2014年11月13日

11・13 トライアウトの裏側で・・・

 今週は、ナゴヤ球場で、独立リーグやクラブチームとの交流戦・練習試合が行われ、秋季キャンプでやっていることの確認ができると、選手にも首脳陣にも好評です。

 疲れている中で全力を出すとは難しい顔10ですが、気持ちは切切り替わっていいかもねオーケー。11日に登板した岸本投手も、、


岸本じゅんき投手「体がへたばっている中でも、下半身の意識がどれだけできるか確認できました。練習でブルペンにはいるのと、試合でマウンドに立つのではやっぱり気持ちのスイッチが切りかわって全然違いますよ。練習で手を抜いているというわけではないですが、やはり相手をみればスイッチが入りますもん矢印1矢印1。」



 なるほど、投げっぷりのよさは、こういった気持ちが素直に表れるのですね。





 さて、、、今回は、先日行われたトライアウトの裏側を・・・。報道では見られない姿ですから・・・。



 まず、前日の様子から・・・。


 戦力外を通告され、その後は自主トレという形で当日を迎えました。それまで練習場を使用していいよとはいうものの、支配下選手たちが練習するなかで一緒にするわけにはいかず、いない時間を見計らってほぼ屋内での練習です。

 最終日の早朝は・・・・投手も野手も混ざってノックを受けていました。























 ノッカーは2年前に戦力外を言われ、今年からバッティングピッチャーを担当している高島祥平くん。同じ経験をしているから、朝早くても、夜遅くてもんで協力してくれました。そうそう、朝早くから吉田利一くん(現ブルペンキャッチャー)も、よく矢地投手の投球をうけてくれてましたね顔11


 練習も遠慮、勿論ロッカーもありません。だから、、
























 記者さんたちが出入りする廊下に荷物を置き、着替えもします。「着替えますけどいいですか?」と、、声をかけてくれるわけで・・。(気を遣ってくれるんです)


 着替えの途中にアンダー21のワールドカップで、来季入団してくるドラフト1位の野村投手が好投したという新聞をみている彼ら。。

























 入る人がいれば出る人がいる、、、残酷ですが、これが事実。自分だって数年前はこうやって新聞を飾っていた・・・のです。練習が一区切りしたところで、、別メニュー中の平田良介選手がやってきました。
























 車の話に華が咲いていましたが、、別れ際「がんばってや~グッド」と、一言残して、自分の練習に行きました。再び、グラウンドで会えることを願っていることでしょう。






 当日・・・・






 先回紹介したように、朝はすごい雨が降っていました。なので、、選手たちのほとんどが、動きやすい濡れても大丈夫な姿。今までのように、スタッフが野球道具を運んでくれるわけではありませんしね。全部自分でやらないといけません。
























 そんな中に、スーツ姿が・・・


























堂上お兄ちゃん剛裕選手「今日は、僕の入社試験なので・・・」


 そういえば、数日前、練習前に宋くんに「そん、その髪は切ったほうがいいぞ。印象よくしないと・・・。」と、アドバイスしていました。やっぱり「気持ち」はいろんなところに現れる。誰がどこでみているかわからないですからね。少しでも「よい」印象を与えるためには、気を使った方がよいということです。


 ちなみに、田中大ちゃん大輔選手も、スーツでした。




 

 雨が上がって、グラウンドでのトライアウトが始まり・・・客席を見渡すと・・・あれ??
























 関マネージャー!! ちょうど秋季キャンプがお休みだったので、わざわざ草薙球場まで車で来てくたのです。


関マネ「1年前の僕の時は、最後にちゃんと試合に出してもらって、胴上げもしてもらってお花ももらって、、、気持ちにケリがついた。でも今回、最後まで試合の出られなかった人もいるでしょ。映像に撮ってあげたいと思って・・。iphon6だからきれいに写るんっすよ^^」


 何気に自慢をいれながら、、ヤンドラ選手全員の打席、マウンドを撮ってあげていました。休憩もなくトライアウトが進行していったので、お腹もへったろうに、、、、


「次のグループには、いないですよね。」と順番を確認しながら、席を立つのはお手洗いだけ。最後までず~っと選手たちを見守りました。



 そして、、終了後に彼らにようやく会えた・・・

























 撮ったばかりの映像、、、ぶ~ちゃんのホームランも、しんごちゃんの顔面ボールも、すべて見せて、、、。

 
関マネ「じゃぁ、お先に帰りますね。パー


 と、さらっと去っていきました。自分もたった3年の選手生命だったから、苦しかったことしか記憶にないでしょう。そんな中でいっぱい支えてもらった、、、だからこそ、さりげなく仲間に恩返しできるのでしょうね。


 この先、ドラゴンズの仲間に会えてよかったと思える、心あたたまる一コマでした。

  続きを読む

Posted by 燃えドラ! at00:10
Comments(3)  |TrackBack(0)  |若ドラ

この記事へのトラックバックURL

http://moedora.mediacat-blog.jp/t104440

この記事へのコメント

仮にどこか球団と契約を結ぶでも違う世界に行くでも、ドラゴンズでがんばってきた記憶は一生消えないでしょうね。

Posted by おれD at 2014年11月13日 10:24

まだ結果は分かりませんが、たとえ野球から離れても彼らならどんな道でもやっていける。プロの門を叩く、そんなすごい事をやってのけた人たちだから。
これからも応援し続けます。

Posted by 一、ファンとして at 2014年11月14日 08:07

他球団に行くことになっても、たとえ野球を離れることになったとしても、大事な仲間たちがいるから大丈夫・・・!
みんなが応援しているよ。

ブーちゃんもHRおめでとう(^-^)/

Posted by きっき at 2014年11月14日 17:45

上の画像に書かれている文字を入力して下さい

このページの先頭へ