2010年08月20日

8・20 野球ができる幸せ・・応援できる幸せ・・

 8月17日、ナゴヤ球場は試合前に黙祷が行なわれました。終戦記念日の15日には試合がなかったため、二日遅れの17日になったわけです。


 なぜ?


 今、当たり前のようにファンの声援をうけながら野球をしています。しかし、65年前には、、野球をするくらいなら国のために戦え!という世の中で、、野球どころではありませんでした。先人たちがその苦しみやつらさを乗り越え、平和な日本にしてくれたおかげで、こうして、一生懸命好きなことに打ち込めるようになったのです。


 たくさんの命が犠牲になりました。戦争は、何ひとつ幸せを生み出しません。平和だからこそ、野球ができるのです。平和に感謝し、野球に感謝の気持ちをこめ、、黙祷をささげました。


 そして、感謝の気持ちをこめてステッカーをつくり、開門時に川相監督とヤンドラ投手たちがファンの皆様に直々にプレゼントしたのです。


 高島祥平投手にステッカーをみせてもらいました。









 プレゼントされたファンの皆さんも選手も、嬉しそうです。(左から、岡田俊哉伊藤準規投手、川相監督









 スペシャル笑顔のルーキー小川龍也投手










岡田俊哉投手「おじいちゃんは食べ物がほしくて、アメリカ人と物々交換してもらったって、、言ってた。」




 プレゼンターの投手たち全員が、ちゃんとおじいちゃんおばあちゃんから戦争体験話を聞いているそうです。風化させちゃいけませんね。

 


 さて、、、上では優勝争いがヒートアップしていますが、、甲子園も熱いっ。高校野球シーズンは、プロ野球選手同士の絆がいつもよりも強く感じられます。



 昨年全国制覇した、広島のルーキー堂林翔太選手が、中京大中京先輩の井藤真吾選手のところに挨拶にやってきました。普段より話がなが~~いっ。 
 








真吾「エースの森本が肩を痛めていて、地方選直前からしか投球できんかったんだよね。大敗は、しょうがないか。。てな話です。」



 先輩後輩といえば、、この投手ふたりも・・・









 東邦高校出身、朝倉健太岩田慎司投手です。フィールディング練習中、小林コーチと朝倉投手に、首ねっこ をつままれていました^^



 たての関係が厳しいですが、スポーツで繋がった関係って一生の仲間ですから、、、うらやましい限りですねっっ。


 一喜一憂しますが、野球が応援できる、幸せな時代なんですねっ♪♪♪



  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at16:20
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t56973

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ