんで、、、。これからは、長距離砲になれるよう頑張ります!目標はイデホ選手です。」

 
 韓国代表にもなった、オリックスのイデホ選手。ものすごっくでっかい選手で、近くでみると威圧感たっぷりです。太ももが女性のお尻くらいあるんだもの、、、顔7


 そんな存在感のある打者に、なって欲しいですね♪ 



















そん選手「バットは、広島の岩本選手モデルです。イデホ選手のももらったんですけど、、長くて振れません・・・」

 
 既に手のひらはマメだらけ、、、


そん選手「体中痛いです。手首が痛くて、、思いっきり振れなくなってきちゃいました。。。」



 技術面も大変ですが、、初体験で最も難しかったことと言えば・・・・声だしです。試合前に選手が円陣を組んで気合を入れますよね。その声だし です。

 ピッチャーはやることがないし、初めて日本語でするってことは、何を言っていいかわからない。。そんな彼に、助っ人が・・・。


















 森越選手が、耳打ちしてくれました顔11。優しいっっハート3




そん選手「元気いっぱい頑張っていきましょう。」





 良く出来ましたびっくりびっくり




 何もかも新しい体験のそん選手をサポートする先輩は誰かというと、、、















 今中コーチにコツかれている、、、赤坂和幸選手です。彼も年間投手で過ごし、4年目に野手
に転向しましたから。。。いいお手本になってくれると思います。



 春には、キムチパワー炸裂してほしいですねっっ矢印1矢印1



 
  

Posted by 燃えドラ! at05:05
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月09日

10・8 いざ、宮崎へ。

 レギュラーシーズンが終了しました。。。勝負には負けましたが、泣いて顔16、笑って顔2、感動して、、素敵な引退試合になりましたね。


 先回ご紹介したとおり、英智選手の引退と、小笠原投手の引退。小笠原投手は、某球団からのオファーを断り、球団のスタッフとして残ることを決意したのです。


小笠原さん「野球を始めた息子(小3)が‘野球続けて ’、って。そうすると名古屋を離れるけどいい?ってきいたら、‘じゃあ、いい ’って。家族のことを考えてドラゴンズにお世話になることにしました。」


 そう、このブログを更新したその日に決めたことで、、発表はまだでしたから、微妙な表現しかできませんでした。



 もし、自分ひとりならばまだ現役にこだわっていたと思います。



小笠原さん「1軍も2軍も経験しているので、悩んでいたりする選手のいい相談相手になれると思います。」



 実は、彼は既にコーチングなどの本を読み、心理などの勉強をしていたんです。プロ野球選手はそれなりの技術を持って入ってきています。伸びるか、伸びないか、実力を出せるか出せないかは、気持ち次第。信頼の厚い、コーチになってくれることでしょう。






 さて、、若手はというと、、、





 いよいよ宮崎に出かけました!!1ヶ月近く出かけていますから、荷物もいっぱいです。























 まだクライマックスシリーズがあるため、当面はレギュラークラスが試合に出場、若手は練習ってことになるようです。

 


 出かける前のナゴヤ球場最終練習は、、1軍にいる若手も一緒にナゴヤ球場で汗を流しました。。。。





















 なおみち選手は、久しぶりのナゴヤ球場ですね~~顔11 今年は、1軍が当たり前のようになっていました。打撃はまだまだ課題が多いものの、守備は安心してみていられます。

 この日も、華麗にノックをうけていました。



 外野の松井佑介選手も内野に混ざってノック。。周平選手、、すっごく楽しそうですけど・・・いいことあった??





 ノックの〆、、、前原コーチがあげたフライをとった選手から終了です。みんないっせいにボールに走りこんでいきます。。。。



 勢い良く一番に走っていったのに、、、え???  え、え、えっっ顔8????






















 恭平選手、としてんじゃん!!  結局、ビリッけつになっていました、、、が・・・・・




















 早く終了した選手から、トンボを持ってグラウンド整備しているのに、あれ?この涼しい顔。。。これって、計算?  ビリは整備しなくて大丈夫なんて~~。。顔8 うまいこと、やるなぁ~。




 翌日移動し、その後9連戦なので、最後の練習はお昼には終了。ネットなど全て裏方さんと一緒に選手も片付けておしまいです。


 すると、、、藤井選手から、、、こんなお願いが・・・・






















藤井選手「あいばさ~ん、アキの後姿、撮ってくださよ~~。すごいですって。」



 なになにはてな??何がすごいんだ???言われるがままにとってみたのがこれ・・・・






















藤井選手「パッツパツでしょ~。これって、裸同然じゃねっ??おしりまるだしっぽくない?」

前田あき選手「ワンサイズ小さいのはいたんですよ~。変ですか?キツイとは思ったけど、、、」




 この日に荷物だしなので、宮崎で使うユニフォームはできるだけ使いたくない。(使っても夕方までには出来上がっていますが、飛行機の手持ち荷物になるので面倒なのよね~)


 

  後姿で語る前ちゃん。太ももぴったりは強くみえて、悪くないですけどねっオーケー。皆さん、いかがですか??


   

Posted by 燃えドラ! at10:12
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2012年10月04日

10・4 それぞれの道へ・・・

 サヨナラの季節。。。でも、それは新しい始まり かもしれません。





 来年の契約を結ばない選手が発表され、皆さんナゴヤ球場に挨拶にやってきました。とはいえ、トライアウトを受ける選手、決めかねている選手、別の道を選択するだろう選手、、、まだみんなと一緒に練習に参加しています。



 ファーム最終戦で2打席連続ホームランを放ち、逆転に導いた育成加藤聡選手。




















加藤選手「一応トライアウトを受けますよ。けじめで、、、。でも、どうするかわかんない。」


 3年の契約のあと、今年は1年の育成契約でした。今年に限っては最初に結果が出ず、悩んでいました。。終盤に猛チャージをしたんですけどね、、なにか足りなかったのでしょう・・・・。

 「育成」の方向性がはっきりしている球団で出来るともっと伸びる選手だと思うんですけどねっっ、、。





 高島祥平投手。元気モノで、強気くん。同期入団組で一番に1軍にあがった選手でした。。。




















伊藤準規投手「同期でいっちゃうのはな~。。つらいですよ顔7。小熊と3人で、登板する夢もなくなっちゃいましたよね。セットアッパーが抜けちゃう、、、。もう完投しないといけませんね。」


高島投手「神宮でじゅんきが投げるとき、ブルペンの近くにいって、野次ってやる!!顔3



 なんて、ベンチで笑って話していましたが、、、10月2日の事務所に行った日は、、かなり落ち込んでいました。


高島投手「キャプテンマークまでつけてたアイスホッケーをやめてまで、野球に専念してやってきた10数年間が、事務所の部屋に入って30秒でおしまいなんですよ。‘来年は契約しないから’って。

 去年からもう覚悟してやってきたんですけどね。だから球団事務所に行けといわれた時点でわかっていましたし、その時は何を言われても平気だと思っていました。

 でも、実際そういわれて、あんまり泣かない僕がきそうになって、、、。帰りの車の運転、マジやばかったです。こういう時に限って、原付がうろうろ走っていたりするんだもん、、、ぶつかりそうになっちゃった、、、。あ~やっぱり、ショックだなぁ~~って。

 でも、僕まだ若いし、やるかやらないか、トライアウト受けてから考えます。」




 初めての1軍マウンドは、アウトがとれず、何をやっているのか、頭が真っ白になっちゃいました。落合監督が始めてマウンドまで行ったと言う・・・(それまで一度も落合さんがマウンドに行くことはなかったんです)



高島投手「‘おい、高校生なにやってんだっ’って言われたことしか覚えてないっ。気づいたら翌朝だった、、」



 ほんと、みていてハラハラしながらも、応援したくなる選手でした。どこかで見られるといいなぁ・・・。






 そして、、既にオファーのある選手もちらほら、、、、

















久本祐一投手「ちゃんと決まったら、いいますって~~。」


 今も毎日元気にグラウンドで走り、ブルペンで投げています。左の中継ぎはどの球団だって欲しい投手です。こういうとき、「左利き」って得だな~って思います。


久本投手「どこでかわるか、何がチャンスかわかんないですもんね。

 そうそう、僕が、ここに入団した時の初めてのキャンプで、、初めて1軍ブルペンで投げるときに、受けてくれたのが谷繁さんだったんですよ。

 谷繁さんも、横浜からFAで来たばかりだったんで、テレビやカメラマンさんがいっぱいいて、、めっちゃ緊張した ことが思い出ですね。。新人が始めてなげるのに、、谷繁さんですよっっ。そりゃないっす、、、たまらんく緊張した!!」



 
 
 来年から、怖い相手になるかもしれませんね・・・・。





 斉藤信介投手はというと、、、




斉藤投手「僕、30歳なんで、、いろいろ考えますね。これがチャンスで何かを始めるならちょうどいい年齢かなぁー。」


 彼は、進学校出身、勉強好き で龍谷大学からNTTを経てドラゴンズに入団しています。高校時代の偏差値「69」という、それって、すごい頭のよさです。。野球選手でなかったら、今、たぶん企業のリーダーになっているでしょう。



 こんな彼のことを球団代表もすごくほめていたそうです。




鈴木孝政監督「昨日、代表と話してて、信介の話になったんだけど、、戦力外通告の時に、‘編成部長や社長たちと対等に話が出来るすごいやつだ’、斉藤は頭いい!っていってた。。信介が付け上がるといけないから、‘そうでもないですよ’って、釘をさしておいたから・・・。」 


斉藤投手「え~~~っっ、顔8そこでもう一押し、お願いしますよっっ」



 キチンと人の話を聞いて理解して対処できる選手です。怪我で泣かされてきましたが、、この先、どういう道を選択するのか楽しみにしたいと思います・・・。





 ベテランは、どうなるのかしら?!


















金剛弘樹投手「僕は続けますからっっ。。」


 ファームのセーブ王といえば、金剛くん。それくらいしっかり抑えてくれる投手でした。今季の始め頃も、某チームから声がかかっていたんですけどね。。お互いのチーム事情がかみ合わなかったのでしょう。

 まだ、できるはずです!





平井正史投手「いや、これは相手があることだから、、ねぇ~、僕が希望してもねぇぇ~、ま、船に乗っていることはないから・・・」



 平井投手は愛媛の離島出身、、、船舶の免許をもっているんです。でも、魚釣りはいつでも出来ますが、プロ野球選手は、期限があります。納得いくまでやって欲しいですね。





 35歳のベテラン小笠原孝投手。。試合をつくれる貴重な左腕ですが、ここ数年起用チャンスに恵まれませんでした。でも、決して腐らず、良く走り、良く投げ、若手の見本になってきました。


















 けっこう、引く手あまたのよう。。ですよっっ。ウワサですが、、、。




小笠原投手「自分の一番いい選択をしたいと思います。」


 周りがいろいろ言いますが、、、自分の人生ですものね。自分にとって、家族にとって一番幸せな道に進んでください。。




   ・・・そして・・・




 先日、引退を発表した英智選手は、、、



















 本当に若い選手に慕われていましたよね。。。毎年、春のキャンプ、読谷での牛パーティーでは、、



ひでのり選手「僕は、読谷の皆様に育てられてきました。読谷のためにがんばります!!」


 なんていっていました。言葉がうまい、たとえがうまいだけでなく、相手のを掴むのがうまいし、いつも真剣に相手に接してきました。


 ここ数年、膝の痛みと肩の怪我に悩み、自主トレからすごく気を遣って練習をしてきました。レギュラーとしてトップになれないなら、何か一つ一番になろう!と、必死でした。



 グラウンドから離れシーズンがおわると、子供たちに野球用具を送ったり、学校のない国に、資金を集めて寄付したり、自分がこうして野球ができるのは本当に幸せなことだと、困っている人を助けることを率先してやってきました。


 何にでも一生懸命。その姿を若手がきっと受け継いでくれると信じています。



 明日、5日、ナゴヤドームの最終戦は、ひでのり選手の引退試合です。彼の懸命なプレーを是非、目に焼き付けてください。そして、めいっぱい声援をおくってあげてください。



 満員のナゴヤドームで、ひでのり選手の花道を飾ってあげてほしいと、心から願っています。
 


  

Posted by 燃えドラ! at17:01
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

このページの先頭へ