2012年07月30日

7・30 とにかく暑いっっ。

 
 とんでもなくい日が続いていますね。晴れ みなさまバテテいませんか?


 こんなに太陽が容赦なく照り付けても、選手は試合をしないといけません。練習しないといけません。若い選手ならまだ元気ですが、すこしお兄さんになってくると、、、こんな感じになってきます。。。
















 ばってばて~~


 この日、「スパイク」についての取材を受けていましたが、、「まぁ~かん、、この暑さ」って・・・へろへろになりかけていました。。力を振り絞ってのバッティング練習です。

 そんななか、俺についてこいびっくりびっくりばりに 元気にしていたのが、、吉田利一選手。


















吉田選手「今年はさ、とにかくを出して盛り上げることを徹底しているんだよね。下を向いてもしょうがないじゃん!打てようができなかろうが、挨拶から何から何まででかい声を出す。結構テンションもあがっていい感じなんだよね~。」


 たかが「声」といいますが、「声」ってとても大切なこと。


鈴木孝政監督「声を出して打てるか?って言う人もいるけど、声を出せば気持ち が乗ってくる。とても大切なんだよ。簡単なことだと思うけど、最近の子たちは声が出ないんだよ。野球人で声をだせないなんて、少年野球のとき、どうしてたんだろうね~??」

 アスリートの体を研究している大学教授も「卓球・福原愛選手の‘サァ=’って言う声や テニスのシャラポアが打つたびに声を出すのは、だんだんパフォーマンスが落ちてきている自分を奮い立たせ、本当にそこでパワーが出るという研究結果がでている」と発表しているんですよね。

 吉田利一選手の考えは、イケてる ってことです。


さて、、


後半戦が始まって1週間。後半の開幕は、伊藤準規投手でした。本来なら3月の開幕でしたが、ここで仕切りなおしです。

 148キロのストレートも切れて元気なじゅんき ’が戻ってきました。
















じゅんき投手「ストレートのがよくなったので、納得しています。上から投げ下ろせて走ってましたし。あとは変化球をよりよくすることが課題ですね。」

 10時20分からのナゴヤドームではなく、夕方6時からのじゅんき投手を見たいですね。



 戻るといえば、、ほらほら、元気なこの選手もグラウンドに帰ってきましたよ!!

















中田ぶ~ちゃん亮二選手「屋内でノックをうけてましたけど、25日からグラウンドでノック受けてますって。フリーバッティングもやりましたからぁ~。見にきてないんだもん・・・顔9

 いやいや、その日はナゴヤドームで親子ゲームだったじゃん^^;顔3。この調子だと、8月中には試合にも戻ってきてくれるかも・・・。母校の甲子園出場も決まったし、元気な姿をはやくファンに見せてほしいものですね。

 そして、元気になってもらいたい選手を最後に・・・















 高橋周平選手。なかなか1軍では結果が出せず、たくさん打席に立てるファームにやってきました。
 
 いやぁ~、早速ホームランキラキラ2うっちゃいました!



 いくら若いといっても、高校時代とは動く内容が違いますから、疲れもたまっていたのでしょう。ここできもちよ~くたくさん打って、ベテランたちがばててきたころに、準備万端であがっていければ、、。ね。

 今週は、よみうりランドで巨人との交流戦。ファームではなかなかない、東京遠征です。
 
 
 
  何かをつかんで帰ってきてほしいですねグッド


  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at21:53
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t81435

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ