2013年10月11日

10・11 新体制スタートだっ!

 新監督が決定しました!!


 今までグラウンドの監督だった谷繁元信選手が、いよいよ本物の監督(って失礼な言い方でごめんなさい)として、2014年がスタートします。



 10日の午前中に早速記者会見。




















谷繁新監督「強いチーム、負けない野球をしていきたい! この2年、ドラゴンズはポイントポイントの試合でも、普段と変わらない野球をしていた。もっと一丸となって向かっていく姿勢は必要だと思う。」



 ドラゴンズに来て12年、選手として「お前には負けたくない!」という気持ちでハンパない練習をしてきました。チームメイトでもライバルなんだ、自分のために家族のために頑張る!お友達球団ではいけないと・・・。



 その強い意志と積み上げてきた自信を、これからのドラゴンズの選手たちにいっぱい伝授していってほしいですねっっ。。




 そして、どんなチーム作りをしていくのか・・・という質問には・・・




谷繁新監督「地味なイメージかもしれないけど、守りの野球。極端に言えば、「ゼロ」に抑える野球。だからピッチャーをしっかり立て直したい」




 ・・・というわけで・・・・





 今年、谷繁さんに一番怒られた投手・・・に話をきいてみると・・・






















大野雄大投手「僕と武藤は、タニシゲさんに怒られたナンバー1と2ですよっっ。マウンドで「もうなげられんのか!」とか、ベンチに帰ると「出来るんなら最初っからやれ!」とか、、。」


武藤祐太投手「来年の僕の目標は、タニシゲさんに怒られないことですからっっ・・・顔3






 あの低い声で言われると、、、迫力あるわねぇ~顔13・・想像するに・・・。。。

 でも、そのおかげでしっかり二桁も勝つことができましたので、来年は15勝くらいいってもらいましょう~。






 そして、、エースの復活も重要ですよね。






















吉見一起投手「開幕投手はないっすよ・・・間に合いませんもん。。すみません~~顔7


 とは言うものの、もうボールを投げ始めていますし、、休まず毎日しっかりトレーニングメニューをこなしています。

吉見投手「ファームは考え方が甘いっ!もっと自分に厳しく、誰よりも練習するんだって気持ちをもたいないと、先輩を抜くことは出来ないよ。だって先輩はもっとやってんだもん。どんどんがひらくだけでしょ~・・」



 野球以外でも見習うべきことがいっぱいある彼がナゴヤ球場にいるわけですから、、どんどんその姿勢を盗んでいってほしいですね。





 エースの復活は勿論ですが、若手の台頭も望みたいところ・・・。今年のルーキーズは怪我が多く、思うようにできなかった悔しさがいっぱい。


 でもそれも経験。「失敗は成功のもと」って、当たり前すぎる言葉ではありますが、「失敗をどう生かすか」が重要なわけで・・・。


井上公志投手「来年は1軍に定着できるようになりたい。そのために何が必要か、この秋はストレートをもっと磨きたいと思います、スピードもキレもコントロールも・・・。

 足の怪我で2ヶ月ブランクがあいてしまったので、せっかくキャンプでやってきたものが「ゼロ」になってしまった。。本当に怪我だけはしないようにしたいですね!!」



浜田達郎投手「試合をしっかり作れるように、腕をしっかりふれるように、、頑張ります。フェニックスは僕にとっての本番ですから・・・。」
















 





 来年こそ、試合後にこんなWピースがみたいですねっっ!!






 もうひとり・・・ファンにとって心配な人がいますね・・・
























   賢一投手、お願いだから、、、どこにもいかないでぇぇぇ~~~~っっキラキラ2


  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at11:16
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t94338

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ