2014年05月09日

5・9 社会人野球で交流

 前回、ベーブルース杯の試合の様子をお届けいたしました、、、、ので、今回は、グラウンド以外の模様をお伝えすることにいたしましょう。


 社会人野球は、高校野球のように、一日数試合開催されるので、インターバルはおよそ30分。それまでに裏でストレッチ&アップをし、試合終了と同時にグラウンドに出てキャッチボールを始めます。


 
というわけで、、



 試合終了直前は、ベンチ横にあるカメラマン席で待機しています。






















 人工芝が敷いてあるので、ちょうどストレッチするのに都合がいいですよね。。ここで、カメラの準備をしていると、、パヤノ投手から ‘写真とってっっ’ とリクエストが、



 隣に座っていた小林正投手にも‘いっしょにとってよ’とつっつき、、、






















 いい顔、ありがとうございます~~(^^♪




 社会人チームには、ヤンドラ選手の高校や大学時代の先輩がいっぱいいます。体育会系ですから、あいさつはとても重要。先輩から声をかけられたのは・・・・・













 







先輩「たけひろ、みたよ。この間めちゃめちゃデカいホームランうったろ=。すごかったなっっ矢印1
堂上お兄ちゃん剛裕選手「ありがとうございます顔2



 先輩、テレビ中継、ご覧いただいていたのですね。ありがとうございます~~グッド



 昨年まで、社会人独立リーグで戦っていた又吉投手も参加。ここで心と頭の整理がしっかりできたようです。

























 最短で1軍再昇格してくれましたので、、よかったですねオーケー




 さて、選手の中には、美しい基本に忠実なフォームと、個性的なフォームの選手がいます。なが~くしなる腕が真上から出てくる伊藤準規投手は、きれいなフォームの代表格。 長良川球場は高校時代のホームタウンです。























 max148キロも出て、着実にレベルアップしています。あとは、イニング数を増やしていく段階ですね。  一方、個性的なフォームの代表といえば、、くしゃくしゃ投法の鈴木す~さん義広投手。。後ろからみてみたら、、






















 軸がまっすぐ、下半身がこんなに低くなっているんですね。投手が‘いっぱい走る’理由がよくわかりました。こんなに踏ん張って、先発ならば100球以上投げるんですからね、、。同じように真似してみたら、、3球で太ももパンパンでした。。顔12










    おまけ









 高熱炎で二日間お休みをいただいていた周平選手が復活しました。4月30日にすでに38度の熱があり、病院で注射をうけ
翌日から試合にも出場していたのですが、、4日に「寒気がする」と熱をはかったら、、39.7分もあったらしい・・・


 タクシーで名古屋にもどり救急病院に行ったのに「どう戻ったか記憶がない」というのですから、、意識もうろうだったんですね。。


  でも、若いってすごい。二日後の夕方には、グラウンドに出て、軽くジョギング、ストレッチ、キャッチボール。屋内練習場でマシン打撃を始めていました。。体力あるなぁ~。矢印1























 キャッチボールの相手をしてくれたのは、、、






















岸本じゅんき投手「すごい強い球です・・。ピッチャーやったらどうですか?」
周平選手「できね~よっっパンチ





  元気になってよかったですねキラキラ2


  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at11:11
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t99243

この記事へのコメント

周平くんはいずれチャンスくるはず。またこれからがんばってほしい。

Posted by おれD at 2014年05月09日 15:46

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ