2010年12月28日

12・27 トークショーに2011年ルーキーがっっ!

 2010年オフは、ヤンドラ戦士はいそがしいっっ!! 優勝ってこういうことなんですよね。子供たちの野球教室も盛況、トークショーなども大盛況です。。




 この日は、三重県の総合文化会館で、吉見投手&堂上剛・直兄弟&清水投手の4人がゲストでした。3年前には、ファームの日本シリーズに出場し、最優秀賞優秀賞を受賞した選手が、、、もう1軍ではなくてはならない選手になっているんですよね~~♪ しみじみ~~うれしい~~~。






 というわけで、、この日の舞台の裏側をのぞいてみると・・





 エースは、どこにいても余裕の笑顔。














 関西人気質たっぷりの吉見投手は、人を笑わせることを常にたくらんでいます。この日も、他の選手を並べて、テレビアニメ・サザエさん のエンディングのように登場してきました!!ファンは大喜びですっっ!!




 三重で自主トレをしている堂上兄弟&三重出身の清水投手は、しっかり台本をチェック! ‘すべて吉見さんにまかせまぁ~~す’って感じ?!














 でも、実は、清水投手が番年上! 




吉見投手「清水さんは、よく僕を無視するんですよっっ、‘清水さん、清水さん!’って何回呼んでも返事しないんです==。」

清水投手「え~~、それ聞こえてないんですよ=。ちゃんと返事してますって」


吉見投手「そんなことないっすよ==、絶対聞こえてるのに、聞こえていないふりしてます。。ものすごいマイペースですから・・・」






 そう、清水・げんさん・昭信投手は、ものすごくまっすぐな人で、なにか集中しちゃうと周りが見えなくなっちゃいます。なんでも一生懸命なんです。だから、、声をかけても聞こえないって、、ありえる話ですね==。




 一生懸命というと、小学生のころどんな練習をしていましたか?というこどもからの質問には


清水投手「毎日、10キロ走っていました。」っとさらっと言いました。

こども「え~~、、10キロ・・・僕はできない・・・3キロ、、くらい、、なら、、走れる、、か、、な、、」



 やっぱり、プロになる選手って、子供のころから人とは違う努力をしているんですね。堂上兄弟も


 
堂上剛「堂上家は、練習を終えて帰ってきても、毎日家に帰ってから近くの公園で素振り100回をやるっって決まりがありました。」



   やっぱ・・違うわ・・・






 そんな先輩たちの中に、、、、まだ入団したてのルーキーが招待されていたのです。三重県出身、関啓扶投手です。打ち合わせも、同じテーブルにいるのですが、、、なんだか微妙な距離があります・・・。















 なかなか近くに寄れないんですね。同じ三重県出身の清水投手は



清水投手「いい子でしたよ~~、、かわいらしくて。でもマウンドに行くと怖いくらいに変わるんだって?いいよ~、ピッチャーはそうでないと・・。楽しみだね。」



 トークショー&抽選会も無事終了・・・緞帳がおりて、、ほっとしている選手でした。。。





関投手「めちゃめちゃ緊張しましたぁ~~~」



 え~~、そう見えなかったけどなぁ~~。ず=っとにこにこしてましたよ~~。でも、やっぱり見られている、っていう意識はまだまだです。。。選手写真を撮ろうとカメラを向けても、気づかないんです。。先輩たちは、ポーズをとって、、「オマエもやれよ~~」っと声をかけました。
















 ・・・・しかし・・・      
















 ・・・・気づかなかった・・・・    でもかわいい笑顔ですから、、、ポーズはなくても十分です。。。早く、先輩たちを脅かす存在になってほしいものですねっ。 







 さて、次回は2010最終回。今年も、たくさんお読みいただき、ありがとうございました。結びは今年撮った おもろ写真をお届けします。そして、お正月には、2011年もよい年になるように願って・・・ キラキラ写真満載です~~。




    





  



 




















  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at10:09
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t61394

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ