2013年10月07日

10・7 キセキのラストゲーム

 例年ならば、フェニックスリーグ前に試合が組まれることもなく、1軍もクライマックスを控えている時期で、ナゴヤ球場はファームだけの練習期間になっているはずでした。



 でも、、、




 頑張った人たちには最後にご褒美が残されているものなんですね。




 10月3日、ナゴヤ球場では「トヨタ自動車」との練習試合が組まれていました。しかも、今年はクライマックスもなく、若手が1軍昇格になっていたため、華な投手陣がナゴヤ球場で練習している状況。


 でもって、前日に来年契約しないと言い渡された4人の選手・・・・。



  3つのキセキ キラキラ2 が重なって、ラストゲームが、4人の引退試合となったのです。





3回表、「ピッチャー浜田にかわりまして、ピッチャー清水」。。ファンのおおきな声援の中、マウンドに立った、清水げんさん昭信投手。























 レフトフライで最後のアウトをとると、なんとこの投手がマウンドに花束サクラ を持って駆け寄りました。























 鳥取のトレーニングにも一緒に連れて行ってもらい、とっても可愛がってもらった山本昌さんからの花束。。・・・ずっと笑顔だったげんさんが涙顔に・・。


 ベンチの仲間も、温かい拍手で迎えいれます。





 7回裏に、代打で登場したのは前田まえちゃん章宏選手。豪快なスイングで三振。その後はマスクを被り、、、ライトからの返球でセカンドランナーを本塁でアウトにしたブロックは、お見事でした。




 8回裏に代打ででてきた吉田りいち利一選手。





りいち選手「今日はでないよ。断ったもん。」




 と、試合が始まってから、関投手と一緒にしばらく客席で見ていたんですよ。でも、先輩たちから「最後だからでろ!」と背中をおされ、、、打席に立ちました。



 チャンスに強い彼らしく、初球をライトにクリーンヒット。強がっていた彼も、1塁ベース上で思わず汗・涙 2 がこぼれました・・・。





 最後の最後。9回表2アウトでマウンドに立ったのが、、関泣き虫けいすけ投手です。



関投手「アップもしてなくて、、ブルペンで、ぐるぐる肩を回して数球なげただけだった。もう肩も腕もれていいやっっ!って思って投げました。」


 その吹っ切った気持ちだけで投げたボールは・・・

















 





 なんと、145キロ!! 







 三振にしとめてマウンドを降り、、みんなの顔をみると、、またが出てきちゃいました・・。
























 先輩たち・・・みんなしい~。。









 試合後には、選手からみんなに花束が用意されていました。前ちゃんには同期・高橋あきふみ投手から、りいち選手にも同期・松井ゆうすけ選手から、関けいすけ投手には、同郷出身、憧れの浅尾たくや投手から、、、




























 涙なくしては見られない顔16。。







 最後には、4人全員の胴上げまで・・・
























 こんなお別れの儀式が出来たのも、実は、、、、



 吉見一起投手が「4人に花束をあげたいんだけど・・どうしたらいいかな?」と小林こばさん投手に持ちかけ、塚本コーチに相談。監督やマネージャーにお願いし、、そして、花束を贈呈する選手に交渉した・・・。




 3つのキセキが重なってできた、ラストゲーム。それができるなんて、なんて素敵なチームなのでしょう。



 野球の神様がくれた、すてきなご褒美。


  同じ時間を過ごせたことに、感謝・・・します。





  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at13:24
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t94253

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ