2011年10月31日

10,31 中川裕貴・引退試合

 毎年、この季節は心が痛みます。戦力外の通知が流れるからです。


 誰だっていつかはプロ野球選手を辞めるときがきます。その理由もさまざまですが、十分戦ったうえでの年齢による体力の限界が一番幸せな形でしょう。

 幼い頃から夢を持って、努力して、周りの友達が遊んでいる時間を惜しんで練習した結果、選ばれた人間だけがプロに入団できる、本当に狭き門です。


 しかし、入団できた喜びはつかの間、そのあとが大変です。自分が一番だった世界から、全員が一番の中にはいっていくのですから、、「プロ」ってこんなにすごいの?マジ?って、ほとんどの選手が打ちのめされます。


 気持ちを切り替えて、練習に練習に練習を重ね、、、ようやく「プロの練習」についていける体力がつき、精神力が鍛えられ、ほんの一握り だけが1軍ベンチ、、レギュラーなんて、、、氷山の一角ですよ。ほんと。



    それも



 怪我のない健康な体だからできること。



 今年10月23日、中川裕貴選手が戦力外通告を受けました。リハビリに耐えた8年間でした。


 2003年のドラフト1位で入団。「子供たちの目標にされる選手になりたいです」と、中京高校から元気良く入団しました。

 
 皆さんもご存知の通り、怪我に泣かされてきました。まずは微熱が治まらず「鼻」の手術。同期からちょっと出遅れました。しかし、もともとセンスのある選手ですから、、2006年の最終戦に1軍初昇格したのです。さぁ、これからだっ!!て時、、、


 2007年沖縄キャンプ中、送球した際に右肩が抜けてしまいました。


「やばいっっ、、痛いぞおぉぉぉ~、でも、大丈夫かも??」


 と、練習を続けましたが、なんともならず、、、。腕がしびれ、、冷や汗がずずず~~と流れたそうです。



 リハビリを続けたものの、オフに手術に踏み切りました。そして翌年8月にファーム復帰。もう後がない!!懸命でした。
















 2009年6月、肩の調子もよくなり、3年ぶりに1軍昇格、です。 ベンチからハニカミながら、、いえぇ~~ってVサインで出てきました。見ているほうも「ホッと」した瞬間です。
 
 その後、6月27日に嬉しいプロ初ヒット、ドームでの練習も生き生きしていました。
















 2010年6月5日には、ロッテとの交流戦で吉見投手が投げた初球ストレートを、左中間に見事にホームラン! 頬を高揚させてベンチに帰ってきた姿が印象的でした。


 クライマックスでもベンチにはいり、、来年こそレギュラーとりか?と期待されたのですが、、実は、もうこの頃には「腰」が限界にきていたのです。




 いろいろな病院に通いました。コルセットも作りました。でも、何がわるいのか原因もつかめず、、、。野球をするどころか、座っていること、真っ直ぐ寝ることすら難しくなっていたのです。


 沖縄キャンプは、早々に「プレハブ組」(リハビリ施設)山本昌投手や高橋あきふみ投手もいたので、勇気づけてもらっていました。



 地道なリハビリ、、頑張ってもなにをやっても、一向に痛みは消えない。どうなるのだろう。焦りと不安でいっぱいになりました。6月ネクストバッターサークルにたったのが、ファンにみせた最後のユニフォーム姿になってしまったかもしれません。


 8月初旬「相羽さん、もう、だめだわ・・。」と、ぽつりと、、漏らしました。あんなに頑張ってきたのに、「ダメ」とつい口からでてしまった。そこで「頑張れ」とはかえせませんでした。



 監督をはじめ、コーチ、スタッフ、トレーナー、そして周りの仲間が彼の努力を見てましたし、苦悩も知り、何とかしてあげたい、いままで一緒に戦ってきたのだから、、、。。その気持ちがここに現れたのです。















 宮崎で開催された日本選手権のベンチに、、中川ユニフォームが掲げられていたのです。ナゴヤ球場のウエスタン優勝決定戦も、そうでした。


中川「谷が、ユニフォームをかしてっていうから、、。僕、死んでないけど、嬉しかったですよ。このビジター用は、今年一回も着てないなぁ~。ビニールに入ったままだった、、」





 中川選手は入団前、後輩たちを前にこんなスピーチをしたことがあります。

「練習は人の見ていないところでどれだけやれるかが重要。野球は9人だけでなく、ベンチも一緒にみんなでするもの。相手の気持ちを考えれば、チームワークも生まれる」・・と。。。



 一緒に戦って、日本一に輝きました。。。そして1軍も、同期の選手がベンチにはいり優勝しました。



中川選手「ぼくら同期は仲がいいんですよ。優勝おめでとうってタケ(堂上剛裕選手)にメールしたら、‘ありがとう、まだCSもあるから、まってるよ’って返ってきた。僕が出られるわけないのに。お兄ちゃんは優しいよ~。泣きそうだった」



 がんばったけど、限界。一度はトライアウトを受けようと、バッティング練習もはじめたんです。速く走ることも可能になって、「今、50メートル6秒フラットですよ~、5、8にはしたいなぁ~」って言っていたくらいでした。














 しかし、23日とうとう戦力外を通告されました。、覚悟していたこととはいえ、一日考えました。「もうを飲まなくていいんだから、いいんじゃない?!」奥様に言われました。




 「野球やめます」。  




 これが応えでした。そして、、ナゴヤ球場に残留している選手とスタッフが、「中川裕貴引退試合」を用意してくれたのです。といっても、シート打撃式のフリーバッティングをするというものでしたが。

 
 先発長峰、中継ぎ斉藤、クローザー金剛。外野で守るのは、朝倉&小笠原&スタッフ、、、、というメンバー。


 「ボールが前にとばない~~~」  やはり、ずっと生きたボールを見ていないので、、ファールばかりになってしまいます。。


     、、、が、、、



 そこは センス抜群の彼。。中距離打者らしい、ライナーが外野に飛んでいきました。みてやってください。プロ初安打より、ホームランより、嬉しそうなこの顔顔2















 ヒット3本で終了。仲間に8年分の思いを込めて胴上げしてもらいました。

 

 「生まれて初めて胴上げしてもらいました。8年だから8回って。あ~、悔いはのこるけど、納得してます」。




 プロ8年。周りの協力、家族の助け、球団の愛情があってここまで頑張れました。もちろん、本人の心が折れなかったから、ここまで頑張れたんですけどね。


 今年は、少年野球から一緒にプレーしてお世話になった先輩、ソフトバンクの松田宣浩選手がブレイクしました。怪我さえなければ、自分もこんなんだったかもしれない。リハビリする自分がさぞかし、もどかしかったことでしょう。


 でも、プロ野球だけが人生ではありません。これからの方が長いんです。リハビリの8年が財産になる日が来ます。いつかまたドラゴンズの仲間、プロ野球を夢みる少年たちのために頑張ってくれると、信じています。


  



 高校時代の中川裕貴選手の言葉です・・・


 「僕の夢はプロ野球選手になること。でももうひとつ夢があります、少年野球とか中学の野球部とか。子供たちを教えたいんです」。


 





 




    

        第二の人生に・・・あれ・・・。









   

Posted by 燃えドラ! at09:01
Comments(11)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月27日

10・27 試合の裏では?山の練習はめちゃキツイッ!!

 宮崎です!!南国でもさすがに日本選手権のころよりは、気温が低くなってきました。朝晩は、ジャンパーが必要になります。



 今週のフェニックスリーグは、1軍メンバーがクライマックスの調整にきているため、ファーム選手は練習だけになったり、空いている球場で、フェニックス以外の試合を組むことになります。



 26日は、巨人も1軍選手が合流しているため、あいている球場で練習試合を行ないました。



 フェニックスリーグにスタッフが出向いているので、、、グラウンド整備、ボール拾い、審判など、選手やバッティングピッチャー、マネージャーがつめることに。



伊藤準規投手「ボールボーイってどうすればいいんだ?ぼく、ボール拾いもやったことないし・・・顔10



 そうなんです。プロに入ってくるような選手は、裏方仕事なんて経験無い人がほとんど。



準規投手「だって、スコアだって、プロにはいってから覚えましたもん」


 試合に出ているから、スコアなんて書いたことないですよね。だから見てわかるんだけど、書けない選手結構いるんですよ。



 というわけで、、試合前のグラウンド整備は、投手陣が一気にトンボをもって、内野を綺麗にします。シートノック終了を待っている間に・・・・

 「一緒にんでみるから、とってくださいよ~~、、せーのっっ」とお願いされたのがこれ、、、













 

 矢地健人&大野雄大投手です。。。練習もなんでも楽しくやらなきゃ!! ちょっときれちゃいましたけど、、。試合ではみられないおちゃめな姿ですね。




 頑張る選手の練習を見に来ていた、、、かわいい応援団















ちびっこ軍団「あ~~、しゃしんとってる~~、みせてぇーみせてぇー、ぼくもうつしてよぉぉぉーーー」



  この後、ちびっ子軍団に囲まれて大変なことになってしまいました、、、






 さて、試合は、、、


 なんと巨人に1安打に封じ込められてしまいました。あぁぁぁぁ~~。でも、ドラゴンズの岡田俊哉投手が思い切りのいい投球をしましたよ。2イニング6人で簡単にかたずけたのは、見事でした。



岡田投手「そりゃ、宮崎でかわろう!と強い気持ちできましたからっ! 食べることも、野球も、プライベートも一生懸命ですよっっ」



 目がキラキラキラキラ2




 なにかをつかみかけたようですね。同期の小川投手が1軍で投げたことも大きな刺激になったと思います。今までとは違いますよ。名古屋で成長を見せてくれると思います。




 ちょっとふがいない試合だったため、、、この後の練習がきつかったっっ!!




 球場の裏に、都合のいいことに(選手にとっては最悪なことに)、300段以上の石の階段があったわけです。。。


 巨人選手もそこで駆け上りをするというので、、ヤンドラもそこでダッシュをやらされました。。。




 最初の1本から、、、ひゃぁ~~~の声。2本目でもう、、、フラフラです。。。















赤坂和幸選手「もうだめだぁ=、足が、、足が、、、あがらん~~~うぉぉぉ~~~~」




 隣のレーン(っていうのか?)をジャイアンツ選手が少し短い距離をダッシュしていきます。しかし、100段以上多いヤンドラ、、、イケメン岩崎恭平選手も「もう、顔がつくれません~~~~」と、ぜーぜーで登っていきます。。




 でも、階段って、実は上るより、くだりのほうが足腰にくるってご存知ですか??特に重量のある選手はめちゃめちゃキツイ。















 お~~、正面を向いて歩けなくなっている、、中田ぶ~ちゃん亮二選手です。「こ、こ、こえ、、、も、でません、、、」




 少しでも楽をしようと、、、こんなこともしてみます。












 


 小学校の校舎でやった覚えが、、お尻で手すりを滑っていくのです。。。前ちゃんうまいっ





    しんどい宮崎の練習は、まだまだ続きますよ 顔13





  

Posted by 燃えドラ! at19:28
Comments(2)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月27日

10.24 まだまだ続く・・・元気ですよ~♪

 リーグ戦も終了、ちょっと一息ついているファンも多いことと思います。


 でも、宮崎では、ヤンドラが元気に頑張っています。今週はレギュラークラスご一同様も宮崎に集合しますから、一気ににぎやかになりますね。


 ヤンドラ元気筆頭といえば、、、この選手。














 ルーキーだいき選手が、股割りをしながらボール拾いをしているんです。グラウンドをならすためにトンボを掛けているときも、またわりしながら前進していました。



井上一樹監督「おいおい、だいき!! まるで星飛馬みたいなやっちゃなぁ~顔8 」


 
 嬉しそうに見守っています。



井上監督「アイツをみていると、もっとしごきたくなっちゃうんだな~。一生懸命声だしてやるだろっ、、こっちも力がはいるよ。」



 やはり、素直であることは伸びる要素のひとつ。周りに好かれる事も大切です。



 一生懸命さでは、この選手だって負けませんよ。













 野本圭選手と谷哲也選手です。野本選手は、褒めれば褒めるだけ、どんどん登っていきます。みなさんのの声援をそのまま受け止めるので、おもいっきり応援してあげてくださいな。



 谷選手は、、、レギュラーシーズン最後の最後に昇格しました。



谷選手「143試合目ですよ!143。胴上げは参加できなかったけど、僕のシーズンはおわっていませんから~~」



 と、144試合目に、プロ初安打を放ちました!! おめでとう===!! まだまだCSありますから、出場目差してファイトです。




 東京ドーム3連戦で、優勝が決まると思っていたのに、そこで決められず、、、月曜日に宮崎に送られてしまった残念な選手は・・・













 中田ぶ~ちゃん亮二選手です。巨人3連戦は、登録抹消されても胴上げに参加させてあげたいと帯同していたんですよね。でも、、決められず、、、残念ながら宮崎に送られてしまったのです。



 この写真は、ナゴヤドーム10連戦中。バント練習をしていたときのもの。「うてぇ==ん」と嘆きながら、、、バント練習。バントしたボールを身体に当てて、下にあるかごにいれていました。

 瞬間映像が、うまいこととれたので、、掲載してしまいました~~~。



 で、、打っていた選手というのは、、、













 今年もなかよく、堂上兄弟でビールかけに参加していましたね。この楽しみをもういちど・・・ですキラキラ2






 おまけ




 先輩~~、お世話になります~~~☆










 今年、楽天との交流戦が2戦ともに、雨で中止になってしまいました。宮崎でも、、1試合雨で流しています。。。もしかして、、仁村薫監督・・・雨男ですかぁ???

  

Posted by 燃えドラ! at12:11
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月20日

10・20 親子で優勝・おめでとう♪さぁ、次は?

 見事な連覇ドラゴンズ最強時代がやってきました。さぁ、この勢いにドンドン若手ものし上がっていかないといけません。



 10月10日から、ファームは宮崎でフェニックスリーグ戦を戦っています。宮崎県内の球場といえども、宮崎はひろい~~~。



 宮崎市内から、北も南も、電車で時間以上?かかる球場だってあるんですから・・・顔7そう、初戦が行なわれたこの球場も、、、2時間近くかかってしまうのですよ・・・・











  「かつお・まぐろ・みかんのまち・日南市」・・・とボードに出ていますが、、西武がキャンプを行なっている日南の南郷球場です。



 なぁ~~~んも、ないじゃん! え~~~っっ、、ここですかぁ~~~?? 山の中にあった球場は、「野球にだけ専念してください!!」ってところでした。


 雑念もなくできるわね、、ここならね。。。。プロ野球選手にとっては、ご飯もおいしい ひつまぶし ので、いい環境でしょう。




 さて、初戦の先発は2年目の小川龍也投手でした。5回2失点勝利投手になりましたが、、、反省点もいっぱい。



小川投手「ちょっと、前に突っ込みすぎちゃって、、、。4回からよくなっていきたんで、もっとなげこみした方が、肩の感触がよくなると思っています。宮崎ではそれを課題にやっていきたいですね。」













  と、小林コーチに腰をもたれながら、フォームの矯正中です。




 そんな小川投手は、1年目の関啓扶投手に先輩として優しくアドバイス。。。。














小川投手「もったいないですよ~。すごくいい球もっているのに、まだ発揮できていないんだから。いろいろ言われて混乱中って思うけど、、、。来年はやると思いますよ~。」



  お~~、心強い先輩です顔1




 フェニックスリーグは、12球団プラス、韓国球団と独立リーグのセンバツチームが対戦するので、いろんな選手がみられ、面白い。


 この日は、巨人戦となりました。日本選手権で対戦かも??って言われていたのにね。。メンバー交換の時に審判からルール説明を受けます。













川相監督「そうね~、日ハムを追いかけたんだけど、追いつけなかったなぁー。ことしの交流戦で、ドラゴンズに大勝したけど、それがドラゴンズが優勝するきっかけの試合だったみたいだね。大負けしても、それ
原動力にした井上監督は、すごいねーー」




 そして、この試合は、ヤングジャイアンツが、エラー&エラー&エラーで、、ドラゴンズが快勝しました。しかし、、、井上監督の試合後の顔は、、、、










 


井上一樹監督「相手のエラーで、笑ってた選手いるだろ、、、。お前はそこまで出来る選手なのか?自分には絶対無いといえるのか? 人の振り見て、、、って言うだろう。


 どうしたらそうならないか、ならないようにするか。きちんと戒めろ。でも、ミスがいけないといっているわけではない。臆病になっておかした迷いのミスと、積極的にいってそれでもおこったミスかで、大きく違う。


 もっと前向きに。迷ったら走る、迷ったら振る、どんどんいってくれ!!」





 勝っても反省。負けても反省・・・そうやって、どんどん大きく成長していくんです、選手としても、人間としても。




 11月2日から、クライマックス第2ステージが始まります。 ヤンドラだってチャンス!! 


 もっともっと、、上を目差して GOピュー GOピュー GOピュー




   

Posted by 燃えドラ! at10:35
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月17日

10.17 笑顔&笑顔&笑顔

 いやぁ~、親子で優勝?!・・・こりゃ、親子で日本一かもかも?!?


 とっておきの笑顔を、お見せいたしましょう顔2



 日本一になる試合前、実はこんなシーンも・・・。















 うわっ、、と思うかもしれませんが、、、いやいや、井上監督が決しておこっているわけではありませんよ==。だいきぃぃちゃんとしろよ=。おまえぇ~~。。。


 って、表からみれば、笑顔なのでした。。。




 では、本物の笑顔を・・・




 日本一に決定、胴上げも終わってから一旦選手はベンチに戻りました。そこで、優勝監督インタビューと、ヒーローインタビューを聞いていたのです。



アナウンサー「ホームランの手ごたえはどうでしたか?」
前田選手「完璧ですっっ!!」


ベンチ「うぉぉぉぉ~~~~!!」    の瞬間・・・・






















 素晴らしい笑顔でしょ~~~~♪




 そして、首位打者の柳田殖生選手が日本選手権に出場してくれたのも、大きな支えになりました。


















柳田しげお選手「まだまだ、クライマックスもありますし、諦めていませんよ。。。」






 そして、先発の大役を果たしたルーキー大野雄大投手。投げ終わったあとの、この引き締まった顔!!大舞台が似合うなぁ~~。

















 先日、念願の1軍マウンドに上がりましたね。ファームとの違いをまざまざと見せ付けられたと思います。でも、1回でも登板した経験で、来年のキャンプの過ごし方が変わってきます。

 日本一になった自信と悔しかった気持ち、練習すれば成長できるという確信をもって、もっともっと上にのし上がっていいってほしいですね晴れ







  

Posted by 燃えドラ! at09:21
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月13日

10.13 最後の6分間

 日本選手権シリーズ第2弾。



 先回は、試合前の様子をお届けいたしましたが、、、今回は、、試合最後、緊張の6分をお届けいたしましょう。



 4-0で迎えた8回裏、ピッチャーが、ルーキー大野→高橋あきふみ→矢地ときて、、ルーキー武藤投手にスイッチしました。



 ものすご===く緊張していたそうで、、「おえぇ~~」「ぐえぇ~」ってブルペンで吐きかけたほどだったとか。



 それもあって、いつものリズムで投げきれず、連打を浴び、ピンチを招いてしまいました。3年目の小熊投手に交代したものの、、ピンチは続き2失点。4-2になったところで、マウンドに井上監督が歩いていったのです。


井上監督「開き直れ!堂々といけ!」



 三振と、ショートゴロ(ルーキーだいき選手が頑張りました!)で3アウト。ひゃぁ~ここぞでしっかり投げきれましたね。




 さぁ、いよいよ9回の裏、セーブ王も獲得した金剛投手がマウンドに立ちました。ファーストゴロと三振で、2アウト。いよいよ胴上げかっ。



 このときの時刻は2時44分。ここからの6分間がドラマだったのです。



 いち早く飛び出そうと、、、みんなベンチの前に並んで、、いまかいまかっと、、前のめりピューピューピュー














        ・・・ところが・・・






 三振をとってゲーム終了かとおもいきや、振り逃げをされ、中嶋、西川の連打で1失点。2アウト3塁2塁で、一打サヨナラのピンチになってしまいました。




   え~~~~っっ!!     小林コーチが、マウンドに。。。















 前に出ていた選手はベンチにもどり、、、、展開を見守ります。















 絶体絶命。金剛投手が 炎 をこめ、投げたっっ!! 打ったっ、内野フライだっっ!! アキアキ?いや、、しげおぉぉぉ~~~~!!















 キャッチャーファールフライの位置を、、サードの柳田しげお選手がしっかりキャッチ!!日本一だ=====っっ!!















 

井上監督「最後はハラハラだったけど、良く頑張ってくれました。まるでドラマのようにわざと盛り上げてんの?って思ったくらい。正直腹くくりましたけどね。ここまで来たことがすごいことなんだと。でも、本当に踏ん張ってくれましたね。


 日本一になったけど、ファームだから、浮かれている場合じゃない。2軍で終わる選手たちじゃないから。今年1年続けてきたモチベーションをあげて試合に向かうこと。これで勝てたことは、今後の彼らの財産になるよ。」




 
 リーグ優勝より選手の人数は少なかったけれど、宮崎の空に晴れ 井上一樹監督の体が高く舞いました。





 次回は、、、とっておき、、日本選手権写真シリーズです。



  

Posted by 燃えドラ! at08:52
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月10日

10・10 ヤンドラ日本一です!

 やりましたぁ~~キラキラ2 日本一です!!



 10月8日、宮崎・サンマリンスタジアムで行なわれた、日本選手権で、イースタンリーグ覇者の日本ハムと戦いました。



 ご存知の通り、4-3 でヤンドラの勝利、見事日本一を勝ち取りました。


 相手のエラーで2点先制、前田章宏選手の犠打とホームランで2点を追加、4-0で楽勝??かとおもいきや、いやいや、そう簡単には勝たせてもらえませんでした。



 なんとか、勝利をもぎ取りましたが、、井上一樹監督は、前日練習から、もう勝利を確信していたそうです。
















井上監督「ずっと、とれるものはとっていくっていってきた。なりふりかまわず、とれるもんはとっていく。昨日のミーティングでも‘もう一度胴上げしてくれるか?’ってきくと、みんなではい!と。選手自身がやってくれると思うよ。」






 そして、先発の大野雄大投手ですが、、、朝一は、こんな穏やかな表情。もうちょっと緊張感あってもいいんじゃない?ってくらいでしょ?
















大野投手「僕自身は緊張していないと思っていましたけど、ブルペンに入って回りは‘顔がこわばってるぞ顔13’って言われてました。やっぱり緊張してたのかな??」



 この大舞台を負かされた大物ルーキー。将来は任せた!というチームの期待が伺えます。



 そして、そのルーキーをリードする前田章宏捕手は・・・















前田捕手「僕ができることはしれてますよ。大野さまさま、頑張ってくれると思うから。」




 さすが10年目、リラックスしてピッチャー陣をまとめてくれます。実は、、あとからスタッフにきいた話ですが、、ブルペンで大野投手が力みすぎていて、ワンバウンド投球が多くなってしまっていたそうで。。。ということは・・・試合前に、すでにあざだらけだったとか。。。



 そんな痛さを微塵もみせず、、、ホームランで打線もひっぱってくれた、頼もしい女房ですね。





 そして、、13時からの試合前に開会式です。選手がベンチに集合。こんな感じでした。
















 ピリッって緊張感が伝わります。





 さぁ、、はじまりです晴れオールスターゲームのように、選手ひとり一人が呼び出され、グラウンド登場!















藤井淳志選手「僕のスタメン復帰戦が、この大舞台ですよ~~。」




 あっちゃんには、大舞台が似合います。試合では、レーザービームで矢地投手を助けました。素晴らしいプレーキラキラ  でした!!



 
 さて、次回は、最後のドキドキの6分間 顔8を、、、お届けします。 お楽しみに・・・。  

Posted by 燃えドラ! at21:59
Comments(4)  |TrackBack(0)  |若ドラ

2011年10月07日

10・6 僕らも宮崎に乗り込みます!

 
 今週末、いよいよファーム日本一を決める戦いが行なわれます。



井上一樹監督「夏からまける気がしなかった。選手たちに、白星をとって当たり前の感覚にさせてもらえた」



 と、目いっぱいの賛辞をうけて、宮崎に出発です。



 井上監督が今年目差してきた野球は「のびのび楽しく、子供の頃の野球を思い出せ!」と言うものでした。



 よく口にしていた言葉は、「失敗したら、やり返せ!成功して上向くな!」ということ。いかに前向きにいけるか、心と体の準備をしておかないと1軍切符はもらえないということでした。




 ファーム全体にその気持ちは伝わり、全選手が元気に、鼻息荒く、練習&試合に取り組んできましたた、、、さぁ、その成果を出す時です!!



 といっても、ファームは一発勝負びっくり 一日なんですよね。


井上監督「その時の選手の体調にもよるけど、‘おいおい、そんなすごいプレーで来ちゃうの?顔12’ってのが出たほうが勝ちだよね。楽しみだなぁ~~」



 そう、この舞台に来たことが、すごいことなんですからね。。。目いっぱい、思いっきり、気持ちを前面に出して戦ってもらいたいものです。



 そんな舞台に、、、先発??   













 月曜日には、一軍練習にも合流し、森&近藤投手コーチにピッチングを見てもらった、大野雄大投手です。


大野雄大投手「思いっきりリキんで投げちゃいましたよ。アドレナリンでまくりましたぁ==。」


近藤コーチにきけば、、、


「お~、指にかかると、すごいいい球だったね~オーケーやっぱタダモノではない なっって感じ。春から考えると、ここまでよ~きたなっって。  制球力をもっとつければ、来年の目玉だねぇ~」



 急ぐことはないですから・・・。階段は一歩ずつ登ればいいですよねっ。ちなみにこの写真は、ノックで後逸したあとの、、、‘あっちゃぁ~’でした。





 そして、、中継ぎに、、この人も?!













 高橋聡文投手です。これも、ボールをそらして、、、わぁ~~~っっ、、、やっても~たっ顔8  の一瞬。投げるほうでは、、MAX148も出るようになりましたから、、ね。もしかして、、、日本シリーズ要員かもかも晴れ





 全治2ヶ月と言われた骨折なのに、、なんと1ヶ月で帰ってきたのは、、















 やはり、藤井淳志選手は、、動物?怪獣??サイボーグ?? めちゃめちゃ治りが早いのですチョキ 10月4日には、試合に途中出場、守備だけでなく打席にも立ちました。



藤井選手「まさか、この日にでられるとは・・。ほんと、トレーナーさんたちのおかげです。感謝感謝ですよ。日に日によくなって痛みもないし、心配もせずやれるようになり、手ごたえはありましたよ。

 もう、焦りはないです。自分を鍛える時間をしっかり取れたと思っています。‘怪我の功名 ’っていうんですかね。 これからは、チームの力になれるようにしないと。チームにプラスになれるようにね。」


某トレーナー「まぁ、藤井ならこれくらいの速さでしょう。僕たちは特に何もしていないですよ。アイツの‘やりたいオーラ ’を抑える役目だっただけですから・・・」




  なるほど、、、前進するために、停滞も大切ってことですね。 まずは宮崎、サンマリンで気持ちを爆発してもらいましょう~。




 
 さて、宮崎には合流しませんが、、一歩ずつ進歩しているのは・・・・














 キャッチボール再開です。こちらも、来年の秘密兵器、、、。一味違う健太投手が見られるに違いないっっ!!





    おまけ





 たけしコーチ、ニューファッションですか????
















   

Posted by 燃えドラ! at09:27
Comments(2)  |TrackBack(0)  |若ドラ

このページの先頭へ