2015年09月25日

9・25 ナゴヤドームラストでした。

 24日、今季最後のナゴヤドームでの試合。成績もさることながら、ベテランの引退試合も重なって、寂しい気持ちで迎えることになりました。


 監督としては続くものの、選手としては最後のドーム。いつものように1時台にランニングをしてベンチにもどってきた谷繁選手。

















 








 強い身体と心で27年間野球界に貢献してきた身体も、いっぱいいっぱい。それでも気力だけでひっぱってきてくれました。


 そして、、、ほぼ同年代の和田一浩選手にとっても、お別れの日
























 練習時間からお子さんたちがベンチでお父さんの姿を見入っていました。



 第一打席は和田選手らしいレフトへのヒット。まだ出来るんじゃないの?って思っちゃいます。最後のお立ち台も「あぁ~終わったんだ・・・と。ほっとする気持ちと、まだやりたいなという気持ちがある」と正直に話してましたよね。


 そんなベテランたちの背中をみてきたヤンドラたち。ドーム最終戦ということで、今季ドームで暴れたヤンドラ選手たちに、印象に残った試合を聴いてみました。
 

 彼がドラゴンズに入ってきたことで、明るさ晴れが増したのは間違いない矢印1矢印1






















亀澤かめちゃん恭平選手「やっぱ、初お立ち台でしょう~。支配下になって初めて1軍の試合でタイムリー。お立ち台、緊張してたからすごく覚えてる==、真面目にしゃべっちゃった!!」

 4月1日、吉見投手の手術後初勝利を飾ることができた先制タイムリーよりも、テンション高く矢印1しゃべれなかったことが印象深いようで・・・。^^ 確かに、いつもの元気さが出ないままのインタビューだったものね。顔12



 続いて~。にこの選手がいなかったら、楽しみ半減、なんともならない状況だったでしょうね。























福田ふくちゃん永将選手「一番最初のナゴヤドームでしょう。あれしか覚えていないくらい。あっという間のシーズンですよ。毎年早くなる。年をとったせいかな??」


 いやいや、それだけ充実していたってことでしょう。シーズン途中、悩みまくる毎日も経験。この1年が来年にきっと生かせるはずです顔11




 今年のドラゴンズは、このキャッチャー2人の頑張りなくしては語れません。


 初出場、初スタメン、初打席がホームランという度肝を抜くデビューを飾った桂依央利選手。この試合が一番かと思いきや・・・























 桂いおり選手「ホームランを打ったのも印象に残ってますけど、、、福谷さんのボールをそらしてサヨナラパスボールで負けた次の試合で、しっかり止めて勝利できた試合ですね。しっかり準備して前の失敗顔10を生かせた。」




 7月9日の阪神戦、2-2の同点で迎えた延長11回、1死満塁でマートンの打席で痛恨のパスボール。しかし、そのしさをはらし試合が、一番だったと。



 失敗は成功のもと、、、というけれど、まさに学習した自分を確認できた試合です。同じ失敗をいかに繰り返さないか・・・ですね。



 シーズン後半、打撃力をかわれ起用が多くなった杉山すぎちゃん翔大選手。
























すぎちゃん「バルデスとくんだ、初スタメンですかね。ソフトバンクとの交流戦でアップの直前に言われました。もうドッキドキでしたよ。

 打つほうはカープ戦で大瀬良投手から打った5点目のタイムリーかな。もう1点ほしいってところで打てたのはうれしかった。

 まだまだ課題ばかりですけどね顔10



 来年もタイプの違う2人の成長が益々楽しみになりましたね^^  



 そして、今年のヤンドラの星☆は・・・オールスター時期に1軍に初昇格した赤坂和幸選手でしょうか?!

























赤坂チャーリー和幸選手「やっぱり初打席ですよ。あの食らいつたポテンヒットがセンターフライだったら、今、変わっていたかも顔12。10月2日シーズン最終戦までいられるように、気を引き締めてプレーします!」



 あれ以降の赤坂選手の活躍ぶりが、ファーム選手に大いに刺激になったのは間違いありません。僕らだってできるんだ!って。選手、スタッフに大きな希望をもたらしてくれました。



 ナゴヤドームの試合は終了してしまいましたが、ナゴヤ球場は、明日あさっての2日間が今シーズンの最終戦です。



 お天気がちょいと心配ですが、ファンサービスも予定されています。是非皆様の声援をおくっていただきたいと思います。

 


  来年こそ・・・強いドラゴンズが誕生しますよ~に・・・。矢印1矢印1



 さ、、、もしかして、、この方が今後のヤンドラの父になる??かな???



















  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at19:58
Comments(1)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t112107

この記事へのコメント

桂選手は課題が明確に見えること多かっただけに成長もわかりやすかったですね。

福田選手はちょっと残念に思う部分もあります。打ち方で悩むというより甘い球をしっかり捉えボールになる球を見逃すためにはどうしたらいいかという、基本をみっちり考えてほしかったですね。

Posted by おれD at 2015年10月01日 22:36

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ