2015年06月08日

6・8 ぼちぼちですかぁ~(^^♪

 ドラゴンズ5000勝は、、残念ながらナゴヤドームではなく、千葉か仙台で迎えることになりました・・・和田選手の2000本安打も、もしかしてビジター?!  

 地元岐阜長良川球場で見てみたいけど、いくらなんでも23日のヤクルト戦までとっておかなくてもいいですよね顔12





 さて、今年はどのチームもキャッチャー難、怪我も多いし、ワイルドピッチで失点も多い。谷繁監督も腰痛で歩くのも困難な様子でしたが、7日の日曜日から早出のフリーバッティングを始めたので、そろそろ復帰すると思います。



 キャッチャーは特に経験値が必要なポジションなので、若手はとにかく経験、勉強するしかない。とはいえ、中堅クラスのこの選手がいないのは、ドラゴンズにとって痛いですよね。
























武山選手「台所事情が苦しいのは重々わかってますよ。僕だって早く帰りたいもん顔9。キャッチング、バッティングは問題ないけど、走るダッシュときのコーナリングの不安がね。足を強く蹴る時に負担がかかるわけ。ブロッキングも大丈夫なんですけどね~。」



 そうよね。無意識に足をぐっと押したときに痛みがくるのは、やっぱり怖い顔8ですよね。とはいえ、


武山選手「どの選手だってすっきり治るなんてことはないと思うから、できるだけ早く戦力になれるように努力するしかないですね。」


 
 痛みとの戦いは、どの選手も同じだものね。違和感を感じながらもどれだけ今の自分の能力を発揮できるかが勝負なわけで・・・。


 肘の違和感で一時的にナゴヤ球場にやってきた吉見一起投手もそう。

























 キャッチボールも遠投もしていますからグッド。どうしても「勝てる投手」なので、チームとしては使いたくなりますが、昔は2年間は絶対無理と言われた肘の手術明けなので、無理したらいけません。


 今期は長い目で見てあげてほしいなぁと思います顔6






 そして・・・5月21日にいったんは復帰登板したものの、その後試合の緊張感で体がびっくりしてしまった浜田達郎投は?!

























浜ちゃん「ちょっと張り切りすぎました顔12!久々のブルペンは気持ちいい~ですね。」



 6日の土曜日にブルペンでキャッチャーを座らせての投球。笑顔が戻ってきましたね。浜ちゃんといえば地元名電高校出身。5月末に名電吹奏楽部の「ブラバン」CDが発売され、オリコン1位になった感想を聞いてみると・・・


浜ちゃん「え?オリコン1位ですか?すごい!! ディープパープル入ってますか?絶対買おぉぉ~~!!オーケー


 そう、学生時代に定期演奏会に招待され、その時すでに虜になっていて、ルーキーイヤーも「これ聴くとテンションあがります矢印1矢印1。この演奏、音源もらったんです。聴きますか?」と、聞かせてくれたことがあります。仲間&後輩たちの演奏が力になってくれてるんですね。




 サイドスローになって、これまた体がびっくりして、しばらく癒していた小川龍也投手もブルペンに帰ってきました。

























小川投手「フォームを変えると、必ず不振に陥ることがあるけど、それをどう乗り越えるかが一番大事だからなっ・・・て山本昌さんにいわれていたんで・・。想定内ですね。今まで使わなかった体の部位を極端に使うようになっているわけだから・・。

 一回目は乗り越えたんで、、。ここからまた強い身体を作っていきますよ!!」



 いろんな経験をした先輩がいるって、心強いですね顔11




 さて、リハビリ選手にたちに強い味方・・・今年は秘密兵器がいっぱい登場しています。投手の「踏み台」で、まっすぐ立ったあと、体重を前傾さると台がななめになるというものとか・・・(股関節の入れ方や内転筋の使い方を修正できる優れもの)、腕の使い方を修正するものとか・・・

 

  装置装着中

























 大塚コーチが「星一徹」にみえる・・・。  筋肉増強装置ではありませんよ・・・どうなるかというと・・・こんなかんじ。

























山本まさし投手「僕は、テイクバックがすごく背中の後ろにひきすぎるので、左肩が逆に早く開いてしまうんで、それを矯正しています。」


大塚コーチ「これで、腕も頭に近い位置で投げられるので、腕が遠回りしないんですよ」



 なるほど・・・。足元、手元・・・ともにアメリカ製らしい・・・



大塚コーチ「メジャーでもよく使ってるんですよ」



  なるほど・・・。これでフォームが安定するといいですね~。





 さて、、先日某スポーツ紙に岩瀬投手の状況が掲載されていました。あまりよろしくない状態で、先は未定だと。良く考えれば、今まで怪我がなかったことがおかしいくらいですからね。身体の磨耗が一気にきてしまったのでしょう。

 キャッチボールもしていない状況ですが、投手なので、やはりボールをみると投げたくなる・・・・浅尾拓也投手にパームボールの握りを教わっていて・・・























岩瀬投手「ああ、こうやって握って抜くんだね~矢印1


 と思わず腕を振りぬこうとするので、、


浅尾投手「あっ、気を付けてくださいっっ、ひじひじっ顔8
























 おぉぉ=-ひじひじ。だいじだからね~~~顔12


  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at12:41
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t109583

この記事へのコメント

岩瀬さんの情報ありがとうございます(^o^)
思ったより表情が明るくて安心しました(*´∀`)
もどかしい気持ちや焦る気持ちもあるかと思うんですが、外には出さない岩瀬さん、さすがです(>_<)
やっぱり故障しててもボールを触りたくなるのが投手なんですね♪
逆に触りたくなくなったら、終わりかも知れませんね…
あとは早く左肘の痛みがなくなると良いのですが…

後半戦にはあの勇姿が見れると信じています!

Posted by マンちゃん at 2015年06月08日 19:47

まず千葉か仙台で5000勝することを目指すべきだと思いますけど(苦笑)。真面目な話、負け続けて名古屋に帰ってくる可能性もありますからね。早く勝って決めてほしいです。

Posted by おれD at 2015年06月09日 00:56

吉見投手もヒジの張りで1軍や2軍を行ったり来たりで苦しいとは思いますが、めげずに頑張ってほしいですよね!
あせらずのんびり長い目で見てあげたいと思います(^-^)

Posted by きっき at 2015年06月09日 11:13

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ