2011年10月20日

10・20 親子で優勝・おめでとう♪さぁ、次は?

 見事な連覇ドラゴンズ最強時代がやってきました。さぁ、この勢いにドンドン若手ものし上がっていかないといけません。



 10月10日から、ファームは宮崎でフェニックスリーグ戦を戦っています。宮崎県内の球場といえども、宮崎はひろい~~~。



 宮崎市内から、北も南も、電車で時間以上?かかる球場だってあるんですから・・・顔7そう、初戦が行なわれたこの球場も、、、2時間近くかかってしまうのですよ・・・・











  「かつお・まぐろ・みかんのまち・日南市」・・・とボードに出ていますが、、西武がキャンプを行なっている日南の南郷球場です。



 なぁ~~~んも、ないじゃん! え~~~っっ、、ここですかぁ~~~?? 山の中にあった球場は、「野球にだけ専念してください!!」ってところでした。


 雑念もなくできるわね、、ここならね。。。。プロ野球選手にとっては、ご飯もおいしい ひつまぶし ので、いい環境でしょう。




 さて、初戦の先発は2年目の小川龍也投手でした。5回2失点勝利投手になりましたが、、、反省点もいっぱい。



小川投手「ちょっと、前に突っ込みすぎちゃって、、、。4回からよくなっていきたんで、もっとなげこみした方が、肩の感触がよくなると思っています。宮崎ではそれを課題にやっていきたいですね。」













  と、小林コーチに腰をもたれながら、フォームの矯正中です。




 そんな小川投手は、1年目の関啓扶投手に先輩として優しくアドバイス。。。。














小川投手「もったいないですよ~。すごくいい球もっているのに、まだ発揮できていないんだから。いろいろ言われて混乱中って思うけど、、、。来年はやると思いますよ~。」



  お~~、心強い先輩です顔1




 フェニックスリーグは、12球団プラス、韓国球団と独立リーグのセンバツチームが対戦するので、いろんな選手がみられ、面白い。


 この日は、巨人戦となりました。日本選手権で対戦かも??って言われていたのにね。。メンバー交換の時に審判からルール説明を受けます。













川相監督「そうね~、日ハムを追いかけたんだけど、追いつけなかったなぁー。ことしの交流戦で、ドラゴンズに大勝したけど、それがドラゴンズが優勝するきっかけの試合だったみたいだね。大負けしても、それ
原動力にした井上監督は、すごいねーー」




 そして、この試合は、ヤングジャイアンツが、エラー&エラー&エラーで、、ドラゴンズが快勝しました。しかし、、、井上監督の試合後の顔は、、、、










 


井上一樹監督「相手のエラーで、笑ってた選手いるだろ、、、。お前はそこまで出来る選手なのか?自分には絶対無いといえるのか? 人の振り見て、、、って言うだろう。


 どうしたらそうならないか、ならないようにするか。きちんと戒めろ。でも、ミスがいけないといっているわけではない。臆病になっておかした迷いのミスと、積極的にいってそれでもおこったミスかで、大きく違う。


 もっと前向きに。迷ったら走る、迷ったら振る、どんどんいってくれ!!」





 勝っても反省。負けても反省・・・そうやって、どんどん大きく成長していくんです、選手としても、人間としても。




 11月2日から、クライマックス第2ステージが始まります。 ヤンドラだってチャンス!! 


 もっともっと、、上を目差して GOピュー GOピュー GOピュー




   続きを読む

Posted by 燃えドラ! at10:35
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t71932

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ