2016年09月20日

9・19 悔しいっ!!でも・・・

 悔しいっっ、、、本当に、くやしいっっ!! ヤンドラ全員がそう思っていることでしょう。

 9月16日、とうとうウエスタンリーグの優勝が決まってしまいました・・・・。ん===、何度もいいますが、くやしいっカチンカチン



 では、優勝決定試合を振り返ってみましょう。



 マジック2で迎えたソフトバンク戦。負けたらソフトバンク優勝という大一番。先発したのは阿知羅拓馬投手。2回まで無失点も3回に塚田選手のタイムリーで先制されてしまいました、

 ベンチは・・・いつもと変わらず、どっしりと小笠原2軍監督が見守ります。

























 そして4回裏、渡辺選手がエラーで出塁、野本圭選手のタイムリーで同点に追いつきます。
































 追いついた後の阿知羅投手は、5回表に気合の投球、金子選手の三振で・・・マウンドで吠えた!!   ところが===粘るソフトバンクは6回、真砂選手のタイムリー2ベースで勝ち越すと、7回変わったセプティモ投手からまたまた追加点。結局3-1で、ソフトバンクに5連覇を許してしまいました・・・・。


 遠慮気味に1塁側ベンチ前で、水上監督の胴上げキラキラ です。

























水上監督「胴上げはこみ上げてくるものがありました。春先、これだけ強力な戦力を預かったにも関わらず負けこんでしまって・・・僕の采配ミスを選手たちが補ってくれました。選手、コーチ、裏方さん、そして何よりも最後まで‘頑張って’と応援してくれたファンの皆様たちに感謝です。感謝しかありません。」


 いや~、敵ながらあっぱれの追い上げでしたものね、、悔しいけど。 9月はソフトバンクの底力にやられましたっっ。



 そんな胴上げもチラリと見ただけで、、、ヤンドラたちは早々に反省会胴上げの後ろをみると、投手陣の反省サークルが写っています・・・。




 ベンチをみると、こちらも野手の反省会。シーズンは終わっていませんが、区切りとしてのコメントをいただくと・・・

























小笠原2軍監督「悔しいっ!の一言。顔14

 
 そして・・・


小笠原2軍監督「それでも、選手もコーチも頑張ったと思います。確実にわったから、いや、変わってきていますから・・・。」


 監督業は初めてのことばかりで難しかったとおっしゃっていましたが、本当によく見て耐えていらしたと思います。選手たちもこの1年でようやく土台づくりができた、自分たちもできるんだと実感してきたと思いますグーグーグー

 この秋からのフェニックスリーグ→秋季キャンプで、ステップ、ジャンプと大きくばたいてくれるのではないかな。


 さて、悔しい負けから1日。17日は今期最終登板は結果を出したいと意気込んでいた三ツ間卓也投手が先発。





















 





 バッテリーを組んだのは、加藤選手。
































三ッ間投手「阪神戦で逆転ホームランを打たれて悔しい思いをしたので、加藤(同級生)と一緒に反省して研究しました!」


加藤選手「前回のホームランは球速が落ちてきて僕は打たれたと思うんです。だから球数を減らして、体力を落とさないように気を付けていました。コーナーを厳しくつくより、アバウトでいいから大きく投げろって。寮で一緒なので、ご飯の時とか、一緒にチャートをみながら話し合いましたね顔2


 の合った配球で、すいすいアウトを重ねます。


 この試合復帰したナニータ!! 途中交代したあと、ベンチ前でファンの声援に応えますハート3

























 テンポのよい投球で、野手陣も10安打で4得点。




























 守りの連携もいい具合です。。。。1塁遠藤選手と三ッ間投手とのナイスプレーに、、、

























 後ろから走ってきたミソ選手が嬉しそう~~~(^^♪




 三ッ間投手は連続三振から始まり、3回のピンチを脱すると、す~いすい。最後のピンチも狙ってとった三振とゴロでしとめ、105球でプロ初完封勝利。4安打無四球の素晴らしい投球でしたキラキラ2

























三ッ間投手「プロ入りした時はリリーフで入ってきて、そうなるものと思っていたけど。7月に高山コーチにどんな投手になりたいんだと聞かれ、先発をやりたいと話したら、じゃあやってみろと。そこからカーブやチェンジアップも練習し始めて。。。。

 そしたらすぐ、先発のチャンスがきて。(野村投手の故障) 調整方法もよくわからないまま、登板することになったんで、初めは1回1回リリーフだと思って投げました。もう全力でしたよ。さすがにバテて・・。高山コーチに‘それでは持たないぞ’といわれて、それから先発の練習の方法を先輩たちに聞いてやっていきました。

 完封は大学3年以来??嬉しいですね顔11。」


 同じ育成の中川誠也投手からも祝福です♪
























中川投手「正直いっていいですか?そりゃ悔しいです。自分が怪我をしたことがいけませんけど、やはり育成であれだけできるってのは・・・。僕とは違って大胆さもあって、細かさも使っての完封でした。けないようにしたいです!!」


 とてもいい刺激ですね(^^♪  そして・・・投手コーチは・・・




高山コーチ「いいピッチングだったね。バランスよく、緩急もついていたし。加藤の采配も抜群だった。夏に監督に先発にどうかなと相談したら、いいんじゃないかと。だから使ってみたんだよ。

 入団したころはリリースも不安定だし、見た目はがっしりしてたけど、中身のない身体だった。今はすごく下半身もしっかりして球際も強くなった。これで、1軍の春のキャンプに競争できるスタートラインにたった、推薦できると思うよ。矢印1
































 育成選手ながら、8月以降はファームのローテーションの中心にいて、頼りになるピッチングをみせてくれましたよね。


三ッ間投手「まずは、支配下契約を勝ち取るためにフェニックスで結果を出してきたいと思います。」


 
 秋以降も目が離せませんよ~~顔11







  おまけ







 やはり・・・あごひげブームキラキラ2




















   あぶデカ?!



  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at18:42
Comments(4)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t118675

この記事へのコメント

相羽さんお疲れ様です。
うーん、悔しい・・。残念です。ヤン鷹の底力見せつけられました。ホークスのみなさん、おめでとうございました。しかし、胴上げの後ろでのミーティング。次をねらってますね。来年、と言うかフェニックスリーグも楽しみです。
三ツ間投手、よかったですね。加藤捕手との息もぴったり。頑張って反省、研究した甲斐がありました。支配下も目の前ではないでしょうか?
ダンディ高山コーチ、ヤンドラ投手陣宜しくお願いします。

Posted by ざりがにママ at 2016年09月21日 12:45

優勝できなかったのは残念ですが、足りないものがあると、やりがいもあると思います。

三ツ間投手は怪我しないこととアピールし続けること、両方大事に頑張ってほしいです。

Posted by おれD at 2016年09月21日 19:09

相羽さん、おつかれさまです。
ホークス優勝の瞬間をドラゴンズライブTVで見ていました。やはり、悔しいというのが一番の気持ちでした。こんどはフェニックスリーグ、またどんなヒーローが出てくれるのか楽しみですね。宮崎までは行けませんが、心はヤンドラくんたちと一緒です。思い切り応援したいです。ところで再度リクエストですが、小山コーチの最近のご様子などわかりましたら教えて下さいませんでしょうか。よろしくお願いします。

Posted by ちゃーちゃ at 2016年09月22日 10:50

相羽さん、お疲れ様です。
ヤンドラ君たちもこの悔しさを一生忘れずに、来季の今頃は笑顔で優勝胴上げが見れると良いですね(^_^)(^_^)

ところで、遠藤選手と桂選手の状態は
どうなんでしょうか?
何も情報がなく心配です(>_<)
もしよろしければ、情報をください。
よろしくお願いしますm(__)m

Posted by さつまりんこ at 2016年09月25日 11:21

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ