2014年12月08日

12・8 米一俵のおもてなし

 12月の初週末、路上では熱弁カーの往来が激しくなっていますが、、、ドラ選手たちはグラウンド、イベント会場で引っ張りだこ。


 ラジオの公開録音を兼ねて、安城にあるパールライス工場に登場したのは・・・藤井淳志選手&大野雄大投手のふたり。





 普段、引き締まった顔をして練習しているので、、全然違う顔つきをみるだけでも得した気分になっちゃいます。秋季キャンプの藤井選手は、、、これ。























 ちょっと穏やかな顔の大野投手。

























 普段はこうですが、、、この日は・・・

























 寒かったんで、、ふーふーしてますね。(^^♪




大野投手「面白いトークで寒さをぶっとばします炎!」




 こういう野手と投手2人の組み合わせって、珍しい。だって一緒に練習する機会がそんなにないので、あまり仲良しってイメージがないし、、、まして一緒にトークショーをすることも稀。



藤井選手「年の差がある割に、2人で良くメシを食べに行くんですよ。こいつ、俺をなめとる んです」
大野投手「藤井さんが僕のことを好き なんで、、、つきあってるんですよ」
藤井選手「「おいおい、嫌いじゃないてーどだ!ぼくら無礼講だってやっ、て本当に無礼講するんですけど、でもコイツは基本しっかりしているから、問題ないんですグッド



 なにぃぃ~、結局好きなんじゃんハート3



・・・・野手と投手で仲がいいと、どう投げると打ちづらいとか、打ちやすい見やすいって言いやすいですよね


大野投手「この人に言われても・・・顔3
藤井選手「投げられる人には言うけど、コイツに言っても、投げられないんで!」
大野投手「・・・そのとお~りなんで・・・矢印2



 のっけから漫才爆裂




大野投手「僕が投げるとき、藤井さん、全然うってくれないんですよっっ汗・涙 2汗・涙 2。」
藤井選手「違うって、これにはわけがあって。実は最初のころ大野が投げる時、僕マルチ打ってたんですよ。それをある記者に言われた後、なんだか意識したのか全く打てなくなっちゃったんだよね。」
大野投手「挙句の果て、‘お前の試合で打てんから、お前、投げんな!!’って言うんですよっ。」


























・・・・今年は二ケタでしたけど、大変な試合もありましたね・・・


大野投手「強制送還ですか、、、話にはきいていたけど、まさか自分がなるとは・・・。顔13
藤井選手「あの時、僕はロッカーで森コーチから大野が叱られているところの真横にいたんだけど、、‘次、投げられるとおもうなよっ!’って言われていた時には‘頑張れよ’しか言えんかった~~。マジ、名古屋に帰されるぞ~顔8って思ったて」
大野投手「いやぁ~、6時試合開始なのに、6時半には球場いなかったっすからね。1時間半の新幹線、マジ長かったっす汗・涙1汗・涙1。」




・・・・谷繁選手が監督になって、マスクをかぶることになにか変化はありましたか?


大野投手「いや、試合をすることで特にはないですね。ミットをめがけて投げることに変わりはないですから。藤井さんですよ。変わらな過ぎたの」
藤井選手「いやいや、突然距離を置くのも変かな?って気を使って、今まで通りにしゃべっていたら、‘俺は監督だぞ’っていわれました。それから敬語を使って話すようにしましたね。僕は変わらないのが‘やさしさの裏返しだと思っていたんですけど、裏目にでましたっ」



 藤井選手らしい、上手い言い回し・・・ですね(^^♪


・・・・来年も開幕投手狙う?


大野投手「今年はそれで自分にプレッシャーをかけてやったんですけど、、、結局1年辛い思いをしてしまったので、、、。ぱっきりは言いませんが、勿論目指してはいきますよ。ズバっといわないだけで・・」
藤井選手「いっちゃおうぜ!」
大野投手「・・目指してはいきます。。。」
藤井選手「僕は、外野は3か所あるので、どこでもいいから143試合全部出られるように。」
大野投手「おっ!それは明日の1面にでますね!!」



 と、こんなやり取りをしたあと、、ファンの皆様からも質問を受け付けました。


・・・・今年、印象に残った試合はなんですか?


大野投手「藤井さんは、大島さんとぶつかった試合ですよね」
藤井投手「そうか?でも、あれからよくなかったんっだよね~。」
大野投手「じゃぁ、藤井さんが、セカンドで牽制死したやつ?」


























藤井選手「それ、言っちゃいかんでしょう~顔13。じゃぁ、お前は、一人で荷造りして帰っちゃった試合だな顔12!」






 話も尽きない二人でしたが、お時間になり、パールライスさんから お米一俵のプレゼントをいただきました。



























 ちなみに、この地域で活躍した子供たちにもお米200キロのプレゼント。プレゼンテーターが大野投手。おもいっっ?!



























 って、どうみても、それは5キロですけどっっ。




 楽しい時間もあっという間。最後は見に来てくださった方全員と握手をしてお別れです。




























 子供たちは大喜び矢印1。ドラゴンズ女子は「すごいっ、かっこいいっっ。」と、メロメロハート3。こうやって、選手の素顔をみてば、ますます好きになるはず。こんなシーンがいっぱいみられるといいなぁ~キラキラ2







  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at16:10
Comments(0)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t105121

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ