2011年07月05日

7・4 初登板&初勝利・・そしてあのお方。

 でてきた、でききた! またまた新戦力~~~!!!


 プロアマ交流戦で登板したとはいえ、プロの公式戦初登板となったのは、ドラルーキー大野雄大投手。前回は先発で2イニングを投げましたが、今回は6回から中継ぎで2イニングの予定となっていました。。。


 なので、、5回終了した時点で、キャッチボールを始めると・・・後方に・・・あのお方が・・・













 そう、この日から2軍降格になっていたドアラが、、、バック宙が成功した後、大野投手の応援をしにやってきたのです。。。




大野投手「いたらしいですね、。、、ぜんぜん気がつかなかったんですけど。後からきいたら、‘をおくっていた’って教えてくれましたけど・・・」


・・・変な気だったんじゃないのぉぉ矢印2


大野投手「あっっ、、、だからですかね~打たれたの・・・。だんだんよくなってきて、あとは連続三振とれましたから・・・。。。。。ウソですょぉぉ。」



 そう、今回は、立ち上がりにちょっとつかまってしまったのですね。



大野投手「大学生のときはストレートだけでも打ち損じしてくれたけど、プロはそうはいかなかったですね。しっかりと変化球を混ぜてバラけさせて、ストレートのコントロールもきちんとつけないといけないことが良くわかりました。」


 
 4連続三振のあとは、松井雅選手と、、笑顔でタッチ。















大野投手「開き直って、ガンガンいったのがよかったかな。でも次はしっかり抑えていきます。今年中に絶対上でなげたいですからね。こんなところでとまっている場合じゃないですから。」

 指にうまくかかってくれれば、いいボールがいくわけで・・・。今後が楽しみですね~♪♪




 ・・・そして・・・




 土曜日には、2ヶ月ぶり?3ヶ月か?岡田俊哉投手が先発登板。



岡田投手「前日、小川の部屋で高校時代の勝ったときのDVDを一緒に見てて、、いいイメージを作ったんです。不安もいっぱいだったんですけど、、せっかく頂いたチャンスだったんで、小川に続けって思って投げました。」



 そう、小熊投手や武藤投手の予定が回避され、まわってきた先発のチャンス。ここのところ中継ぎばかりだったので、体力面でも不安があったと思います。


岡田投手「何回までなげようとか、全く考えなくって、勝ち負けよりもとにかく最初ッから全力でいこう!って。正直3回4回でバテバテでした、、でも監督が‘コイツに勝ちをつけてやろう’って。」














岡田投手「ほんと、よかったです。勝って。初勝利ですよ。ほっとしました。。やっぱりうれしい。」



 まだ10代。周りに強がりを見せても心はとても繊細。不安もいっぱいあったでしょうが、今日の1勝が第1歩ですもんね。

 井上監督も「まだまだ足りないところばかりだけど、これでどう変わっていくか、とても楽しみだ!」って。。。

 


岡田投手「ウイニングボールを金剛さんにいただきました。実家の お兄ちゃん におくります。僕のプロ入りを後押ししてくれた人ですから。。。」


 ボールに日付とサインをいれます・・・・












 もうすぐ誕生日の妹ちゃん(5歳になるのかな?)へのプレゼント一緒に箱に詰めて、実家に送ったようですよ。


  ご両親はさぞかしうれしいでしょうねぇ~顔1






  おまけ




 バック宙の成功率の低さから、2軍降格を言い渡されたドアラちゃん。あつ~い暑いナゴヤ球場で3日間調整を続けました・・・


 
  さぁ、いくぞっっ!!



  とんだっっピュー  













  ひねった~~~~っっ顔8














     その成果は・・・・




          火曜日からのナゴヤドームで、、ご確認あれ顔6






      続きを読む

Posted by 燃えドラ! at22:20
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t68354

この記事へのコメント

いつもナイスなヤンドラ情報ありがとうございます。

岡田投手ほそっ!足や腕なんて絶対私より細い!
それでもさすが!初勝利おめでとうございます!
あの大記録を成し遂げた岩瀬投手もルーキー時代はカリッカリ
でしたからこれからですよね!

Posted by りりこ at 2011年07月06日 12:16

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ